>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 5371

:2016

(1)

目  次

ページ

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

1

4

  種類 

2

5

  品質 

2

5.1

  外観  

2

5.2

  性能  

2

6

  形状,寸法及び寸法の許容差  

2

7

  材料及び製造方法  

3

8

  試験方法  

3

8.1

  外観試験  

3

8.2

  性能試験  

3

9

  検査 

3

9.1

  検査区分及び検査項目  

3

9.2

  検査方法  

4

9.3

  検査の判定  

4

10

  製品の呼び方  

4

11

  表示  

4

12

  報告  

4

附属書 A(規定)暗きょ類  

5

推奨仕様 A-1  無筋コンクリート管  

8

附属書 B(規定)舗装・境界ブロック類  

12

推奨仕様 B-1  平板  

20

推奨仕様 B-2  境界ブロック  

25

推奨仕様 B-2-1(参考)曲線部ブロック及び横断部ブロック  

30

推奨仕様 B-3  インターロッキングブロック  

32

附属書 C(規定)路面排水溝類  

38

推奨仕様 C-1 L 形側溝  

41

推奨仕様 C-1-1(参考)曲線部に用いる   

45

附属書 D(規定)ブロック式擁壁類  

46

推奨仕様 D-1  積みブロック  

51

推奨仕様 D-2  大形積みブロック  

54

附属書 E(参考)技術上重要な改正に関する新旧対照表  

57


A 5371

:2016

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,特定非営利活動法

人コンクリート製品 JIS 協議会(JPCC)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

した日本工業規格である。これによって,JIS A 5371:2010 は改正され,この規格に置き換えられた。

なお,平成 28 年 10 月 19 日までの間は,工業標準化法第 19 条第 1 項等の関係条項の規定に基づく JIS

マーク表示認証において,JIS A 5371:2010 によることができる。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 A

5371

:2016

プレキャスト無筋コンクリート製品

Precast unreinforced concrete products

適用範囲 

この規格は,無筋コンクリート製のプレキャストコンクリート製品(以下,URC 製品という。

)につい

て規定する。ただし,日本工業規格が別途定められている建築用コンクリート製品,及び視覚障害者誘導

用コンクリート製品には,この規格は適用しない。

この規格は,鉄筋コンクリート構造とすることを意図しない施工上の安全確保などを目的として,鋼材

などを用いている URC 製品についても適用する。

なお,技術的に重要な改正に関する新旧対照表を

附属書 に記載する。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS A 0203

  コンクリート用語

JIS A 1107

  コンクリートからのコアの採取方法及び圧縮強度試験方法

JIS A 1108

  コンクリートの圧縮強度試験方法

JIS A 5361

  プレキャストコンクリート製品−種類,製品の呼び方及び表示の通則

JIS A 5362

  プレキャストコンクリート製品−要求性能とその照査方法

JIS A 5363

  プレキャストコンクリート製品−性能試験方法通則

JIS A 5364

  プレキャストコンクリート製品−材料及び製造方法の通則

JIS A 5365

  プレキャストコンクリート製品−検査方法通則

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS A 0203 によるほか,次による。

3.1 

I

 

製品の性能が満足されることが,実績によって確認された仕様に基づいて製造される URC 製品で,附

属書に推奨仕様が示されているもの。

3.2 

II

 

受渡当事者間の協議によって,性能及び仕様を定めて製造される URC 製品。


2

A 5371

:2016

種類 

URC 製品の種類は,用途によって表 のとおりとする。

なお,製品は,性能及び仕様の定め方によって,I 類及び II 類に区分する。

表 1URC 製品の種類 

種類

適用する附属書の箇条

暗きょ類

A.2

による。

舗装・境界ブロック類

B.2

による。

路面排水溝類

C.2

による。

ブロック式擁壁類

D.2

による。

その他の製品 
例 1  用排水路類 
例 2  のり面被覆ブロック類 
例 3  緑化ブロック類

受渡当事者間の協議による。

注記  附属書には,推奨仕様のある I 類と推奨仕様のない II 類とが含まれる。

品質 

5.1 

外観 

URC 製品には,使用上有害な,きず,ひび割れ,欠け,反り,ねじれ(板状製品の場合)などがあって

はならない。

5.2 

性能 

URC 製品の種類に応じた性能は,表 の規定に適合しなければならない。ただし,性能の照査に性能試

験を適用する場合には,8.2 による。

表 2URC 製品の性能 

種類

適用する附属書の箇条

暗きょ類

A.3

による。

舗装・境界ブロック類

B.3

による。

路面排水溝類

C.3

による。

ブロック式擁壁類

D.3

による。

その他の製品 
例 1  用排水路類 
例 2  のり面被覆ブロック類 
例 3  緑化ブロック類

a) 

性能  具体的な性能項目の選択・指定は,JIS A 5362 によ
って受渡当事者間の協議による。

なお,性能と製品仕様(寸法,材料など)との相関性が

実績などによって明らかな場合には,b)  に示す製品仕様

を指定することによって,代替してもよい。

b) 

性能代替仕様  性能代替仕様は,次による。

1)

寸法

2)

コンクリートの圧縮強度

形状,寸法及び寸法の許容差 

URC 製品の形状,寸法及び寸法の許容差は,表 による。


3

A 5371

:2016

表 3URC 製品の形状,寸法及び寸法の許容差 

種類

適用する附属書の箇条

暗きょ類

A.4

による。

舗装・境界ブロック類

B.4

による。

路面排水溝類

C.4

による。

ブロック式擁壁類

D.4

による。

その他の製品 
例 1  用排水路類 
例 2  のり面被覆ブロック類 
例 3  緑化ブロック類

受渡当事者間の協議による。

材料及び製造方法 

URC 製品に使用する材料及び製造方法は,JIS A 5364 による。

試験方法 

8.1 

外観試験 

外観試験は,目視によって行い,使用上有害な,きず,ひび割れ,欠け,反り,ねじれ(板状製品の場

合)などの有無を調べる。

8.2 

性能試験 

性能試験は,JIS A 5363 及び

表 による。

表 4URC 製品の試験方法 

種類

適用する附属書の箇条

暗きょ類

A.6

による。

舗装・境界ブロック類

B.6

による。

路面排水溝類

C.6

による。

ブロック式擁壁類

D.6

による。

その他の製品 
例 1  用排水路類 
例 2  のり面被覆ブロック類 
例 3  緑化ブロック類

受渡当事者間の協議による。

検査 

9.1 

検査区分及び検査項目 

URC 製品の検査は,最終検査及び受渡検査に区分する。

a) 

最終検査  製品の製造業者は,次に示す検査項目について最終検査を行う。

1)

外観

2)

性能

3)

形状及び寸法

b) 

受渡検査  受渡検査項目は,次による。ただし,受渡検査は,受渡当事者間の協議によって,省略す

ることができる。

1)

外観

2)

形状及び寸法


4

A 5371

:2016

9.2 

検査方法 

URC 製品の検査方法は,JIS A 5365 及び表 による。 

表 5URC 製品の検査方法 

種類

適用する附属書の箇条

暗きょ類

A.7

による。

舗装・境界ブロック類

B.7

による。

路面排水溝類

C.7

による。

ブロック式擁壁類

D.7

による。

その他の製品 
例 1  用排水路類 
例 2  のり面被覆ブロック類 
例 3  緑化ブロック類

受渡当事者間の協議による。

9.3 

検査の判定 

検査の判定方法は,JIS A 5365 による。

10 

製品の呼び方 

製品の呼び方は,JIS A 5361 による。

11 

表示 

URC 製品には,JIS A 5361 に規定した事項を表示する。ただし,この規格の附属書において特別に表示

方法を定めてある場合には,その規定に従うものとする。また,II 類に該当する製品については,次の事

項を製品に表示しなければならない。

a)

“II 類”の文字又はその略号

b)

種類(製造業者が定めた呼び)又はその略号

c)

その他必要な事項又はその略号

12 

報告 

製造業者は,購入者から要求があった場合には,製品の外観,性能,形状・寸法などに関する資料を提

出しなければならない。


5

A 5371

:2016

附属書 A

(規定) 
暗きょ類

A.1 

概要 

この附属書は,主として下水道用又はかんがい排水用として用いる暗きょ類の I 類及び II 類について規

定する。

A.2 

種類 

暗きょ類の種類は,

表 A.1 による。

なお,I 類は,

表 A.2 による。

表 A.1−暗きょ類の種類 

大分類

小分類

暗きょ類

無筋コンクリート管

その他

表 A.2−暗きょ類 類の種類 

種類

用途による区分

詳細

無筋コンクリート管

大きな荷重の作用しない水路に
用いるもの。

推奨仕様 A-1 による。

A.3 

性能 

暗きょ類の性能及び性能照査方法は,次による。

a) I

類に区分される製品  製品の性能は,推奨仕様 A-1 の規定に適合しなければならない。

b) II

類に区分される製品  製品の性能は,JIS A 5362 の箇条 及び箇条 の規定に従い,受渡当事者間

の協議によって定める。一般には

表 A.3 の規定によってもよい。

表 A.3−暗きょ類の性能及び性能照査方法 

性能項目

性能

性能照査方法

使用性

使用時に想定される荷重によって,所定の機能を
失わず,快適に使用できなければならない。また,

流水に接する面は,実用上支障のない程度に滑ら

かでなければならない。

設計図書,A.6 又は実績による。

耐久性

a)

想定される作用によるひび割れ,材料特性の経時

的な低下などによって,所要の性能が損なわれて
はならない。

設計図書又は実績による。

施工性

有害な変状を生じることなく運搬,据付,組立,

接合などの作業を安全かつ容易に行うことができ

なければならない。

設計図書又は実績による。

a)

  耐久性の照査は,水セメント比,又は水セメント比及び空気量が同等で,かつ,製造方法が同様

の製品の実績によってもよい。


6

A 5371

:2016

A.4 

形状,寸法及び寸法の許容差 

暗きょ類の形状,寸法及び寸法の許容差は,次による。ただし,I 類は,設計思想に差がなく,性能,

及び性能照査方法が同じであれば,所要の性能を満足する範囲で購入者の要求によって基準寸法を±10 %

の範囲で変更することができる。

a) 

形状  無筋コンクリート管の形状例を,図 A.1 に示す。

図 A.1−無筋コンクリート管の形状例 

b) 

寸法及び寸法の許容差  I 類に区分される製品の寸法及び寸法の許容差は,表 A.4 による。II 類に区分

される製品の寸法及び寸法の許容差は,受渡当事者間の協議による。

表 A.4−無筋コンクリート管の寸法及び寸法の許容差 

単位  mm

種類

内径

厚さ

長さ

無筋コンクリート管

寸法 100∼600 24∼58 1

000

許容差

±4∼±7

+3

+5

+10

− 5

−2

−3

注記 1  面取り,切欠き,実用上差し支えない範囲での凹凸など,形状に影響を与えず強

度を損なわない程度の加工を行ってもよい。

注記 2  長さは,標準品の長さを示し,短尺物は,これよりも短くすることができる。 
注記 3  許容差の詳細については,推奨仕様 A-1 による。

A.5 

コンクリートの品質 

A.5.1 

材料及び製造方法 

コンクリートに使用する材料及び製造方法は,箇条 による。

A.5.2 

圧縮強度 

コンクリートの圧縮強度は,

所定の材齢において製品の曲げ耐力試験を満足する値でなければならない。

なお,II 類は,受渡当事者間の協議による。

A.6 

試験方法 

A.6.1 

コンクリートの圧縮強度試験 

コンクリートの圧縮強度試験は,JIS A 1108 による。


7

A 5371

:2016

なお,供試体は製品と同一養生を行ったもの,又はその他適切な方法によって管理したものとする。

A.6.2 

製品の曲げ耐力試験 

製品の曲げ耐力試験は,JIS A 5363 に規定する曲げ耐力試験方法による。

A.7 

検査 

検査は,JIS A 5365 によるほか,次による。

a) 

最終検査  暗きょ類の最終検査は,外観,性能,形状及び寸法について行い,次による。

1) 

外観  外観については,製品の特性,製造方法,製造数量などを考慮して,全数検査又は抜取検査

とする。

2) 

性能,形状及び寸法  性能,形状及び寸法については,抜取検査とする。

性能を代用特性として供試体で行う場合には,製品との相関を得ておかなければならない。

3) 

検査ロットの大きさ  検査ロットの大きさは,製品の特性,製造方法,製造数量,製造期間,受注

数量などを考慮し製造業者が定める。

検査ロットは,製品の特性,使用材料,コンクリートの配合,製造方法などが同じものとする。

b) 

受渡検査  暗きょ類の受渡検査は,外観,形状及び寸法について行う。検査ロットの大きさ及び抜取

方式は,受渡当事者間の協議によって,購入者が定める。ただし,受渡当事者間の協議によって,省

略することができる。

A.8 

表示 

暗きょ類には,JIS A 5361 によって,次の事項を表示する。

a)

種類又はその略号

b)

製造業者名又はその略号

c)

製造年月日又はその略号

d)

リサイクル材を用いている場合には,その旨を表示

A.9 

その他(推奨仕様) 

暗きょ類の I 類を,

表 A.5 に示す。

表 A.5−推奨仕様 

構造別製品群規格

推奨仕様

JIS A 5371 

附属書 A  暗きょ類

推奨仕様 A-1  無筋コンクリート管


8

A 5371

:2016

推奨仕様 A-1

無筋コンクリート管

A-1.1 

概要 

この推奨仕様は,

附属書 のうち,暗きょ類 I 類の無筋コンクリート管(以下,管という。)について

記載する。

A-1.2 

種類 

管の種類は,内径によって,

推奨仕様 A-1  表 のとおり区分する。

推奨仕様 A-1  表 1−管の種類及び曲げひび割れ耐力 

単位  kN・m/m

種類

曲げひび割れ耐力

100 0.595 
150 0.708 
200 0.814 
250 0.922 
300 1.10 
350 1.40 
400 1.77 
450 2.25 
500 2.78 
600 4.02

A-1.3 

性能 

管の性能は曲げひび割れ耐力とし,

推奨仕様 A-1  表 に規定する値以上とする。

A-1.4 

形状,寸法及び寸法の許容差 

管の形状,寸法及び寸法の許容差は,

推奨仕様 A-1  表 による。

なお,A.4 に規定する範囲で基準寸法を変更した場合,購入者の要求があったときには製造業者は,そ

の管が

表 A.3 の規定に適合していることを示す設計図書又は性能試験の資料を提示しなければならない。


9

A 5371

:2016

推奨仕様 A-1  表 2−管の形状,寸法及び寸法の許容差 

単位  mm

種類

内径

厚さ

有効長

ソケット部分

許容差

許容差

許容差

内径

外径

深さ

D

1

許容差

b)

D

3

許容差

L

1

許容差

100 100  ±4 24 +3

−2

1 000

+10

− 5

170

−4 218

+10

− 5

60

+10

− 5

150 150

26

228

280

70

200 200  ±5 29

286  −5 344

250 250

32

344

408

300 300  ±6 35 +4

−3

402

−6 472

350 350

38

460

536

400 400  ±7 42

520  −7 604

450 450

46

580

672

80

500 500

50  +5

−3

640 740

600 600

58

756

872

管の断面の内外周は,実用的同心円で,その端面は管軸に対して実用的直角でなければならない。

注記  面取り,切欠き,実用上差し支えない範囲での凹凸など,形状に影響を与えず,強度を損なわない程度の

加工を行ってもよい。

a)

  D

1

D

2

D+2T

b)

  内径 D

1

の許容差は,+は規定しない。

A-1.5 

コンクリートの品質 

コンクリートの品質は,A.5.2 による。

A-1.6 

製品の曲げ耐力試験 

管の曲げ耐力試験は,管を

推奨仕様 A-1  図 のように据え付け,曲げひび割れ耐力に相当する荷重で,

ひび割れの有無を調べる。曲げひび割れ耐力に相当する荷重を

推奨仕様 A-1  表 に示す。

曲げ耐力試験を行うときは,管の頂部及び底部に厚さ約 20 mm のゴム板

1)

 及び約 150 mm×150 mm の角

材又は形鋼を当て,管体になるべく均等に分布するように鉛直に荷重を加える。

1)

  支点及び載荷点の不陸の影響を吸収することができる程度の硬さ及び幅のものがよい。


10

A 5371

:2016

推奨仕様 A-1  図 1−管の曲げ耐力試験方法 

推奨仕様 A-1  表 3−管の荷重 

単位  kN/m

種類

荷重

100 30 
150 25 
200 22 
250

20

300 
350 22 
400 24 
450 27 
500 30 
600 36

A-1.7 

検査 

A-1.7.1 

検査項目 

管の検査項目は,次による。

a) 

最終検査  最終検査項目は,次による。

1)

外観

2)

性能

3)

形状及び寸法

b) 

受渡検査  受渡検査項目は,次による。ただし,受渡当事者間の協議によって,省略することができ

る。

1)

外観

2)

形状及び寸法

A-1.7.2 

検査ロット 

管の検査ロットの大きさは,製品の特性,製造方法,製造数量,製造期間,受注数量などを考慮し,最

終検査は製造業者が定め,受渡検査は,受渡当事者間の協議によって購入者が定める。ただし,検査ロッ

トの大きさは,300 本又は端数を 1 ロットとしてもよい。


11

A 5371

:2016

A-1.7.3 

検査方法 

管の検査方法は,次による。

a) 

最終検査  最終検査方法は,次による。

1) 

外観  外観の検査は,1 ロットにつき任意に抜き取ったものについて行い,5.1 の規定に適合するも

のを合格とする。この検査で 1 本でも適合しないときは,そのロット全数について検査を行い,規

定に適合すれば合格とする。

2) 

性能  性能の検査は,1 ロットから任意に 2 本抜き取り,A-1.6 によって行い,2 本とも A-1.3 の規

定に適合すれば,そのロットを合格とし,2 本とも適合しなければそのロットを不合格とする。こ

の検査で 2 本のうち 1 本だけ規定に適合しないときは,そのロットから更に 4 本抜き取り,4 本と

も規定に適合すれば,初めの不合格品を除きそのロットを合格とし,1 本でも適合しないときは,

そのロットを不合格とする。

3) 

形状及び寸法  形状及び寸法の検査は,1 ロットから任意に 2 本抜き取り,2 本とも A-1.4 の規定に

適合すれば,そのロットを合格とする。この検査で 1 本でも適合しないときは,そのロット全数に

ついて検査を行い,規定に適合すれば合格とする。

b) 

受渡検査  受渡検査方法は,次による。

1) 

外観  外観の検査は,a) 1)  に準じる,又は次による。

抜取検査を採用する場合には,任意に 2 本抜き取り,5.1 の規定に適合すれば,そのロットを合格

とする。この検査で 1 本でも適合しないときは,そのロット全数について検査を行い,規定に適合

すれば合格とする。

2) 

形状及び寸法  形状及び寸法の検査は,a) 3)  に準じる。

A-1.8 

表示 

この規格の全ての要求事項に適合した管には,A.8 によって表示する。


12

A 5371

:2016

附属書 B

(規定)

舗装・境界ブロック類

B.1 

概要 

この附属書は,主として道路などの舗装及び境界に用いる舗装・境界ブロック類の I 類及び II 類につい

て規定する。

B.2 

種類 

舗装・境界ブロック類の種類は,

表 B.1 による。

なお,I 類は,

表 B.2 による。

表 B.1−舗装・境界ブロック類の種類 

大分類

小分類

舗装・境界ブロック類

平板

境界ブロック

インターロッキングブロック

その他

表 B.2−舗装・境界ブロック類 類の種類 

種類

性能又は用途による区分

詳細

平板

普通平板

推奨仕様 B-1 による。

透水性平板

保水性平板

境界ブロック

片面歩車道境界ブロック

推奨仕様 B-2 による。

両面歩車道境界ブロック

地先境界ブロック

インターロッキングブロック

普通ブロック

推奨仕様 B-3 による。

透水性ブロック

保水性ブロック

B.3 

性能 

舗装・境界ブロック類の性能及び性能照査方法は,次による。

a) I

類に区分される製品  製品の性能は,推奨仕様 B-1,推奨仕様 B-2 又は推奨仕様 B-3 の規定に適合し

なければならない。

b) II

類に区分される製品  製品の性能は,JIS A 5362 の箇条 及び箇条 の規定に従い,受渡当事者間

の協議によって定める。一般には

表 B.3 の規定によってもよい。


13

A 5371

:2016

表 B.3−舗装・境界ブロック類の性能及び性能照査方法 

性能項目

性能

性能照査方法

使用性

使用時に想定される荷重によって,所定

の機能を失わず,快適に使用できなけれ
ばならない。

設計図書,B.6 又は実績による。

耐久性

a)

想定される作用によるひび割れ,材料特

性の経時的な低下などによって,所要の

性能が損なわれてはならない。

設計図書又は実績による。

施工性

有害な変状を生じることなく運搬,据

付,組立,接合などの作業を安全かつ容
易に行うことができなければならない。

設計図書又は実績による。

その他

b)

透水性又は保水性を確保しなければな

らない。

設計図書又は B.6 による。

a)

  耐久性の照査は,水セメント比,又は水セメント比及び空気量が同等で,かつ,製造方法が同様の製品の

実績によってもよい。ただし,凍害のおそれのある場所で使用する保水性をもつ製品の耐凍害性について

は,品質が同等の製品の実績又は凍結融解試験結果によって照査する。

b)

  透水性の照査は,平板(透水性平板)及びインターロッキングブロック(透水性ブロック)に適用し,保

水性の照査は,平板(保水性平板)及びインターロッキングブロック(保水性ブロック)に適用する。

B.4 

形状,寸法及び寸法の許容差 

舗装・境界ブロック類の形状,寸法及び寸法の許容差は,次による。ただし,I 類は,設計思想に差が

なく,性能,及び性能照査方法が同じであれば,所要の性能を満足する範囲で購入者の要求によって基準

寸法を±10 %の範囲で変更することができる。

a) 

形状 

1) 

平板  平板の形状例を,図 B.1 に示す。

図 B.1−平板の形状例 


14

A 5371

:2016

2) 

境界ブロック  境界ブロックの形状例を,図 B.2 に示す。

図 B.2−境界ブロックの形状例 

3) 

インターロッキングブロック  インターロッキングブロックの形状例を,図 B.3 に示す。

図 B.3−インターロッキングブロックの形状例 

b) 

寸法及び寸法の許容差  I 類に区分される製品の寸法及び寸法の許容差は,表 B.4,表 B.5 及び表 B.6

による。II 類に区分される製品の寸法及び寸法の許容差は,受渡当事者間の協議による。

1) 

平板  平板の寸法及び寸法の許容差は,表 B.4 による。

表 B.4−平板の寸法及び寸法の許容差 

単位  mm

種類

厚さ

平板

寸法 300∼500 300∼500 30∼80

許容差

±3

±3

+2

−3

−  性能を損なわない範囲内で,露出面を着色したり,表面加工(研磨,洗出し,たたき出しな

ど)を施すことができる。

−  表面の模様の深さは,6 mm 以内とし,表面の角部には面取りを付けてもよい。


15

A 5371

:2016

2) 

境界ブロック  境界ブロックの寸法及び寸法の許容差は,表 B.5 による。

表 B.5−境界ブロックの寸法及び寸法の許容差 

単位  mm

種類

上面の幅

底面の幅

高さ

丸面取り

長さ

境界ブロック

寸法 120∼180 120∼240 120∼300 20∼30 600∼2 000

a)

許容差

±2

±3

±3

±3

a)

注記 1  性能を損なわない範囲内で,露出面を着色したり,表面加工(研磨,洗出しなど)を施すことがで

きる。

注記 2  長さは,標準製品の長さを示し,これよりも短くすることができる。 

a)

  歩車道境界ブロックの長さは,1 000 mm 又は 2 000 mm とすることができる。1 000 mm 又は 2 000 mm

とした場合の許容差は±5 mm とする。

3) 

インターロッキングブロック  インターロッキングブロックの寸法及び寸法の許容差は,表 B.6 

よる。また,ブロックの幅及び長さは,次の式を満足しなければならない。

65

.

0

t

s

A

A

ここに,

A

s

ブロックの全側面積

A

t

ブロックの上面積

表 B.6

インターロッキングブロックの寸法及び寸法の許容差 

単位  mm

種類

幅(縦)

長さ(横)

厚さ

インターロッキング
ブロック

寸法 50 以上 50 以上 60,80

許容差

±2.5

±2.5

±2.5

a)

+4.0

b)

−1.0

注記 1  性能を損なわない範囲内で,露出面を着色したり,表面加工(研磨,洗出しなど)を施すことが

できる。

注記 2  ブロックに孔及び/又は凹部を設け,植生を目的としたブロックとすることができる。 

a)

  厚さの許容差は,普通ブロックを示す。

b)

  厚さの許容差は,透水性ブロック及び保水性ブロックを示す。

B.5 

コンクリートの品質 

B.5.1 

材料及び製造方法 

コンクリートに使用する材料及び製造方法は,箇条

7

による。

B.5.2 

圧縮強度又は曲げ強度 

コンクリートの圧縮強度又は曲げ強度は,所定の材齢において,

表 B.7

の値以上でなければならない。

なお,II 類は,受渡当事者間の協議による。


16

A 5371

:2016

表 B.7

コンクリートの圧縮強度又は曲げ強度 

単位  N/mm

2

種類

コンクリートの圧縮強度

コンクリートの曲げ強度

平板

3,4

境界ブロック 24

インターロッキングブロック 17,32 3,5

圧縮強度又は曲げ強度は,製品それぞれの種類による。

−  インターロッキングブロックは,製品の圧縮強度をコンクリートの圧縮強度として代用

してもよい。

−  平板及びインターロッキングブロックのコンクリートの曲げ強度は製品の曲げ耐力試験

から求めてよい。ただし,曲げ強度は次の式によって算出し,数値は四捨五入を行い有
効数字 3 桁に丸める。

F

d

b

L

×

×

×

=

2

2

3

σ

ここに,

σ:  曲げ強度(N/mm

2

b:  平板又はインターロッキングブロックの幅(mm)

d:  平板又はインターロッキングブロックの厚さ(mm)

L:  スパン(mm)

F:  最大荷重(N)

B.6 

試験方法 

B.6.1 

コンクリートの圧縮強度試験 

コンクリートの圧縮強度試験は,

JIS A 1108

又は

JIS A 1107

による。

なお,供試体は製品と同一養生を行ったものとする。

B.6.2 

製品の曲げ耐力試験 

製品の曲げ耐力試験は,

JIS A 5363

に規定する曲げ耐力試験方法による。

B.6.3 

透水性試験 

透水性試験は,

図 B.4

に示す鋼製枠内に製品又は製品から切り出した供試体を装着し,これを

図 B.5

示す水槽の中に設置する。鋼製枠の上部から注水

1)

 して水槽を満たし,鋼製枠の越流口と水槽の排水口か

ら定常的に排水されるよう注水を調整する。このときの鋼製枠及び水槽の水面の高さの差(水頭差)及び

メスシリンダーなど

2)

 を用いて 30 秒間に排水口から排出された水量

Q

(cm

3

)を測定する。

1)

  水は上水道水など清浄な水とする。

2)

  排水された水量は,体積だけでなく質量で測定してもよい。

透水係数は,次の式によって算出し,数値は四捨五入を行い有効数字 2 桁に丸める。

100

1

30

×

×

×

Δ

=

A

Q

h

t

k

ここに,

k

透水係数(

m/s

t

供試体の厚さ(

cm

Q

排水された水量(

cm

3

Δh

水頭差(

cm

A

供試体の面積(

cm

2


17

A 5371

:2016

図 B.4

透水性試験用鋼製枠の例 

図 B.5

透水性試験装置の概略図 

B.6.4 

保水性試験 

B.6.4.1 

保水量試験 

保水量試験に用いる供試体はブロック有姿とし,製品を温度

105

±

5

℃の乾燥機で一定質量になるまで

乾燥した後,常温まで冷却したものとする。このときの供試体の質量を量り,これを絶乾質量(

m

d

)とす

る。この供試体を

15

25

℃の水中に

24

時間浸せきした後,

15

30

℃の室内で

図 B.6

に示すプラスチッ

ク製の密閉容器中に

30

分間静置した後取り出して湿った布で表面の水膜を拭き取って質量を量り,

これを

湿潤質量(

m

w

)とする。供試体の体積(

V

)は,表面積に厚さを乗じたものとする。厚さは

3

か所,幅及

び長さは

2

か所測定し,その平均値とする。

なお,表面積は公称寸法から求めてもよい。保水量(

w

r

)は,次の式によって算出し,数値は四捨五入

を行い小数点以下

2

桁に丸める。

V

m

m

w

d

w

r

=

ここに,

w

r

保水量(

g/cm

3

m

w

湿潤質量(

g

m

d

絶乾質量(

g

V

供試体の体積(

cm

3

単位  mm

図 B.6

湿潤状態にする装置の概略図 

B.6.4.2 

吸上げ試験 

吸上げ試験に用いる供試体はブロック有姿とし,製品を温度

105

±

5

℃の乾燥機で一定質量になるまで

乾燥した後,常温まで冷却したものとする。このときの供試体の質量を量り,これを絶乾質量(

m

d

)とす


18

A 5371

:2016

る。絶乾状態の供試体を,

図 B.7

に示す吸上げ試験装置に設置し,供試体の底面から

5 mm

の高さまで水

に浸るようにして

30

分間吸水させる。供試体を載せる台は金網などとし,供試体の底面からの吸水が損な

われないようなものでなければならない。

30

分経過後に供試体を取り出し,水が滴り落ちない程度まで水

を切り,湿った布で水膜を拭き取って質量を量り,

30

分後の吸上げ質量(

m

a

)とする。

なお,湿潤質量(

m

w

)は保水量試験と同じ方法によって求める。吸上げ率(

h

a

)は,次の式によって算

出し,数値は四捨五入を行い整数に丸める。

100

d

w

d

a

a

×

=

m

m

m

m

h

ここに,

h

a

吸上げ率(

%

m

a

30

分後の吸上げ質量(

g

m

d

絶乾質量(

g

m

w

湿潤質量(

g

単位  mm

図 B.7

吸上げ試験装置の概略図 

B.7 

検査 

検査は,

JIS A 5365

によるほか,次による。

a) 

最終検査

  舗装・境界ブロック類の最終検査は,外観,性能,形状及び寸法について行い,次による。

1) 

外観

  外観については,製品の特性,製造方法,製造数量などを考慮して,全数検査又は抜取検査

とする。

2) 

性能,形状及び寸法

  性能,形状及び寸法については,抜取検査とする。

性能を代用特性として供試体で行う場合には,製品との相関を得ておかなければならない。

3) 

検査ロットの大きさ

  検査ロットの大きさは,製品の特性,製造方法,製造数量,製造期間,受注

数量などを考慮し製造業者が定める。

検査ロットは,製品の特性,使用材料,コンクリートの配合,製造方法などが同じものとする。

b) 

受渡検査

  舗装・境界ブロック類の受渡検査は,外観,形状及び寸法について行う。検査ロットの大

きさ及び抜取方式は,受渡当事者間の協議によって,購入者が定める。ただし,受渡当事者間の協議

によって,省略することができる。

B.8 

表示 

舗装・境界ブロック類には,

JIS A 5361

によって,次の事項を表示する。

a)

種類又はその略号


19

A 5371

:2016

b)

製造業者名又はその略号

c)

製造年月日又はその略号

d)

リサイクル材を用いている場合には,その旨を表示

B.9 

その他(推奨仕様) 

舗装・境界ブロック類の

I

類を,

表 B.8

に示す。

表 B.8

推奨仕様 

構造別製品群規格

推奨仕様

JIS A 5371 

附属書 

舗装・境界ブロック類

推奨仕様 B-1  平板 
推奨仕様 B-2  境界ブロック 
推奨仕様 B-3  インターロッキングブロック


20

A 5371

:2016

推奨仕様 B-1

平板

B-1.1 

概要 

この推奨仕様は,

附属書 B

のうち,舗装・境界ブロック類

I

類の平板(以下,平板という。

)について記

載する。

B-1.2 

種類 

平板の種類は,寸法及び機能によって,

推奨仕様 B-1  表 1

のとおり区分する。

推奨仕様 B-1  表 1

平板の種類 

単位  mm

種類

厚さ

b)

機能

略号

呼び

a)

普通平板 N

300 
400

30  60  80

450 
500

60  80

透水性平板 P

300 
400 
450 
500

60  80

透水性

保水性平板 M

300 
400

60  80

保水性

a)

  呼びは,寸法による区分とする。

b)

  厚さは,60 mm を標準とする。施工において 60 mm の厚さを取れない場合には,厚さ 30 mm と

し,厚さ 80 mm は,車乗り入れ部などに設置する。

B-1.3 

性能 

B-1.3.1 

曲げひび割れ耐力 

平板の性能は,曲げひび割れ耐力とし,

推奨仕様 B-1  表 2

に規定する値以上とする。


21

A 5371

:2016

推奨仕様 B-1  表 2

平板の曲げひび割れ耐力 

単位  kN・m

種類

曲げひび割れ耐力

略号

呼び

厚さ 30 mm

厚さ 60 mm

厚さ 80 mm

普通平板 N

300 0.18 0.72 1.28 
400 0.24 0.96 1.71 
450

− 1.08 1.92

500

− 1.20 2.14

透水性平板 P

300

− 0.54 0.96

400

− 0.72 1.28

450

− 0.81 1.44

500

− 0.90 1.60

保水性平板 M

300

− 0.54 0.96

400

− 0.72 1.28

B-1.3.2 

透水性 

透水性平板の性能としての透水性は透水係数で表し,

推奨仕様 B-1  表 3

に規定する値以上とする。

推奨仕様 B-1  表 3

透水性平板の透水性 

単位  m/s

種類

透水係数

略号

透水性平板 P

1×10

4

B-1.3.3 

保水性 

保水性平板の性能としての保水性は,保水量及び吸上げ率で表し,

推奨仕様 B-1  表 4

に規定する値以上

とする。

推奨仕様 B-1  表 4

保水性平板の保水性 

種類

保水量

吸上げ率

略号

保水性平板 M

0.15

g/cm

3

 70

%

B-1.4 

形状,寸法及び寸法の許容差 

平板の形状,寸法及び寸法の許容差は,

推奨仕様 B-1  表 5

による。

なお,

B.4

に規定する範囲で基準寸法を変更した場合,購入者の要求があったときには製造業者は,そ

の平板が

表 B.3

の規定に適合していることを示す設計図書又は性能試験の資料を提示しなければならない。


22

A 5371

:2016

推奨仕様 B-1  表 5

平板の形状,寸法及び寸法の許容差 

単位  mm

種類

寸法

略号

呼び

厚さ

普通平板 N

300 
400 
450 
500

300 
400

300 
400

30  60  80

450 
500

450 
500

60  80

透水性平板 P

300 
400 
450 
500

300 
400 
450 
500

300 
400 
450 
500

60  80

保水性平板 M

300 
400

300 
400

300 
400

60  80

許容差

±3

±3

+2

−3

注記 1  露出面を着色したり,表面加工(研磨,洗出し,たたき出しなど)を施すことができる

ものとする。

注記 2  面取り,切欠き又は突起は,形状に影響を与えず,かつ,強度を損なわない程度の加工

は差し支えない。

B-1.5 

コンクリートの品質 

コンクリートの品質は,

B.5.2

による。

B-1.6 

試験 

B-1.6.1 

製品の曲げ耐力試験 

平板の曲げ耐力試験は,平板を

推奨仕様 B-1  図 1

のように上を下にして据え付け,スパン(

L

)を

240 mm

にとし,スパンの中央に荷重を加えて行い,

推奨仕様 B-1  表 6

に規定する曲げひび割れ耐力に相当する曲

げひび割れ荷重において,ひび割れの有無を確認する。

曲げ耐力試験を行うときは,平板の加圧面及び支持面にゴム板

3)

を挿入し,荷重が均等に分布されるよ

うにしなければならない。

3)

支点及び載荷点の不陸の影響を吸収することができる程度の硬さ,厚さ及び幅のものがよい。


23

A 5371

:2016

推奨仕様 B-1  表 6

平板の曲げひび割れ荷重 

単位  kN

種類

曲げひび割れ荷重

スパン L

(mm)

略号

呼び

厚さ 30 mm

厚さ 60 mm

厚さ 80 mm

普通平板 N

300 3.0  12.0  21.4

240

400 4.0  16.0  28.5 
450

− 18.0 32.0

500

− 20.0 35.6

透水性平板 P

300

9.0 16.0

240

400

− 12.0 21.4

450

− 13.5 24.0

500

− 15.0 26.7

保水性平板 M

300

9.0 16.0

240

400

− 12.0 21.4

単位  mm

推奨仕様 B-1  図 1

曲げ耐力試験方法 

B-1.6.2 

製品の透水性試験 

平板の透水性試験は,

B.6.3

による。

B-1.6.3 

製品の保水性試験 

B-1.6.3.1 

保水量試験 

平板の保水量試験は,

B.6.4.1

による。

B-1.6.3.2 

吸上げ試験 

平板の吸上げ試験は,

B.6.4.2

による。

B-1.7 

検査 

B-1.7.1 

検査項目 

平板の検査項目は,次による。

a) 

最終検査

  最終検査項目は,次による。

1)

外観

2)

性能

3)

形状及び寸法

b) 

受渡検査

  受渡検査項目は,次による。ただし,受渡当事者間の協議によって,省略することができ


24

A 5371

:2016

る。

1)

外観

2)

形状及び寸法

B-1.7.2 

検査ロット 

平板の検査ロットの大きさは,製品の特性,製造方法,製造数量,製造期間,受注数量などを考慮し,

最終検査は製造業者が定め,受渡検査は,受渡当事者間の協議によって購入者が定める。ただし,検査ロ

ットの大きさは,

2 000

個又は端数を

1

ロットとしてもよい。

B-1.7.3 

検査方法 

平板の検査方法は,次による。

a) 

最終検査

  最終検査方法は,次による。

1) 

外観

  外観の検査は,目視によって全数について行い,

5.1

の規定に適合するものを合格とする。

2) 

性能

  性能の検査は,

B-1.6.1

及び/又は

B-1.6.2

及び/又は

B-1.6.3

によって行い,

1

ロットから任

意に

3

個抜き取り,

3

個とも

B-1.3

の規定に適合すれば,そのロットを合格とし,

2

個以上適合しな

ければそのロットを不合格とする。この検査で

3

個のうち

1

個だけ規定に適合しないときは,その

ロットから更に

6

個抜き取り,

6

個とも規定に適合すれば,初めの不合格品を除きそのロットを合

格とし,

1

個でも適合しないときは,そのロットを不合格とする。

3) 

形状及び寸法

  形状及び寸法の検査は,

1

ロットから任意に

3

個抜き取り,

3

個とも

B-1.4

の規定に

適合すれば,そのロットを合格とする。この検査で

3

個のうち

1

個だけ適合しないときは,そのロ

ットから更に

6

個抜き取り,

6

個とも規定に適合すれば,初めの不合格品を除きそのロットを合格

とし,

1

個でも適合しないときは,そのロットを不合格とする。

b) 

受渡検査

  受渡検査方法は,次による。

1) 

外観

  外観検査は,

1

ロットから任意に

3

個抜き取り,

5.1

の規定に適合すれば,そのロットを合格

とする。この検査で

3

個のうち

1

個だけ適合しないときは,そのロットから更に

6

個抜き取り,

6

個とも規定に適合すれば,初めの不合格品を除きそのロットを合格とし,

1

個でも適合しないとき

は,そのロットを不合格とする。

2) 

形状及び寸法

  形状及び寸法の検査は,

a) 3)

に準じる。

B-1.8 

表示 

この規格の全ての要求事項に適合した平板には,

B.8

によって表示する。ただし,製造上,製品への表

示が困難な場合には,こん(梱)包の外面に表示してもよい。


25

A 5371

:2016

推奨仕様 B-2

境界ブロック

B-2.1 

概要 

この推奨仕様は,

附属書 B

のうち,舗装・境界ブロック類

I

類の境界ブロック(以下,ブロックという。

について記載する。

B-2.2 

種類 

ブロックの種類は,用途によって,

推奨仕様 B-2  表 1

のとおり区分する。

推奨仕様 B-2  表 1

ブロックの種類 

種類

用途

略号

呼び

a)

片面歩車道境界ブロック

A,B,C

段差のある歩車道境界に用いるもの

両面歩車道境界ブロック

A,B,C

段差のない歩車道境界に用いるもの

地先境界ブロック

A,B,C

主として歩道と民地との境界に用いるもの

a)

  呼びは,寸法による区分とする。

B-2.3 

性能 

ブロックの性能は曲げひび割れ耐力とし,

推奨仕様 B-2  表 2

に規定する値以上とする。

推奨仕様 B-2  表 2

ブロックの曲げひび割れ耐力 

単位  kN・m

種類

曲げひび割れ耐力

略号

呼び

片面歩車道境界ブロック

A 2.99 
B 5.20 
C 7.80

両面歩車道境界ブロック

A 3.12 
B 5.46 
C 8.19

地先境界ブロック

A 0.84 
B 1.04 
C 1.69

B-2.4 

形状,寸法及び寸法の許容差 

ブロックの形状,寸法及び寸法の許容差は,

推奨仕様 B-2  図 1

推奨仕様 B-2  図 2

推奨仕様 B-2  図 3

及び

推奨仕様 B-2  表 3

による。

なお,

B.4

に規定する範囲で基準寸法を変更した場合,購入者の要求があったときには製造業者は,そ

のブロックが

表 B.3

の規定に適合していることを示す設計図書又は性能試験の資料を提示しなければなら

ない。


26

A 5371

:2016

推奨仕様 B-2  図 1

片面歩車道境界ブロックの形状及び寸法 

推奨仕様 B-2  図 2

両面歩車道境界ブロックの形状及び寸法 

推奨仕様 B-2  図 3

地先境界ブロックの形状及び寸法 


27

A 5371

:2016

推奨仕様 B-2  表 3

ブロックの寸法及び寸法の許容差 

単位  mm

種類

上面の幅

底面の幅

高さ

長さ

略号

呼び

許容差

許容差

許容差

許容差

片面歩車道

片 A 150 ±2 170 ±3 200 ±3 20

a) a) 

境界ブロック

  B

180  205  250   30

600

±3

  C     210  300

両面歩車道

両 A 150 ±2 190 ±3 200 ±3 20

a) a) 

境界ブロック

  B

180  230  250   30

600

±3

  C     240  300

地先

地 A 120 ±2 120 ±2 120 ±3

− 600  ±3

境界ブロック

  B

150  150

 C        150

注記 1  面取り,切欠き,実用上差し支えない範囲での凹凸など,形状に影響を与えず強度を損なわない程度の加

工を行ってもよい。また,底面及び側面には,つり上げ具及び接合具を付けてもよい。

注記 2  購入者の指示によって,ブロックに安全標識(反射板など)を取り付けるなど,特別な機能を付加しても

よい。

a)

  歩車道境界ブロックの長さ(l)は,1 000  mm 又は 2 000  mm とすることができる。1 000  mm 又は 2 000  mm

とした場合の許容差は±5 mm とする。

B-2.5 

コンクリートの品質 

コンクリートの品質は,

B.5.2

による。

B-2.6 

製品の曲げ耐力試験 

ブロックの曲げ耐力試験は,ブロックを

推奨仕様 B-2  図 4

のように据え付け,スパンの中央に荷重を加

えて行い,

推奨仕様 B-2  表 2

に規定する曲げひび割れ耐力に相当する荷重において,ひび割れの有無を調

べる。曲げひび割れ耐力に相当する荷重を

推奨仕様 B-2  表 4

に示す。

曲げ耐力試験を行うときは,ブロックの加圧面及び支持面にゴム板

4)

を挿入し,荷重が均等に分布され

るようにしなければならない。

4)

支点及び載荷点の不陸の影響を吸収することができる程度の硬さ,厚さ及び幅のものがよい。

単位  mm

注記  曲げひび割れ耐力が同じであれば,スパンを変更することができる。 

a)

  推奨仕様 B-2  表 の寸法(l)が 2 000 mm の場合には,1 000 mm とする。

b)

  推奨仕様 B-2  表 の寸法(l)が 1 000 mm の場合には,500 mm,2 000 mm の場合には,1 000 mm とする。

推奨仕様 B-2  図 4

曲げ耐力試験方法 


28

A 5371

:2016

推奨仕様 B-2  表 4

ブロックのスパン及び荷重 

種類

l=600 mm,1 000 mm

l=2 000 mm

略号

呼び

スパン

荷重

スパン

荷重

mm kN mm kN

片面歩車道境界ブ

ロック

片 A

520

23

1 000

12

B 40  21 
C 60  31.5

両面歩車道境界ブ
ロック

両 A

24

12.5

B 42  22 
C 63  33

地先境界ブロック

地 A

6.5

B 8  − 
C 13  −

B-2.7 

検査 

B-2.7.1 

検査項目 

ブロックの検査項目は,次による。

a) 

最終検査

  最終検査項目は,次による。

1)

外観

2)

性能

3)

形状及び寸法

b) 

受渡検査

  受渡検査項目は,次による。ただし,受渡当事者間の協議によって,省略することができ

る。

1)

外観

2)

形状及び寸法

B-2.7.2 

検査ロット 

ブロックの検査ロットの大きさは,製品の特性,製造方法,製造数量,製造期間,受注数量などを考慮

し,最終検査は製造業者が定め,受渡検査は,受渡当事者間の協議によって購入者が定める。ただし,検

査ロットの大きさは,

1 000

個又は端数を

1

ロットとしてもよい。

B-2.7.3 

検査方法 

ブロックの検査方法は,次による。

a) 

最終検査

  最終検査方法は,次による。

1) 

外観

  外観の検査は,

1

ロットにつき任意に抜き取ったものについて行い,

5.1

の規定に適合するも

のを合格とする。この検査で

1

個でも適合しないときは,そのロット全数について検査を行い,規

定に適合すれば合格とする。

2) 

性能

  性能の検査は,

1

ロットから任意に

2

個抜き取り,

B-2.6

によって行い,

2

個とも

B-2.3

の規

定に適合すれば,そのロットを合格とし,

2

個とも適合しなければそのロットを不合格とする。こ

の検査で

2

個のうち

1

個だけ規定に適合しないときは,そのロットから更に

4

個抜き取り,

4

個と

も規定に適合すれば,初めの不合格品を除きそのロットを合格とし,

1

個でも適合しないときは,

そのロットを不合格とする。

3) 

形状及び寸法

  形状及び寸法の検査は,

1

ロットから任意に

2

個抜き取り,

2

個とも

B-2.4

の規定に

適合すれば,そのロットを合格とする。この検査で

1

個でも適合しないときは,そのロット全数に


29

A 5371

:2016

ついて検査を行い,規定に適合すれば合格とする。

b) 

受渡検査

  受渡検査方法は,次による。

1) 

外観

  外観の検査は,

a) 1)

に準じる,又は次による。

抜取検査を採用する場合には,任意に

2

個抜き取り,

5.1

の規定に適合すれば,そのロットを合格

とする。この検査で

1

個でも適合しないときは,そのロット全数について検査を行い,規定に適合

すれば合格とする。

2) 

形状及び寸法

  形状及び寸法の検査は,

a) 3)

に準じる。

B-2.8 

表示 

この規格の全ての要求事項に適合したブロックには,

B.8

によって表示する。


30

A 5371

:2016

推奨仕様 B-2-1

(参考)

曲線部ブロック及び横断部ブロック

B-2-1.1 

曲線部ブロック 

曲線部に用いるブロックの形状及び曲率半径(

R

)の取り方は,

推奨仕様 B-2-1  図 1

及び

推奨仕様 B-2-1 

図 2

による。また,その性能は,

推奨仕様 B-2

によることが望ましい。

a)

  外 ブロック b)  内 ブロック 

推奨仕様 B-2-1  図 1

片面歩車道境界ブロックの曲率半径の取り方 

推奨仕様 B-2-1  図 2

両面歩車道境界ブロックの曲率半径の取り方 

B-2-1.2 

横断部ブロック 

車乗り入れ横断部及び歩行者横断部に用いるブロックの形状及び組合せは,

推奨仕様 B-2-1  図 3

及び


31

A 5371

:2016

奨仕様 B-2-1  図 4

によるとよい。また,その性能は,

推奨仕様 B-2

によることが望ましい。

車乗り入れ横断部及び歩行者横断部に用いるブロックには,一般に鉄筋を用いてもよい。

単位  mm

推奨仕様 B-2-1  図 3

車乗り入れ横断部 

単位  mm

推奨仕様 B-2-1  図 4

歩行者横断部 


32

A 5371

:2016

推奨仕様 B-3

インターロッキングブロック

B-3.1 

概要 

この推奨仕様は,

附属書 B

のうち,舗装・境界ブロック類

I

類のインターロッキングブロック(以下,

ブロックという。

)について記載する。

B-3.2 

種類 

ブロックの種類は,厚さ及び機能によって,

推奨仕様 B-3  表 1

のとおり区分する。

推奨仕様 B-3  表 1

ブロックの種類 

種類

機能

略号

呼び

a)

普通ブロック N  60

80

透水性ブロック P

60

透水性

80

透水性

保水性ブロック M

60

保水性

80

保水性

注記  ブロックに孔及び/又は凹部を設け,植生を目的としたブロックとすることができる。 

a)

  呼びは,厚さによる区分とする。

B-3.3 

性能 

B-3.3.1 

コンクリートの強度 

ブロックの性能は,コンクリートの曲げ強度又は圧縮強度を代用特性とし,

推奨仕様 B-3  表 2

に規定す

る値以上とする。

推奨仕様 B-3  表 2

コンクリートの強度 

単位  N/mm

2

種類

曲げ強度

圧縮強度

用途

略号

曲げ強度

による区分

普通ブロック N

3

3.0

17.0 主に歩道用

5 5.0

32.0

主に歩道,車道用

透水性ブロック P

3

3.0

17.0 主に歩道用

5 5.0

32.0

主に歩道,車道用

保水性ブロック M

3

3.0

17.0  主に歩道用

5 5.0

32.0

主に歩道,車道用

B-3.3.2 

透水性 

透水性ブロックの性能としての透水性は透水係数で表し,

推奨仕様 B-3  表 3

に規定する値以上とする。


33

A 5371

:2016

推奨仕様 B-3  表 3

透水性ブロックの透水性 

単位  m/s

種類

透水係数

略号

透水性ブロック P

1×10

4

B-3.3.3 

保水性 

保水性ブロックの性能としての保水性は保水量及び吸上げ率で表し,

推奨仕様 B-3  表 4

に規定する値以

上とする。

推奨仕様 B-3  表 4

保水性ブロックの保水性 

種類

保水量

吸上げ率

略号

保水性ブロック M 0.15

g/cm

3

 70

%

B-3.4 

形状,寸法及び寸法の許容差 

ブロックの形状,寸法及び寸法の許容差は,

推奨仕様 B-3  表 5

による。

なお,ブロックの幅及び長さは,次の式を満足しなければならない。ただし,目地キープの突起部分は,

ブロック側面積に含まない(

推奨仕様 B-3  図 1

推奨仕様 B-3  図 2

及び

推奨仕様 B-3  図 3

参照)

65

.

0

t

s

A

A

ここに,  A

s

: ブロックの全側面積

A

t

: ブロックの上面積

推奨仕様 B-3  図 1

ブロックの上面積及び側面積の説明図 

なお,

B.4

に規定する範囲で基準寸法を変更した場合,購入者の要求があったときには製造業者は,そ

のブロックが,

表 B.3

の規定に適合していることを示す設計図書又は性能試験の資料を提示しなければな

らない。


34

A 5371

:2016

推奨仕様 B-3  図 2

ブロックの形状例 

推奨仕様 B-3  表 5

ブロックの寸法及び寸法の許容差 

単位  mm

種類

寸法

a)

略号

幅(縦)

長さ(横)

厚さ

普通ブロック N

50 以上 50 以上 60,80

許容差

b)

±2.5

±2.5

±2.5

透水性ブロック P

50 以上 50 以上 60,80

許容差

b)

±2.5

±2.5

+4.0 
−1.0

保水性ブロック M

50 以上 50 以上 60,80

許容差

b)

±2.5

±2.5

+4.0 
−1.0

注記 1  意匠として着色,表面加工(ショットブラスト,研磨,洗出しなど)を施すことができる。 
注記 2  面には実用上差し支えない範囲で,適切な凹凸を設けることができる。 
注記 3  面の角には,面取りを行ってもよい。 
注記 4  目地幅を確保するために周囲にスペーサー的突起(以下,目地キープという。)を設ける。ただし,

製品によっては,設けない場合もある。

a)

  寸法は,モデュール呼び寸法(目地キープ幅を含めた寸法)とする。

なお,製品寸法は,モデュール呼び寸法から目地キープ幅を差し引いたものとする。

b)

  製品寸法に対する値である。

推奨仕様 B-3  図 3

寸法の呼び方の例及び目地キープの使用イメージ 


35

A 5371

:2016

B-3.5 

コンクリートの品質 

コンクリートの品質は,

B.5.2

による。

B-3.6 

試験方法 

B-3.6.1 

強度試験 

B-3.6.1.1 

コンクリートの曲げ強度試験 

コンクリートの曲げ強度は製品の曲げ耐力試験で求める。試験方法は,

推奨仕様 B-3  図 4

のようにブロ

ックの上面を上にして据え付け,加圧面及び支持面にゴム板

5)

を挿入して荷重が均等に分布されるように

しなければならない。スパンはブロックの厚さの

2

倍以上とし,支点間の中央で載荷し,ブロックが破壊

するまで行う。

5)

支点及び載荷点の不陸の影響を吸収することができる程度の硬さ,厚さ及び幅のものがよい。

曲げ強度は

表 B.7

に示す式によって算出する。供試体断面の寸法測定のうち,幅は載荷点の上下の

2

所で,厚さは幅方向の両端から

1/4

内側の

2

か所で

0.1 mm

まで測定し,その平均値を求める。

単位  mm

推奨仕様 B-3  図 4

製品の曲げ耐力試験 

B-3.6.1.2 

製品からのコアの圧縮強度試験 

ブロックの圧縮強度試験は,

JIS A 1108

による。ただし,供試体は直径

6 cm

以上のコアをブロックから

切り取り,高さの直径に対する比が

1.00

2.00

の範囲の円柱を作製することとする。このとき,圧縮強度

は,強さの試験値に

推奨仕様 B-3  表 6

の補正係数を乗じて求めた値とする。

推奨仕様 B-3  表 6

補正係数 

高さの直径に対する比

補正係数

2.00 1.15 
1.75 1.13 
1.50 1.10 
1.25 1.07 
1.00 1.00

  高さの直径に対する比が,この表に示す値の間にある場合の補正係数は,直線補間して求める。

B-3.6.2 

製品の透水性試験 

ブロックの透水性試験は,

B.6.3

による。


36

A 5371

:2016

B-3.6.3 

製品の保水性試験 

B-3.6.3.1 

保水量試験 

ブロックの保水量試験は,

B.6.4.1

による。

B-3.6.3.2 

吸上げ試験 

ブロックの吸上げ試験は,

B.6.4.2

による。

B-3.7 

検査 

B-3.7.1 

検査項目 

ブロックの検査項目は,次による。

a) 

最終検査

  最終検査項目は,次による。

1)

外観

2)

性能

3)

形状及び寸法

b) 

受渡検査

  受渡検査項目は,次による。ただし,受渡当事者間の協議によって,省略することができ

る。

1)

外観

2)

形状及び寸法

B-3.7.2 

検査ロット 

ブロックの検査ロットの大きさは,製品の特性,製造方法,製造数量,製造期間,受注数量などを考慮

し,最終検査は製造業者が定め,受渡検査は,受渡当事者間の協議によって購入者が定める。ただし,検

査ロットの大きさは,

1 000 m

2

又は端数を

1

ロットとしてもよい。

B-3.7.3 

検査方法 

ブロックの検査方法は,次による。

a) 

最終検査

  最終検査方法は,次による。

1) 

外観

  外観の検査は,目視によって全数について行い,

5.1

の規定に適合するものを合格とする。

2) 

性能

  性能の検査は,

B-3.6.1

及び/又は

B-3.6.2

及び/又は

B-3.6.3

によって行い,

1

ロットから任

意に

3

個抜き取り,

3

個とも

B-3.3

に規定する値に適合すればそのロットを合格とし,

2

個以上適合

しなければそのロットを不合格とする。この検査で

3

個のうち

1

個だけ規定に適合しないときは,

そのロットから更に

6

個抜き取り,

6

個とも規定に適合すれば,初めの不合格品を除きそのロット

を合格とし,

1

個でも適合しないときは,そのロットを不合格とする。

3) 

形状及び寸法

  形状及び寸法の検査は,

1

ロットから任意に

3

個抜き取り,

3

個とも

B-3.4

の規定に

適合すれば,そのロットを合格とする。この検査で

3

個のうち

1

個だけ適合しないときは,そのロ

ットから更に

6

個抜き取り,

6

個とも規定に適合すれば,初めの不合格品を除きそのロットを合格

とし,

1

個でも適合しないときは,そのロットを不合格とする。

b) 

受渡検査

  受渡検査方法は,次による。

1) 

外観

  外観の検査は,

1

ロットから任意に

3

個抜き取り,

5.1

の規定に適合すれば,そのロットを合

格とする。この検査で

3

個のうち

1

個だけ適合しないときは,そのロットから更に

6

個抜き取り,

6

個とも規定に適合すれば,初めの不合格品を除きそのロットを合格とし,

1

個でも適合しないとき

は,そのロットを不合格とする。

2) 

形状及び寸法

  形状及び寸法の検査は,

a) 3)

に準じる。


37

A 5371

:2016

B-3.8 

表示 

この規格の全ての要求事項に適合したブロックには,

B.8

によって表示する。ただし,製造上,製品へ

の表示が困難な場合は,こん(梱)包の外面に表示してもよい。


38

A 5371

:2016

附属書 C 
(規定)

路面排水溝類

C.1 

概要 

この附属書は,主として道路の路肩に用いる路面排水溝類の

I

類及び

II

類について規定する。

C.2 

種類 

路面排水溝類の種類は,

表 C.1

による。

なお,

I

類は,

表 C.2

による。

表 C.1

路面排水溝類の種類 

大分類

小分類

路面排水溝類

L 形側溝

皿形側溝

その他

表 C.2

路面排水溝類 類の種類 

種類

用途による区分

詳細

L 形側溝

車両が隣接して走行することはまれで,走行する

ことがあっても一時待避などで低速で走行するよ

うな場所に,車道に平行して設置するもの。

推奨仕様 C-1 による。

C.3 

性能 

路面排水溝類の性能及び性能照査方法は,次による。

a) I

類に区分される製品

  製品の性能は,

推奨仕様 C-1

の規定に適合しなければならない。

b) II

類に区分される製品

  製品の性能は,

JIS A 5362

の箇条

4

及び箇条

5

の規定に従い,受渡当事者間

の協議によって定める。一般には

表 C.3

の規定によってもよい。

表 C.3

路面排水溝類の性能及び性能照査方法 

性能項目

性能

性能照査方法

使用性

使用時に想定される荷重によって,所定の機能

を失わず,快適に使用できなければならない。

また,流水に接する面は,実用上支障のない程
度に滑らかでなければならない。

設計図書,C.6 又は実績に

よる。

耐久性

a)

想定される作用によるひび割れ,材料特性の経

時的な低下などによって,所要の性能が損なわ

れてはならない。

設計図書又は実績による。

施工性

有害な変状を生じることなく運搬,据付,組立,

接合などの作業を安全かつ容易に行うことがで
きなければならない。

設計図書又は実績による。

a)

  耐久性の照査は,水セメント比,又は水セメント比及び空気量が同等で,かつ,製造方

法が同様の製品の実績によってもよい。


39

A 5371

:2016

C.4 

形状,寸法及び寸法の許容差 

路面排水溝類の形状,寸法及び寸法の許容差は,次による。ただし,

I

類は,設計思想に差がなく,性

能,及び性能照査方法が同じであれば,所要の性能を満足する範囲で購入者の要求によって基準寸法

1)

±

10 %

の範囲で変更することができる。

1)

基準寸法とは,

表 C.4

の寸法をいう。

a) 

形状

L

形側溝の形状例を,

図 C.1

に示す。

図 C.1

L

形側溝の形状例 

b) 

寸法及び寸法の許容差

I

類に区分される製品の寸法及び寸法の許容差は,

表 C.4

による。

II

類に区分

される製品の寸法及び寸法の許容差は,受渡当事者間の協議による。

表 C.4

L

形側溝の寸法及び寸法の許容差 

単位  mm

種類

高さ

長さ

マウント高

厚さ

L 形側溝

寸法 350∼450 175

600  100

a)

 100∼105

許容差

±2

±3

±3

±2

±3

エプロン勾配は 2/100∼1/10 とする。

注記 1  面取り,切欠き,実用上差し支えない範囲での凹凸など,形状に影響を与えず強度を損なわな

い程度の加工を行ってもよい。また,つり上げ具及び接合具を付けてもよい。

注記 2  購入者の指示によって,L 形に安全標識(反射板など)を取り付けるなど,特別な機能を付加

してもよい。

a)

  マウント高は,20∼50 mm とすることができる。また,マウント高は,長さ方向の左右で異なっ

た寸法にすることができる。

C.5 

コンクリートの品質 

C.5.1 

材料及び製造方法 

コンクリートに使用する材料及び製造方法は,箇条

7

による。

C.5.2 

圧縮強度 

コンクリートの圧縮強度は,所定の材齢において,

27 N/mm

2

以上とする。

なお,

II

類は,受渡当事者間の協議による。

C.6 

試験方法 

C.6.1 

コンクリートの圧縮強度試験 

コンクリートの圧縮強度試験は,

JIS A 1108

による。

なお,供試体は製品と同一養生を行ったもの,又はその他適切な方法によって管理したものとする。


40

A 5371

:2016

C.6.2 

製品の曲げ耐力試験 

路面排水溝類の曲げ耐力試験は,

JIS A 5363

に規定する曲げ耐力試験方法による。

C.7 

検査 

検査は,

JIS A 5365

によるほか,次による。

a) 

最終検査

  路面排水溝類の最終検査は,外観,性能,形状及び寸法について行い,次による。

1) 

外観

  外観については,製品の特性,製造方法,製造数量などを考慮して,全数検査又は抜取検査

とする。

2) 

性能,形状及び寸法

  性能,形状及び寸法については,抜取検査とする。

性能を代用特性として供試体で行う場合には,製品との相関を得ておかなければならない。

3) 

検査ロットの大きさ

  検査ロットの大きさは,製品の特性,製造方法,製造数量,製造期間,受注

数量などを考慮し製造業者が定める。

検査ロットは,製品の特性,使用材料,コンクリートの配合,製造方法などが同じものとする。

b) 

受渡検査

  路面排水溝類の受渡検査は,外観,形状及び寸法について行う。検査ロットの大きさ及び

抜取方式は,受渡当事者間の協議によって,購入者が定める。ただし,受渡当事者間の協議によって,

省略することができる。

C.8 

表示 

路面排水溝類には,

JIS A 5361

によって,次の事項を表示する。

a)

種類又はその略号

b)

製造業者名又はその略号

c)

製造年月日又はその略号

d)

リサイクル材を用いている場合には,その旨を表示

C.9 

その他(推奨仕様) 

路面排水溝類の

I

類を,

表 C.5

に示す。

表 C.5

推奨仕様 

構造別製品群規格

推奨仕様

JIS A 5371 

附属書 C  路面排水溝類

推奨仕様 C-1  L 形側溝


41

A 5371

:2016

推奨仕様 C-1

L

形側溝

C-1.1 

概要 

この推奨仕様は,

附属書 C

のうち,路面排水溝類

I

類の

L

形側溝(以下,

L

形という。

)について記載

する。

C-1.2 

種類 

L

形の種類は,用途によって,

推奨仕様 C-1  表 1

のとおり区分する。

推奨仕様 C-1  表 1

L

形の種類 

種類

用途

呼び

L 形側溝

250A

車両が隣接して走行することはまれで,

走行することがあっても一時待避など

で低速で走行するような場所に,車道に
平行して設置するもの。

250B

C-1.3 

性能 

L

形の性能は曲げひび割れ耐力とし,

推奨仕様 C-1  表 2

に規定する値以上とする。

推奨仕様 C-1  表 2

L

形の曲げひび割れ耐力 

単位  kN・m

種類

曲げひび割れ耐力

呼び

L 形側溝

250A 2.062 
250B 2.275

C-1.4 

形状,寸法及び寸法の許容差 

L

形の形状,寸法及び寸法の許容差は,

推奨仕様 C-1  表 3

による。

なお,

C.4

に規定する範囲で基準寸法を変更した場合,購入者の要求があったときには製造業者は,そ

L

形が

表 C.3

の規定に適合していることを示す設計図書又は性能試験の資料を提示しなければならない。


42

A 5371

:2016

推奨仕様 C-1  表 3

L

形の形状,寸法及び寸法の許容差 

単位  mm

呼び

寸法

a b c  d  e f g h i  r  l 

250A 250  100  − 350 75

100

a)

175

b)

100

− 20 600

250B 100

450

105

許容差

±2

±2

±2

±3

±3

±3

注記 1  面取り,切欠き,実用上差し支えない範囲での凹凸など,形状に影響を与えず強度を損なわない

程度の加工を行ってもよい。また,つり上げ具及び接合具を付けてもよい。

注記 2  購入者の指示によって,L 形に安全標識(反射板など)を取り付けるなど,特別な機能を付加し

てもよい。

a)

  寸法(f)は,20∼50 mm とすることができる。

寸法(f)の左右いずれか一方を 20∼50 mm にすることができる。

b)

  寸法(f)を 20∼50 mm としたときの寸法(g)は,寸法(e)に 20∼50 mm を加えた値とする。

C-1.5 

コンクリートの品質 

コンクリートの品質は,

C.5.2

による。

C-1.6 

製品の曲げ耐力試験 

L

形の曲げ耐力試験は,

L

形を

推奨仕様 C-1  図 1

のように据え付け,スパンの中央に荷重を加えて行い,

曲げひび割れ耐力に相当する荷重で,ひび割れの有無を調べる。曲げひび割れ耐力に相当するスパン及び

荷重を

推奨仕様 C-1  表 4

に示す。

曲げ耐力試験を行うときは

L

形の加圧面及び支持面にはゴム板

2)

を挿入し,荷重が均等に分布されるよ

うにしなければならない。

2)

支点及び載荷点の不陸の影響を吸収することができる程度の硬さ,厚さ及び幅のものがよい。


43

A 5371

:2016

単位  mm

推奨仕様 C-1  図 1

曲げ耐力試験方法 

推奨仕様 C-1  表 4

L

形のスパン及び荷重 

単位  kN

種類

スパン 

(mm)

荷重

呼び

L 形側溝

250A 250

33

250B 350

26

C-1.7 

検査 

C-1.7.1 

検査項目 

L

形の検査項目は,次による。

a) 

最終検査

  最終検査項目は,次による。

1)

外観

2)

性能

3)

形状及び寸法

b) 

受渡検査

  受渡検査項目は,次による。ただし,受渡当事者間の協議によって,省略することができ

る。

1)

外観

2)

形状及び寸法

C-1.7.2 

検査ロット 

L

形の検査ロットの大きさは,製品の特性,製造方法,製造数量,製造期間,受注数量などを考慮し,

最終検査は製造業者が定め,受渡検査は,受渡当事者間の協議によって購入者が定める。ただし,検査ロ

ットの大きさは,

1 000

個又は端数を

1

ロットとしてもよい。

C-1.7.3 

検査方法 

L

形の検査方法は,次による。

a) 

最終検査

  最終検査方法は,次による。

1) 

外観

  外観の検査は,

1

ロットにつき任意に抜き取ったものについて行い,

5.1

の規定に適合するも

のを合格とする。この検査で

1

個でも適合しないときは,そのロット全数について検査を行い,規

定に適合すれば合格とする。


44

A 5371

:2016

2) 

性能

  性能の検査は,

1

ロットから任意に

2

個抜き取り,

C-1.6

によって行い,

2

個とも

C-1.3

の規

定に適合すれば,そのロットを合格とし,

2

個とも適合しなければそのロットを不合格とする。こ

の検査で

2

個のうち

1

個だけ規定に適合しないときは,そのロットから更に

4

個抜き取り,

4

個と

も規定に適合すれば,初めの不合格品を除きそのロットを合格とし,

1

個でも適合しないときは,

そのロットを不合格とする。

3) 

形状及び寸法

  形状及び寸法の検査は,

1

ロットから任意に

2

個抜き取り,

2

個とも

C-1.4

の規定に

適合すれば,そのロットを合格とする。この検査で

1

個でも適合しないときは,そのロット全数に

ついて検査を行い,規定に適合すれば合格とする。

b) 

受渡検査

  受渡検査方法は,次による。

1) 

外観

  外観の検査は,

a) 1)

に準じる。

2) 

形状及び寸法

  形状及び寸法の検査は,

a) 3)

に準じる。

C-1.8 

表示 

この規格の全ての要求事項に適合した

L

形には,

C.8

によって表示する。


45

A 5371

:2016

推奨仕様 C-1-1

(参考)

曲線部に用いる L 形

C-1-1.1 

曲線部に用いる  

曲線部に用いる

L

形の形状及び曲率半径(

R

)の取り方は,

推奨仕様 C-1-1  図 1

による。また,その品

質は,

推奨仕様 C-1

によることが望ましい。

 a)

  外 R   b)  内 R   

推奨仕様 C-1-1  図 1

曲率半径(R)の取り方 


46

A 5371

:2016

附属書 D 
(規定)

ブロック式擁壁類

D.1 

概要 

この附属書は,主として道路,河川,宅地造成などに用いるブロック式擁壁類の

I

類及び

II

類について

規定する。

D.2 

種類 

ブロック式擁壁類の種類は,

表 D.1

による。

なお,

I

類は,

表 D.2

による。

表 D.1

ブロック式擁壁類の種類 

大分類

小分類

ブロック式擁壁類

積みブロック

大形積みブロック

その他

表 D.2

ブロック式擁壁類 類の種類 

種類

大きさによる区分

質量による区分

a)

詳細

積みブロック 0.5

m

2

未満

A 及び B

推奨仕様 D-1 による。

大形積みブロック

b)

 0.5

m

2

以上 A

推奨仕様 D-2 による。

a)

  質量による区分は,施工面積 1 m

2

当たりのブロック質量によって,A は 350 kg 以上,

B は 350 kg 未満に区分したものである。

b)

  大形積みブロックは,面寸法を大形化したもの,又は控長も長尺化したものである。

D.3 

性能 

ブロック式擁壁類の性能及び性能照査方法は,次による。

a) I

類に区分される製品

  製品の性能は,

推奨仕様 D-1

又は

推奨仕様 D-2

の規定に適合しなければなら

ない。

b) II

類に区分される製品

  製品の性能は,

JIS A 5362

の箇条

4

及び箇条

5

の規定に従い,受渡当事者間

の協議によって定める。一般には

表 D.3

の規定によってもよい。


47

A 5371

:2016

表 D.3

ブロック式擁壁類の性能及び性能照査方法 

性能項目

性能

性能照査方法

使用性

使用時に想定される荷重によって,所定の機

能を失わず,快適に使用できなければならな
い。

設計図書,D.6 又は実績に

よる。

耐久性

a)

想定される作用によるひび割れ,材料特性の

経時的な低下などによって,所要の性能が損

なわれてはならない。

設計図書又は実績による。

施工性

有害な変状を生じることなく運搬,据付,組

立,接合などの作業を安全かつ容易に行うこ
とができなければならない。

設計図書又は実績による。

a)

  耐久性の照査は,水セメント比,又は水セメント比及び空気量が同等で,かつ,製造方

法が同様の製品の実績によってもよい。

D.4 

形状,寸法及び寸法の許容差 

ブロック式擁壁類の形状,寸法及び寸法の許容差は,次による。ただし,

I

類は,設計思想に差がなく,

性能,及び性能照査方法が同じであれば,所要の性能を満足する範囲で購入者の要求によって基準寸法

1)

を±

10 %

の範囲で変更することができる。

1)

基準寸法とは,

表 D.4

の寸法をいう。

a) 

形状 

1) 

積みブロック

  積みブロックの形状例を,

図 D.1

に示す。

図 D.1

積みブロックの形状例 

2) 

大形積みブロック

  大形積みブロックの形状例を,

図 D.2

に示す。


48

A 5371

:2016

図 D.2

大形積みブロックの形状例 

b) 

寸法及び寸法の許容差

I

類に区分される製品の寸法及び寸法の許容差は,

表 D.4

及び

表 D.5

による。

II

類に区分される製品の寸法及び寸法の許容差は,受渡当事者間の協議による。

1) 

積みブロック

  積みブロックの寸法及び寸法の許容差は,

表 D.4

による。

表 D.4

積みブロックの寸法及び寸法の許容差 

単位  mm

種類

高さ

控長

積みブロック

長方形

寸法 350∼500 250∼350 350∼500

許容差

±3

±3

±5

正方形

寸法 300∼350 300∼350 350∼500

許容差

±3

±3

±5

正六角形

寸法 190∼200(一辺の長さ) 350∼500

許容差

±3

±3

±5

注記 1  面には,実用上差し支えない範囲で適切な凹凸を設けることができる。 
注記 2  面には,面取りを施してもよい。 
注記 3  面取りに相当する部分は,控長に含めることができる。 
注記 4  施工目地などを考慮した面寸法のものも含めることができる。 
注記 5  幅,高さ及び控長は,図 D.1 を参照する。

2) 

大形積みブロック

  大形積みブロックの寸法及び寸法の許容差は,

表 D.5

による。


49

A 5371

:2016

表 D.5

大形積みブロックの寸法及び寸法の許容差 

単位  mm

種類

高さ

控長

大形積みブロック

長方形

寸法 1

000∼2 000

500∼1 200

350∼1 500

許容差

±5

±5

+10 
− 5

正方形

寸法 1

000∼1 500

1 000∼1 500

350∼1 500

許容差

±5

±5

+10 
− 5

注記 1  面には,実用上差し支えない範囲で適切な凹凸を設けることができる。 
注記 2  面には,面取りを施してもよい。 
注記 3  面取りに相当する部分は,控長に含めることができる。 
注記 4  施工目地などを考慮した面寸法のものも含めることができる。 
注記 5  幅,高さ及び控長は,図 D.2 を参照する。

D.5 

コンクリートの品質 

D.5.1 

材料及び製造方法 

コンクリートに使用する材料及び製造方法は,箇条

7

による。

D.5.2 

圧縮強度 

コンクリートの圧縮強度は,所定の材齢において

表 D.6

の値を満足しなければならない。

なお,

II

類は,受渡当事者間の協議による。

表 D.6

コンクリートの圧縮強度 

単位  N/mm

2

種類

コンクリートの圧縮強度

積みブロック 18 以上

大形積みブロック 21 以上

D.6 

試験方法 

コンクリートの圧縮強度試験は,

JIS A 1108

又は

JIS A 1107

による。

なお,供試体は製品と同一養生を行ったものとする。

D.7 

検査 

検査は,

JIS A 5365

によるほか,次による。

a) 

最終検査

  ブロック式擁壁類の最終検査は,外観,性能,形状及び寸法について行い,次による。

1) 

外観

  外観については,製品の特性,製造方法,製造数量などを考慮して,抜取検査とする。

2) 

性能,形状及び寸法

  性能,形状及び寸法については,抜取検査とする。

3) 

検査ロットの大きさ

  検査ロットの大きさは,製品の特性,製造方法,製造数量,製造期間,受注

数量などを考慮し製造業者が定める。

検査ロットは,製品の特性,使用材料,コンクリートの配合,製造方法などが同じものとする。

b) 

受渡検査

  ブロック式擁壁類の受渡検査は,外観,形状及び寸法について行う。検査ロットの大きさ

及び抜取方式は,受渡当事者間の協議によって,購入者が定める。ただし,受渡当事者間の協議によ

って,省略することができる。


50

A 5371

:2016

D.8 

表示 

ブロック式擁壁類には,

JIS A 5361

によって,次の事項を表示する。

a)

種類又はその略号

b)

製造業者名又はその略号

c)

製造年月日又はその略号

d)

リサイクル材を用いている場合には,その旨を表示

D.9 

その他(推奨仕様) 

ブロック式擁壁類の

I

類を,

表 D.7

に示す。

表 D.7

推奨仕様 

構造別製品群規格

推奨仕様

JIS A 5371 

附属書 D  ブロック式擁壁類

推奨仕様 D-1  積みブロック 
推奨仕様 D-2  大形積みブロック


51

A 5371

:2016

推奨仕様 D-1

積みブロック

D-1.1 

概要 

この推奨仕様は,

附属書 D

のうち,ブロック式擁壁類

I

類の積みブロックについて記載する。

D-1.2 

種類 

積みブロックの種類は,質量区分,面の形状及び寸法によって,

推奨仕様 D-1  表 1

のとおり区分する。

推奨仕様 D-1  表 1

積みブロックの種類 

種類

摘要

質量区分

a)

面の形状

 1 
 2 
 3 
 4 
 5 
 6 
 7

A 及び B

長方形

 8 
 9 
10

正方形

11 
12

正六角形

a)

  質量区分は,施工面積 1 m

2

当たりのブロック質量

によって,A は 350 kg 以上,B は 350 kg 未満に区
分したものである。

D-1.3 

性能 

積みブロックの性能は,コンクリートの圧縮強度を代用特性とし,

18 N/mm

2

以上とする。

D-1.4 

形状,寸法及び寸法の許容差 

積みブロックの形状,寸法及び寸法の許容差は,

推奨仕様 D-1  表 2

による。

なお,

D.4

に規定する範囲で基準寸法を変更した場合,購入者の要求があったときには製造業者は,そ

の積みブロックが,

表 D.3

の規定に適合していることを示す設計図書又は性能試験の資料を提示しなけれ

ばならない。


52

A 5371

:2016

推奨仕様 D-1  表 2

積みブロックの例図,形状,寸法及び寸法の許容差 

 
 

記号

記号の意味

面の幅

面の高さ

面の一辺の長さ

控長

面取り幅

y 

面取りに相当する幅

dd

合端

 

単位  mm

種類

寸法

質量区分

面の形状

幅(a

高さ(b

控長(r

 1 
 2 
 3 
 4 
 5 
 6 
 7

A 及び B

長方形

360 
400 
400 
420 
424 
450 
500

300 
250 
300 
280 
283 
300 
250

350∼500

 8 
 9 
10

正方形

300 
330 
350

300 
330 
350

11 
12

正六角形

190(一辺の長さ c) 
200(一辺の長さ c

寸法の許容差

±3

±3

±5

注記 1  面には,実用上差し支えない範囲で適切な凹凸を設けることがで

きる。

注記 2  面には,面取りを施してもよい。 
注記 3  面取りに相当する部分は,控長に含めることができる。 
注記 4  施工目地などを考慮した面寸法のものも含めることができる。

D-1.5 

コンクリートの品質 

コンクリートの品質は,

D.5.2

による。

D-1.6 

試験方法 

積みブロックの強度試験は,

D.6

による。


53

A 5371

:2016

D-1.7 

検査 

D-1.7.1 

検査項目 

積みブロックの検査項目は,次による。

a) 

最終検査

  最終検査項目は,次による。

1)

外観

2)

性能

3)

形状及び寸法

b) 

受渡検査

  受渡検査項目は,次による。ただし,受渡当事者間の協議によって,省略することができ

る。

1)

外観

2)

形状及び寸法

D-1.7.2 

検査ロット 

積みブロックの検査ロットの大きさは,製品の特性,製造方法,製造数量,製造期間,受注数量などを

考慮し,最終検査は製造業者が定め,受渡検査は,受渡当事者間の協議によって購入者が定める。ただし,

検査ロットの大きさは,

1 000

個又は端数を

1

ロットとしてもよい。

D-1.7.3 

検査方法 

積みブロックの検査方法は,次による。

a) 

最終検査

  最終検査方法は,次による。

1) 

外観

  外観の検査は,

1

ロットから任意に

2

個抜き取り,

2

個とも

5.1

の規定に適合すれば,そのロ

ットを合格とする。この検査で

1

個でも適合しないときは,そのロット全数について検査を行い,

規定に適合すれば合格とする。

2) 

性能

  性能の検査は,

1

ロットから任意に

2

個抜き取り,

D-1.6

によって行い,

2

個とも

D-1.3

の規

定に適合すれば,そのロットを合格とし,

2

個とも適合しなければ,そのロットを不合格とする。

この検査で,

2

個のうち

1

個だけ規定に適合しないときは,そのロットから更に

4

個抜き取り,

4

個とも規定に適合すれば,初めの不合格品を除きそのロットを合格とし,

1

個でも適合しないとき

は,そのロットを不合格とする。

3) 

形状及び寸法

  形状及び寸法の検査は,

1

ロットから任意に

2

個抜き取り,

2

個とも

D-1.4

の規定に

適合すれば,そのロットを合格とする。この検査で

1

個でも適合しないときは,そのロット全数に

ついて検査を行い,規定に適合すれば合格とする。

b) 

受渡検査

  受渡検査方法は,次による。

1) 

外観

  外観の検査は,

a) 1)

に準じる。

2) 

形状及び寸法

  形状及び寸法の検査は,

a) 3)

に準じる。

D-1.8 

表示 

この規格の全ての要求事項に適合した積みブロックには,

D.8

によって表示する。


54

A 5371

:2016

推奨仕様 D-2

大形積みブロック

D-2.1 

概要 

この推奨仕様は,

附属書 D

のうち,ブロック式擁壁類

I

類の大形積みブロックについて記載する。

D-2.2 

種類 

大形積みブロックの種類は,質量区分,面の形状及び寸法によって,

推奨仕様 D-2  表 1

のとおり区分す

る。

推奨仕様 D-2  表 1

大形積みブロックの種類 

種類

摘要

質量区分

a)

面の形状








8

A

長方形

9

正方形

大形積みブロックは,面寸法を大形化したもの,又は

控長も長尺化したものである。 

a)

  質量区分は,施工面積 1 m

2

当たりのブロック質量

によって,A は 350 kg 以上に区分したものである。

D-2.3 

性能 

大形積みブロックの性能は,コンクリートの圧縮強度を代用特性とし,

21 N/mm

2

以上とする。

D-2.4 

形状,寸法及び寸法の許容差 

大形積みブロックの形状,寸法及び寸法の許容差は,

推奨仕様 D-2  表 2

による。

なお,

D.4

に規定する範囲で基準寸法を変更した場合,購入者の要求があったときには製造業者は,そ

の大形積みブロックが,

表 D.3

の規定に適合していることを示す設計図書又は性能試験の資料を提示しな

ければならない。


55

A 5371

:2016

推奨仕様 D-2  表 2

大形積みブロックの例図,形状,寸法及び寸法の許容差 

 
 

記号

記号の意味

面の幅

面の高さ

控長

面取り幅

y 

面取りに相当する幅

dd

合端

単位  mm

種類

寸法

質量区分

面の形状

幅(a

高さ(b

控長(r








8

A

長方形

1 000 
1 250 
1 250 
1 500 
1 500 
1 500 
2 000 
2 000

500 
800 
894 
666

1 000

1 118

1 000

1 118

350∼

1 500

9

正方形

1 000

1 000

寸法の許容差

±5

±5

+10

− 5

注記 1  面には,実用上差し支えない範囲で適切な凹凸を設けることがで

きる。

注記 2  面には,面取りを施してもよい。 
注記 3  面取りに相当する部分は,控長に含めることができる。 
注記 4  施工目地などを考慮した面寸法のものも含めることができる。

D-2.5 

コンクリートの品質 

コンクリートの品質は,

D.5.2

による。

D-2.6 

試験方法 

大形積みブロックの強度試験は,

D.6

による。

D-2.7 

検査 

D-2.7.1 

検査項目 

大形積みブロックの検査項目は,次による。


56

A 5371

:2016

a) 

最終検査

  最終検査項目は,次による。

1)

外観

2)

性能

3)

形状及び寸法

b) 

受渡検査

  受渡検査項目は,次による。ただし,受渡当事者間の協議によって,省略することができ

る。

1)

外観

2)

形状及び寸法

D-2.7.2 

検査ロット 

大形積みブロックの検査ロットの大きさは,製品の特性,製造方法,製造数量,製造期間,受注数量な

どを考慮し,最終検査は製造業者が定め,受渡検査は,受渡当事者間の協議によって購入者が定める。た

だし,検査ロットの大きさは,

500

個又は端数を

1

ロットとしてもよい。

D-2.7.3 

検査方法 

大形積みブロックの検査方法は,次による。

a) 

最終検査

  最終検査方法は,次による。

1) 

外観

  外観の検査は,

1

ロットから任意に

2

個抜き取り,

2

個とも

5.1

の規定に適合すれば,そのロ

ットを合格とする。この検査で

1

個でも適合しないときは,そのロット全数について検査を行い,

規定に適合すれば合格とする。

2) 

性能

  性能の検査は,

1

ロットから任意に

2

個抜き取り,

D-2.6

によって行い,

2

個とも

D-2.3

の規

定に適合すれば,そのロットを合格とし,

2

個とも適合しなければ,そのロットを不合格とする。

この検査で,

2

個のうち

1

個だけ規定に適合しないときは,そのロットから更に

4

個抜き取り,

4

個とも規定に適合すれば,初めの不合格品を除きそのロットを合格とし,

1

個でも適合しないとき

は,そのロットを不合格とする。

3) 

形状及び寸法

  形状及び寸法の検査は,

1

ロットから任意に

2

個抜き取り,

2

個とも

D-2.4

の規定に

適合すれば,そのロットを合格とする。この検査で

1

個でも適合しないときは,そのロット全数に

ついて検査を行い,規定に適合すれば合格とする。

b) 

受渡検査

  受渡検査方法は,次による。

1) 

外観

  外観の検査は,

a) 1)

に準じる。

2) 

形状及び寸法

  形状及び寸法の検査は,

a) 3)

に準じる。

D-2.8 

表示 

この規格の全ての要求事項に適合した大形積みブロックには,

D.8

によって表示する。


57

A 5371

:2016

附属書 E

(参考)

技術上重要な改正に関する新旧対照表

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号

及び題名

内容

箇条番号

及び題名

内容

5  品質 5.1

外観

 
 
 
5.2  性能 
URC 製品の種類に応じた性能は,表 2 の規定に適合
しなければならない。ただし,性能の照査に性能試
験を適用する場合には,8.2 による。

5  品質 5.1

外観

また,水路用 URC 製品の流水面は,実用上支障のな

い程度に滑らかでなければならない。 
 
5.2  性能 
性能は,箇条 8 の試験を行ったとき,表 2 の規定に
適合しなければならない。

流水面の滑らかさは,流れに影響
する性能を含むため,該当する附

属書 A 及び附属書 C の表 3 に移

行した。 
 
性能と性能試験を分け,性能だけ

の規定とした。また,性能試験を
行う場合について 8.2 と関連付け

た。

9  検査 9.3

検査の判定

検査の判定方法は,JIS A 5365 による。

9  検査

基本規格 JIS A 5365 と整合させ

細分箇条を設けた。

11  表示 a)“II 類”の文字又はその略号

11  表示 a)“II 類”の文字

“類”の文字は画数が多く,製品

に押印したとき,潰れるなどして
印字されることがあるため。

附属書 A

(規定)

暗きょ類 
A.3  性能

暗きょ類の性能及び性能照査方法は,次による。 
a)  I 類に区分される製品  製品の性能は,推奨仕様
A-1 の規定に適合しなければならない。 
b)  II 類に区分される製品  製品の性能は,JIS A 
5362

の箇条 4 及び箇条 5 の規定に従い,受渡当事者

間の協議によって定める。一般には表 A.3 の規定に
よってもよい。

附属書 A

(規定)

暗きょ類 
A.3  性能

暗きょ類の性能は,表 A.3 の規定に適合しなければ
ならない。

なお,II 類の性能項目は,受渡当事者間の協議によ
る。

I 類は,それぞれの推奨仕様に適
合すること,II 類は,基本規格 JIS 

A 5362

に適合することを明示し

た。

 
 
 
 
 

57

A

 5

371


20
16


58

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

附属書 A

(規定)

暗きょ類 
A.3  性能 
(続き)

表 A.3−暗きょ類の性能及び性能照査方法

a)

  耐久性の照査は,水セメント比,又は水セ

メント比及び空気量が同等で,かつ,製造方法が

同様の製品の実績によってもよい。

附属書 A

(規定)

暗きょ類 
A.3  性能 
(続き)

表 A.3−暗きょ類の性能

a)

  耐久性能の確認は,水セメント比及び/又

は空気量が同等な類似製品の実績から判断して

もよい。

表の見出し欄及び欄の規定を,基

本規格 JIS A 5362 に整合させた。 
 
空気量だけが同等であっても耐

久性は同等とみなしにくいため。

また,製造方法によっても耐久性
は影響を受けるため。

A.4  形状,
寸 法 及 び

寸 法 の 許
容差

表 A.4−無筋コンクリート管の寸法及び寸法の許容

注記 1  面取り,切欠き,実用上差し支えない範
囲での凹凸など,形状に影響を与えず強度を損な
わない程度の加工を行ってもよい。

A.4  形状,
寸 法 及 び

寸 法 の 許
容差

表 A.4−無筋コンクリート管の寸法及び寸法の許容

受口に面取りを付けるなど実態

に即して,注記 1 を追加した。 
 
 
 

A.6  試 験
方法

A.6.2  製品の曲げ耐力試験 
製品の曲げ耐力試験は,JIS A 5363 に規定する曲げ

耐力試験方法による。

A.5  試 験
方法

A.5.2  曲げ強度試験 
曲げ強度試験は,JIS A 5363 による。

本体に合わせ,箇条を入れ替え
た。 
 
性能を曲げ強度から曲げ耐力に
したことによる。

推 奨 仕 様
A-1  無 筋
コ ン ク リ
ート管 
A-1.2  種類

推奨仕様 A-1  表 1−管の種類及び曲げひび割れ耐力

単位

  kN・m/m

種類

曲げひび割れ耐力

100

0.595

150

0.708

200

0.814

250

0.922

300

1.10

推 奨 仕 様
A-1  無 筋
コ ン ク リ
ート管 
A-1.2  種類

推奨仕様 A-1  表 1−管の種類及び曲げ強度荷重

単位

  kN/m

種類

曲げ強度荷重

100

30

150

25

200

22

250

20

300

性能を曲げ強度から曲げひび割

れ耐力としたため。 
 
 
 
 
 
 
 

A-1.3  性能 管の性能は曲げひび割れ耐力とし,推奨仕様 A-1  表

1 に規定する値以上とする。

A-1.3  性能

( 曲 げ 強

度)

管は,A-1.5 に規定する曲げ強度試験を行い,推奨仕

様 A-1  表 1 に規定する曲げ強度荷重を加えたとき,

ひび割れが発生してはならない。

性能を曲げ強度から曲げひび割

れ耐力としたため。

 

58

A

 5

371


20
16


59

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

A-1.6  製品
の 曲 げ 耐

力試験

管の曲げ耐力試験は,管を推奨仕様 A-1  図 1 のよう

に据え付け,曲げひび割れ耐力に相当する荷重で,

ひび割れの有無を調べる。曲げひび割れ耐力に相当
する荷重を推奨仕様 A-1  表 3 に示す。 
 
曲げ耐力試験を行うときは,…厚さ約 20 mm のゴム

1)

 及び…

1)

  支点及び載荷点の不陸の影響を吸収すること

ができる程度の硬さ及び幅のものがよい。

推奨仕様 A-1  表 3−管の荷重

単位

  kN/m

種類

荷重

100

30

150

25

200

22

250

20

300 
350

22

400

24

450

27

500

30

600

36

A-1.5  曲げ
強度試験

曲げ強度試験は,管を推奨仕様 A-1  図 1 のように据

え付け,推奨仕様 A-1  表 1 に規定する曲げ強度荷重

において,ひび割れの有無を調べる。 
 
 
曲げ強度試験を行うときは,…厚さ約 20 mm のゴム
板及び…

箇条を本体に合わせ入れ替えた。 
 
性能を曲げ強度から曲げ耐力と
したため。 
 
試験のしやすさを考慮し,曲げひ
び割れ耐力に相当する荷重表を

掲載した。 
 
ゴム板は,試験を行う製品に合っ

た適当な硬さ及び大きさのもの

を選定するのがよいことを,追加
情報として示した。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

59

A

 5

371


20
16


60

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

附属書 B

(規定)

舗装・境界
ブ ロ ッ ク

類 
B.3  性能

舗装・境界ブロック類の性能及び性能照査方法は,
次による。 
a)  I 類に区分される製品  製品の性能は,推奨仕様
B-1,推奨仕様 B-2 又は推奨仕様 B-3 の規定に適合し
なければならない。 
b)  II 類に区分される製品  製品の性能は,JIS A 
5362

の箇条 4 及び箇条 5 の規定に従い,受渡当事者

間の協議によって定める。一般には表 B.3 の規定に

よってもよい。 
 
表 B.3−舗装・境界ブロック類の性能及び性能照査
方法

a)

  耐久性の照査は,水セメント比,又は水セ

メント比及び空気量が同等で,かつ,製造方法が

同様の製品の実績によってもよい。

附属書 B

(規定)

舗装・境界
ブ ロ ッ ク

類 
B.3  性能

舗装・境界ブロック類の性能は,表 B.3 の規定に適
合しなければならない。

なお,II 類の性能項目は,受渡当事者間の協議によ
る。 
 
 
 
 
 
 
表 B.3−舗装・境界ブロック類の性能

a)

  耐久性能の確認は,水セメント比及び/又

は空気量が同等な類似製品の実績から判断して
もよい。

I 類は,それぞれの推奨仕様に適
合すること,II 類は,基本規格 JIS 

A 5362

に適合することを明示し

た。 
 
 
 
 
 
 
表の見出し欄及び欄の規定を,基

本規格 JIS A 5362 に整合させた。 
 
空気量だけが同等であっても耐

久性は同等とみなしにくいため。 
また,製造方法によっても耐久性

は影響を受けるため。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

60

A

 5

371


20
16


61

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

B.4  形状,
寸 法 及 び

寸 法 の 許
容差

a)  形状 
2)  境界ブロック

図 B.2−境界ブロックの形状例

B.4  形状,
寸 法 及 び

寸 法 の 許
容差

a)  形状 
2)  境界ブロック

図 B.2−境界ブロックの形状例

“上面の幅”の寸法引出し位置

(仮想点)を明確にした。

 b)

寸法及び寸法の許容差

3)  インターロッキングブロック 
インターロッキングブロックの寸法及び寸法の許容

差は,表 B.6 による。また,ブロックの幅及び長さ
は,次の式を満足しなければならない。

65

.

0

t

s

A

A

  ここに, A

s

: ブロックの全側面積

A

t

: ブロックの上面積

 b)

寸法及び寸法の許容差

3)  インターロッキングブロック 
インターロッキングブロックの寸法及び寸法の許容

差は,表 B.6 による。

 
かみ合わせ効果を示す式を表 B.6
の注

a)

 から本文へ移行した。

B.5  コ ン
ク リ ー ト

の品質

 B.5

試 験

方法

箇条を本体に合わせ入れ替えた。

 
 
 

61

A

 5

371


20
16


62

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

B.5  コ ン
ク リ ー ト

の品質 
(続き)

表 B.7−コンクリートの圧縮強度又は曲げ強度

圧縮強度又は曲げ強度は,製品それぞれの種類

による。

−  インターロッキングブロックは,製品の圧縮

強度をコンクリートの圧縮強度として代用

してもよい。

−  平板及びインターロッキングブロックのコ

ンクリートの曲げ強度は製品の曲げ耐力試

験から求めてよい。ただし,曲げ強度は次の

式によって算出し,数値は四捨五入を行い有
効数字 3 桁に丸める。

F

d

b

L

×

×

×

=

2

2

3

σ

B.5  試 験
方法

(続き)

B.5.3  透水性試験 
透水性試験は,図 B.4 に示す型枠内に供試体を固定

し,型枠を図 B.5 に示す水槽の中で型枠上部の越流
口から水が越流するまで注水した後,一定の水位が

保てるように注水を調整,水頭差(型枠水面と水槽

水面との差)を測定し,30 秒間に排水される水量 Q
(cm

3

)をメスシリンダーではかる。

 
 
 
透水係数は,次の式によって算出する。

30

×

×

Δ

=

A

Q

h

t

k

ここに,  k:透水係数(cm/s)

箇条の入れ替え。 
 
 
 
 
 
曲げ強度式は,推奨仕様 B-1 と推

奨仕様 B-3 に共通であるため,附

属書 B の表 B.7 へ移行した。 
 
 
 
 
 

 B.6.3

透水性試験

透水性試験は,図 B.4 に示す鋼製枠内に製品又は製

品から切り出した供試体を装着し,これを図 B.5 に
示す水槽の中に設置する。鋼製枠の上部から注水

1)

して水槽を満たし,鋼製枠の越流口と水槽の排水口

から定常的に排水されるよう注水を調整する。この
ときの鋼製枠及び水槽の水面の高さの差(水頭差)

及びメスシリンダーなど

2)

  を用いて 30 秒間に排水

口から排出された水量 Q(cm

3

)を測定する。

1)

  水は上水道水など清浄な水とする。

2)

  排出された水量は,体積だけでなく質量で測

定してもよい。

透水係数は,次の式によって算出し,数値は四捨五

入を行い有効数字 2 桁に丸める。

100

1

30

×

×

×

Δ

=

A

Q

h

t

k

ここに,  k:透水係数(m/s)

 B.5.4

保水性試験

B.5.4.1  保水性試験 
保水性試験は,保水量を求める。試験に用いる供試
体は,ブロック有姿とする。保水量は,湿潤質量と

絶乾質量及び供試体の体積を求め,次の式によって

算出する。このとき,体積は製品寸法から算出し,
表面積に厚さを乗じたものとする。表面積は公称寸

法から求めてよい。保水量の数値は,小数点以下 2

けたに丸める。 

図と規定文の用語を統一,及び数
値の丸め方を明示するなどして

試験方法を分かりやすく修正し
た。 
 
 
 
 
 
 
 
 
透水係数の単位を JIS A 1218(土

の透水試験方法)に合わせた。 

62

A

 5

371


20
16


63

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

B.6  試 験
方法

B.6.4  保水性試験 
B.6.4.1  保水量試験 
保水量試験に用いる供試体はブロック有姿とし,製
品を温度 105±5  ℃の乾燥機で一定質量になるまで

乾燥した後,常温まで冷却したものとする。このと

きの供試体の質量を量り,これを絶乾質量(m

d

)と

する。この供試体を 15∼25  ℃の水中に 24 時間浸せ

きした後,15∼30  ℃の室内で図 B.6 に示すプラスチ

ック製の密閉容器中に 30 分間静置した後取り出し
て湿った布で表面の水膜を拭き取って質量を量り,

これを湿潤質量(m

w

)とする。供試体の体積(V

は,表面積に厚さを乗じたものとする。厚さは 3 か
所,幅及び長さは 2 か所測定し,その平均値とする。

なお,表面積は公称寸法から求めてもよい。保水量

w

r

)は,次の式によって算出し,数値は四捨五入

を行い小数点以下 2 桁に丸める。 
 
B.6.4.2  吸上げ試験 
吸上げ試験に用いる供試体はブロック有姿とし,製

品を温度 105±5  ℃の乾燥機で一定質量になるまで
乾燥した後,常温まで冷却したものとする。…吸上
げ率(h

a

)は,次の式によって算出し,数値は四捨

五入を行い整数に丸める。

100

d

w

d

a

a

×

=

m

m

m

m

h

B.5  試 験
方法

B.5.4.2  吸水性試験 
設置時の水位はブロック底面から 5 mm の高さとな

るようにし,水は 15∼25  ℃の清水とする。供試体
設置台の上面には,金網などブロックの底面に水が

回る材料を用いる。30 分経過後にブロックを取り出

し,水が滴り落ちない程度まで水を切り,絞ったぬ
れウエスで目に見える水膜をぬぐう。このときの質

量を 30 分後の吸上げ質量とする。ブロックを湿潤状

態とし,湿潤質量をはかる。吸上げ高さは,次の式
によって求め,数値は整数に丸める。

100

×

=

d

w

d

a

a

m

m

m

m

h

 

第 2 層の細分箇条の題名を,試験

内容を表す“保水量”試験とした。

 
図と規定文の用語を統一,及び数

値の丸め方を明示するなどして

試験方法を分かりやすく修正し
た。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第 2 層の細別箇条の題名を,試験
内容を表す“吸上げ”試験とした。

 
図と規定文の用語を統一,及び数
値の丸め方を明示するなどして

試験方法を分かりやすく修正し

た。 

 
 
 
 
 
 

63

A

 5

371


20
16


64

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

推 奨 仕 様
B-1  平板 
B-1.2  種類

推奨仕様 B-1  表 1−平板の種類 

推 奨 仕 様
B-1  平板 
B-1.2  種類

推奨仕様 B-1  表 1−平板の種類

注記 1  露出面を着色したり,表面加工(研磨,
洗い出し,たたき出しなど)を施すことができる

ものとする。 
注記 2  面取り,切欠き又は突起は,形状に影響

を与えず,かつ,強度を損なわない程度の加工は

差し支えない。

注記 1 及び注記 2 は,製品の種類

ではないため,推奨仕様 B-1  表 5

の注記へ移行した。 
 
 
 
 

B-1.3  性能 B-1.3.1  曲げひび割れ耐力

推奨仕様 B-1  表 2−平板の曲げひび割れ耐力 
表中抜粋

単位

  kN・m

曲げひび割れ耐力

厚さ 30 mm

厚さ 60 mm

厚さ 80 mm

B-1.3  性能 B-1.3.1  曲げ強度

推奨仕様 B-1  表 2−平板の曲げ強度荷重 
 
推奨仕様 B-1  表 3−平板の曲げ強度

性能を曲げひび割れ耐力とした

ことから,曲げ強度荷重及び曲げ
強度の表を削除し,曲げひび割れ

耐力の表とした。 
 
 

 B-1.3.2

透水性

推奨仕様 B-1  表 3−透水性平板の透水性

単位

  m/s

種類

透水係数

略号

透水性平板 P 1×10

4

 B-1.3.2

透水性

推奨仕様 B-1  表 4−平板の透水性

単位

  cm/s

種類

透水性

略号

透水性平板 P

透水係数

1×10

2

以上

透水係数の単位を,JIS A 1218(土
の透水試験方法)に合わせ,m/s

とした。 
 
 
 
 

B-1.4

状,寸法及

び 寸 法 の
許容差

推奨仕様 B-1  表 5−平板の形状,寸法及び寸法の許
容差

注記 1  露出面を着色したり,… 
注記 2  面取り,切欠き又は…

B-1.4

状,寸法及

び 寸 法 の
許容差

推奨仕様 B-1  表 6−平板の形状,寸法及び寸法の許
容差

推奨仕様 B-1  表 1 から注記 1 及

び注記 2 を移行させた。 
 
 

 
 
 
 

64

A

 5

371


20
16


65

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

B-1.6  試験 B-1.6.1  製品の曲げ耐力試験

 
曲げ耐力試験を行うときは,…ゴム板

3)

 を挿入し…

3)

  支点及び載荷点の不陸の影響を吸収すること

ができる程度の硬さ,厚さ及び幅のものがよ

い。

推奨仕様 B-1  表 6−平板の曲げひび割れ荷重

単位

  kN

種類

曲げひび割れ荷重

スパン

L

(mm)

略号

呼び

厚さ

30 mm

厚さ

60 mm

厚さ

80 mm

普通

平板

N

300 3.0  12.0

21.4

240

400 4.0  16.0

28.5

450

− 18.0

32.0

500

− 20.0

35.6

透水

性平

P

300

9.0

16.0

240

400

− 12.0

21.4

450

− 13.5

24.0

500

− 15.0

26.7

保水

性平

M

300

9.0

16.0

240

400

− 12.0

21.4

B-1.5  試験 B-1.5.1  曲げ強度試験

 
曲げ強度試験を行うときは,…ゴム板を挿入し… 

F

d

b

L

×

×

=

2

2

3

σ

ここに,

σ: 曲げ強度(N/mm

2

b: 普通平板,透水平板の

有効幅(mm)

d: 平板の厚さ(mm)

L: スパン(mm)

F: 最大荷重(N)

 

箇条を本体に合わせ入れ替えた。 
 
ゴム板は,試験を行う製品に合っ
た適当な硬さ及び大きさのもの

を選定するのがよいことを,追加

情報として示した。 
 
曲げ強度式は,推奨仕様 B-1 と推

奨仕様 B-3 に共通であるため,附
属書 B の表 B.7 へ移行した。 
 
試験のしやすさを考慮し,曲げひ
び割れ耐力に相当する荷重表を

掲載した。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 B-1.6.3.1

保水量試験

 
 
 
B-1.6.3.2  吸上げ試験

 B-1.5.3.1

保水性試験

 
 
 
B-1.5.3.2  吸水性試験

第 1 層及び第 2 層の細別箇条の題
名が同じであったため,試験内容

を表す題名とした。 
 
試験内容を表す題名とした。

65

A

 5

371


20
16


66

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

B-1.7  検査 B-1.7.2  検査ロット

ただし,検査ロットの大きさは,2 000 個又は端数を
1 ロットとしてもよい。 
 
 
B-1.7.3  検査方法 
a)  最終検査 
2)  性能  性能の検査は,B-1.6.1 及び/又は…その

ロットを不合格とする。

3)  形状及び寸法  形状及び寸法の検査は,…その

ロットを不合格とする。

 
b)  受渡検査 
1)  外観  外観検査は,1 ロットから任意に…そのロ

ットを不合格とする。

B-1.7  検査 B-1.7.2  検査ロット

ただし,検査ロットの大きさは,種類及び呼びを異
にするごとに,2 000 個又は端数を 1 ロットとしても
よい。 
 
B-1.7.3  検査方法 
a)  最終検査 
2)  性能  性能の検査は,B-1.5.1 及び/又は…その

ロット全部を不合格とする。

3)  形状及び寸法  形状及び寸法の検査は,…そのロ

ット全部を不合格とする。

 
b)  受渡検査 
1)  外観  外観検査は,a)  に準じる。

抜取検査を採用する場合には,1 ロットから任

意に…そのロット全部を不合格とする。

前文の規定“製品の特性,製造方

法”と重複するため。 
 
 
 
合否の判定方法を,より明瞭な規
定文に修正した。 
 
 
 
 
 
合否の判定方法を,より明瞭な規

定文に修正した。

推 奨 仕 様
B-2  境 界
ブロック 
B-2.3  性能

推奨仕様 B-2  表 2−ブロックの曲げひび割れ耐力

単位

  kN・m

種類

曲げひび

割れ耐力

略号

呼び

片面歩車道境

界ブロック

A

2.99

B

5.20

C

7.80

両面歩車道境

界ブロック

A

3.12

B

5.46

C

8.19

地先境界ブロ

ック

A

0.84

B

1.04

C

1.69

推 奨 仕 様
B-2  境 界
ブロック 
B-2.3  性能
( 曲 げ 強
度)

推奨仕様 B-2  表 2−ブロックの曲げ強度荷重

単位

  kN

種類

曲げ強度荷重



l=600 mm,

1 000 mm

l=2 000

mm

片 面 歩 車
道 境 界 ブ

ロック

片  A

23

12

B

40

21

C

60

31.5

両 面 歩 車
道 境 界 ブ

ロック

両  A

24

12.5

B

42

22

C

63

33

地 先 境 界
ブロック

地  A

6.5

B

8

C

13

性能を曲げひび割れ耐力とした

ことから,曲げ強度荷重及び曲げ

強度の表を削除し,曲げひび割れ
耐力の表とした。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

66

A

 5

371


20
16


67

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

B-2.6  製品
の 曲 げ 耐

力試験

 
 
曲げ耐力試験を行うときは,…ゴム板

4)

 を挿入し…

4)

  支点及び載荷点の不陸の影響を吸収すること

ができる程度の硬さ,厚さ及び幅のものがよ

い。

 
推奨仕様 B-2  図 4−曲げ耐力試験方法 
注記  曲げひび割れ耐力が同じであれば,スパンを
変更することができる。

B-2.5  曲げ
強度試験

 
 
曲げ強度試験を行うときは,…ゴム板を挿入し… 
 
 
 
 
推奨仕様 B-2  図 4−曲げ強度試験方法

箇条を本体に合わせて入れ替え

た。

ゴム板は,試験を行う製品に合っ
た適当な硬さ及び大きさのもの

を選定するのがよいことを,追加

情報として示した。 
 
注記を追加し,試験機の実態に即

して,スパンを変更することがで
きるとした。

推奨仕様 B-2  表 4−ブロックのスパン及び荷重

種類

l=600 mm,

1 000 mm

l=2 000 mm



スパン

mm

荷重

kN

スパン

mm

荷重

kN

片 面

歩 車

道 境
界 ブ

ロ ッ

A

520

23

1 000

12

B 40  21

C 60  31.5

両 面

歩 車
道 境

界 ブ

ロ ッ

A 24  12.5

B 42  22

C 63  33

地 先

境 界

ブ ロ
ック

地  A 6.5

B 8  −

C 13

 
試験のしやすさを考慮し,曲げひ
び割れ耐力に相当する荷重表を

掲載した。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

67

A

 5

371


20
16


68

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

推 奨 仕 様
B-2-1 ( 参
考) 
曲 線 部 ブ

ロ ッ ク 及

び 横 断 部
ブロック

推 奨 仕 様
B-2-1 
曲 線 部 ブ
ロ ッ ク 及

び 横 断 部

ブロック

規定条項がないため,“参考”と

した。

推 奨 仕 様
B-3  イ ン
タ ー ロ ッ
キ ン グ ブ

ロック 
B-3.2  種類

推奨仕様 B-3  表 1−ブロックの種類

注記  ブロックに孔及び/又は凹部を設け,植生

を目的としたブロックとすることができ

る。

a)

  呼びは,厚さによる区分とする。

推 奨 仕 様
B-3  イ ン
タ ー ロ ッ
キ ン グ ブ

ロック 
B-3.2  種類

推奨仕様 B-3  表 1−ブロックの種類

注記 1  意匠として着色,表面加工(ショットブ

ラスト,研磨,洗い出しなど)を施すこ

とができる。

注記 2  面には実用上差し支えない範囲で,適切

な凹凸を設けることができる。

注記 3  面の角には,面取りを行ってもよい。 
注記 4  ブロックに孔及び/又は凹部を設け,植

生を目的としたブロックとすることが

できる。

注記 5  目地幅を確保するために周囲にスペー

サー的突起(以下,目地キープという。

を設ける。ただし,製品によっては,設
けない場合もある。

a)

  呼びは,厚さ寸法による区分とし,数値は

厚さ(mm)を示した。

注記 1,注記 2,注記 3 及び注記
5 は種類ではないため,推奨仕様
B-3  表 5 へ移行した。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

68

A

 5

371


20
16


69

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

B-3.3  性能 B-3.3.1  コンクリートの強度

ブロックの性能は,コンクリートの曲げ強度又は

圧縮強度を代用特性とし,推奨仕様 B-3  表 2 に規定
する値以上とする。 

推奨仕様 B-3  表 2−コンクリートの強度

保水性ブ

ロック

M 3 3.0 17.0

主に歩道用

5 5.0 32.0

主に歩道,車道

B-3.3  性能 B-3.3.1  強度

ブロックの強度は,B-3.5.1.1 又は B-3.5.1.2 に規定

する強度試験を行い,推奨仕様 B-3  表 2 による。 
 

推奨仕様 B-3  表 2−ブロックの強度

保水性ブ

ロック

M

3

3.0
以上

17.0
以上

主に歩道用

5

5.0
以上

32.0
以上

主に歩道,車

道用

a)

  圧縮強度は,通常ブロックの形状の理由に

よって曲げ強度試験ができない場合に適用
し,B-3.5.1.2 に規定する圧縮強度試験によ

って行う。

 
コンクリートの強度は,他の幾つ

かの性能にも関連するため,代用
特性として位置付けた。 
 
 
 
コンクリートの強度を代用特性

としたため,注を削除した。 
 
 
 
 
 
 

 B-3.3.2

透水性

推奨仕様 B-3  表 3−透水性ブロックの透水性

単位  m/s

種類

透水係数

略号

透水性ブロック P  1×10

4

 B-3.3.2

透水性

推奨仕様 B-3  表 3−ブロックの透水性

単位  cm/s

種類

透水性

略号

透水性ブロック P 透水係数 1×10

2

以上

透水係数の単位を,JIS A 1218(土

の透水試験方法)に合わせ,m/s

とした。 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

69

A

 5

371


20
16


70

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

B-3.4

状,寸法及

び 寸 法 の
許容差

推奨仕様 B-3  表 5−ブロックの寸法及び寸法の許容

注記 1  意匠として着色,表面加工(ショットブ

ラスト,研磨,洗出しなど)を施すこと
ができる。

注記 2  面には実用上差し支えない範囲で,適切

な凹凸を設けることができる。

注記 3  面の角には,面取りを行ってもよい。

注記 4  目地幅を確保するために周囲にスペー

サー的突起(以下,目地キープという。

を設ける。ただし,製品によっては,設

けない場合もある。

a)

  寸法は,モデュール呼び寸法(目地キープ

幅を含めた寸法)とする。

なお,製品寸法は,モデュール呼び寸法

から目地キープ幅を差し引いたものとす
る。

b)

  製品寸法に対する値である。

B-3.4

状,寸法及

び 寸 法 の
許容差

推奨仕様 B-3  表 5−ブロックの寸法及び寸法の許容

a)

  寸法は,モデュール呼び寸法(目地キープ

幅を含めた寸法)とする。

なお,製品寸法は,モデュール呼び寸法

から目地キープ幅を差し引いたものとす

る。

b)

  製品寸法に対する値である。

推奨仕様 B-3  表 1 の注記 1,注記
2,注記 3 及び注記 5 を移行。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

B-3.5  コン
ク リ ー ト

の品質

コンクリートの品質は,B.5.2 による。

B-3.5  試験 B-3.5.1  強度試験

B-3.5.1.1  曲げ強度試験 
曲げ強度試験は,…ゴム板を挿入して… 
 
曲げ強度は次の式によって算出し,数値は有効数字
3 けたに丸める。

F

d

b

L

×

×

=

2

2

3

σ

本体に合わせ箇条番号を入れ替

えた。 
 

 
 
 
 

70

A

 5

371


20
16


71

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

B-3.5  コン
ク リ ー ト

の品質 
(続き)

 B-3.5

試験

(続き)

B-3.5.1.2  圧縮強度試験 
ただし,…高さの直径に対する比が 1∼2 の範囲の円

柱を作製することとする。 
このとき,高さが直径よりも大きい場合は,試験で
得られた圧縮強度に推奨仕様 B-3  表 6 の補正係数を

乗じて換算する。 
B-3.5.2  透水性試験 
ブロックの透水性試験は,B.5.3 による。 
B-3.5.3  保水性試験 
B-3.5.3.1  保水性試験 
ブロックの保水性試験は,B.5.4.1 による。 
B-3.5.3.2  吸水性試験 
ブロックの吸水性試験は,B.5.4.2 による。

曲げ強度式は,推奨仕様 B-1 と推

奨仕様 B-3 に共通であるため,附

属書 B の表 B.7 へ移行した。 
 
“高さが直径よりも大きい場合

は”は,直前の規定文と矛盾する
ため削除し,また,規定文を改め

た。 
 
第 2 層の細分箇条の“保水性試

験”を“保水量試験”に変更。

“吸水性試験”を“吸上げ試験”
に変更。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

71

A

 5

371


20
16


72

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

B-3.6  試験
方法

B-3.6.1  強度試験 
B-3.6.1.1  コンクリートの曲げ強度試験 
試験方法は,…ゴム板

5)

 を挿入して…

5)

  支点及び載荷点の不陸の影響を吸収すること

ができる程度の硬さ,厚さ及び幅のものがよ

い。

曲げ強度は表 B.7 に示す式によって算出する。 
 
 
B-3.6.1.2  製品からのコアの圧縮強度試験 
このとき,圧縮強度は,強さの試験値に推奨仕様 B-3

表 6 の補正係数を乗じて求めた値とする。 
 
 
B-3.6.2  製品の透水性試験 
ブロックの透水性試験は,B.6.3 による。 
 
B-3.6.3  製品の保水性試験 
B-3.6.3.1  保水量試験 
ブロックの保水量試験は,B.6.4.1 による。 
B-3.6.3.2  吸上げ試験 
ブロックの吸上げ試験は,B.6.4.2 による。

B-3.6  コン
ク リ ー ト

の品質

コンクリートの品質は,B.6.2 による。

 
 
ゴム板は,試験を行う製品に合っ
た適当な硬さ及び大きさのもの

を選定するのがよいことを,追加

情報として示した。

 
 

 
 

 
 

 
 
 
 

72

A

 5

371


20
16


73

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

B-3.7  検査 B-3.7.3  検査方法

a)  最終検査 
2)  性能  性能の検査は,B-3.6.1 及び/又は B-3.6.2
及び/又は B-3.6.3 によって行い,1 ロットから任意

に 3 個抜き取り,3 個とも B-3.3 に規定する値に適合

すればそのロットを合格とし,2 個以上適合しなけ
ればそのロットを不合格とする。この検査で 3 個の

うち 1 個だけ規定に適合しないときは,そのロット

から更に 6 個抜き取り,6 個とも規定に適合すれば,
初めの不合格品を除きそのロットを合格とし,1 個

でも適合しないときは,そのロットを不合格とする。
3)  形状及び寸法  形状及び寸法の検査は,1 ロット
から任意に 3 個抜き取り,3 個とも B-3.4 の規定に適

合すれば,そのロットを合格とする。この検査で 3

個のうち 1 個だけ適合しないときは,そのロットか
ら更に 6 個抜き取り,6 個とも規定に適合すれば,

初めの不合格品を除きそのロットを合格とし,1 個

でも適合しないときは,そのロットを不合格とする。
 
 
b)  受渡検査 
1)  外観  外観の検査は,1 ロットから任意に 3 個抜
き取り,5.1 の規定に適合すれば,そのロットを合格

とする。この検査で 3 個のうち 1 個だけ適合しない
ときは,そのロットから更に 6 個抜き取り,6 個と

も規定に適合すれば,初めの不合格品を除きそのロ

ットを合格とし,1 個でも適合しないときは,その
ロットを不合格とする。 
2)  形状及び寸法  形状及び寸法の検査は,a) 3) に
準じる。

B-3.7  検査 B-3.7.3  検査方法

a)  最終検査 
2)  性能  性能の検査は,B-3.5.1 及び/又は B-3.5.2
及び/又は B-3.5.3 によって行い,1 ロットから任意

に 3 個のブロックを抜き取り,3 個とも B-3.3 に規定

する値に適合すれば合格とする。この検査で 1 個だ
け適合しないときは再検査ができる。再検査は,そ

のロットから更に 6 個のブロックを抜き取って試験

を行い,6 個とも適合すればそのロット全部を合格
とする。1 個でも適合しないときは,そのロット全

部を不合格とする。 
3)  形状及び寸法  形状及び寸法の検査は,1 ロット
から任意にブロックを 3 個抜き取り,3 個とも B-3.4

の規定に適合すれば合格とする。この検査で 1 個だ

け適合しないときは再検査ができる。再検査は,そ
のロットから更に 6 個のブロックを抜き取って試験

を行い,6 個とも規定に適合すればそのロット全部

を合格とする。1 個でも適合しないときは,そのロ
ット全部を不合格とする。 
 
b)  受渡検査 
1)  外観  外観の検査は,a)  に準じる。 
抜取検査を採用する場合には,1 ロットから任意に

ブロックを 3 個抜き取り,5.1(外観)の規定に適合
すれば,そのロットを合格とする。この検査で 1 個

だけ適合しないときは再検査ができる。再検査は,
そのロットから更に 6 個のブロックを抜き取って試
験を行い,6 個とも規定に適合すればそのロット全

部を合格とする。1 個でも適合しないときは,その

ロット全部を不合格とする。 
2)  形状及び寸法  形状及び寸法の検査は,a)  に準
じる。

 
 
合否の判定方法を,より明瞭な規
定文に修正した。 
 
 
 
 
 
 
 
合否の判定方法を,より明瞭な規
定文に修正した。 
 
 
 
 
 
 
 
合否の判定方法を,より明瞭な規
定文に修正した。 

73

A

 5

371


20
16


74

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

附属書 C

(規定)

路 面 排 水
溝類 
C.3  性能

路面排水溝類の性能及び性能照査方法は,次による。
a)  I 類に区分される製品  製品の性能は,推奨仕様
C-1 の規定に適合しなければならない。 
b)  II 類に区分される製品  製品の性能は,JIS A 
5362

の箇条 4 及び箇条 5 の規定に従い,受渡当事者

間の協議によって定める。一般には表 C.3 の規定に
よってもよい。 
 
表 C.3−路面排水溝類の性能及び性能照査方法

a)

  耐久性の照査は,水セメント比,又は水セ

メント比及び空気量が同等で,かつ,製造方法が

同様の製品の実績によってもよい。

附属書 C

(規定)

路 面 排 水
溝類 
C.3  性能

路面排水溝類の性能は,表 C.3 の規定に適合しなけ
ればならない。

なお,II 類の性能項目は,受渡当事者間の協議によ
る。 
 
 
 
 
表 C.3−路面排水溝類の性能

a)

  耐久性能の確認は,水セメント比及び/又

は空気量が同等な類似製品の実績から判断して

もよい。

I 類は,それぞれの推奨仕様に適
合すること,II 類は,基本規格 JIS 

A 5362

に適合することを明示し

た。 
 
 
 
 
表の見出し欄及び欄の規定を,基
本規格 JIS A 5362 に整合させた。 
 
空気量だけが同等であっても耐
久性は同等とみなしにくいため。

また,製造方法によっても耐久性

は影響を受けるため。

C.5  コ ン
ク リ ー ト

の品質

C.5.2  圧縮強度 
コンクリートの圧縮強度は,所定の材齢において,
27 N/mm

2

以上とする。

C.5  試 験
方法

C.5.2  曲げ強度試験 
曲げ強度試験は,JIS A 5363 による。

本体に合わせた箇条の入れ替え。

C.6  試 験
方法

C.6.1  コンクリートの圧縮強度試験 
コンクリートの圧縮強度試験は,JIS A 1108 による。
なお,供試体は製品と同一養生を行ったもの,又は

その他適切な方法によって管理したものとする。 
C.6.2  製品の曲げ耐力試験 
路面排水溝類の曲げ耐力試験は,JIS A 5363 に規定

する曲げ耐力試験方法による。

C.6  コ ン
ク リ ー ト
の品質

C.6.2  圧縮強度 
コンクリートの圧縮強度は,製品と同一養生を行っ
た供試体の圧縮強度又はその他適切な方法によって

管理した圧縮強度で検証し,所定の材齢において,
27 N/mm

2

以上とし,JIS A 5364 の附属書 A を引用す

ることができる。

基本規格,本体,附属書,推奨仕

様との引用規格の重複を整理し,
一連の箇条及び表現の整合を図

った。

圧縮強度だけの規定とし,供試体
の養生方法は関係する C.6.1 へ移

行した。

 
 
 
 
 
 
 

74

A

 5

371


20
16


75

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

推 奨 仕 様
C-1 L 形側
溝 
C-1.3  性能

C-1.3  性能 
L 形の性能は曲げひび割れ耐力とし,推奨仕様 C-1 
表 2 に規定する値以上とする。 
 

推奨仕様 C-1  表 2−L 形の曲げひび割れ耐力

単位  kN・m

種類

曲げひび割れ耐力

呼び

L 形側溝

250A

2.062

250B

2.275

推 奨 仕 様
C-1 L 形側
溝 
C-1.3  性能
( 曲 げ 強

度)

C-1.3  性能(曲げ強度) 
L 形は,C-1.5 に規定する曲げ強度試験を行い,推奨
仕様 C-1  表 2 に規定する曲げ強度荷重を加えたと
き,ひび割れが発生してはならない。 

推奨仕様 C-1  表 2−L 形の曲げ強度荷重

単位  kN

種類

スパン L

(mm)

曲げ強度荷重

呼び

L 形側溝

250A

250

33

250B

350

26

性能を曲げ強度から曲げひび割

れ耐力としたため。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

C-1.5  コン
ク リ ー ト

の品質

コンクリートの品質は,C.5.2 による。

C-1.5  曲げ
強度試験

曲げ強度試験は,…に規定する曲げ強度荷重におい
て,ひび割れの有無を調べる。

曲げ強度試験を行うときは…ゴム板を挿入し…

箇条を本体に合わせて入れ替え
た。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

75

A

 5

371


20
16


76

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

C-1.6  製品
の 曲 げ 耐

力試験

L 形の曲げ耐力試験は,L 形を推奨仕様 C-1  図 1 の
ように据え付け,スパンの中央に荷重を加えて行い,

曲げひび割れ耐力に相当する荷重で,ひび割れの有
無を調べる。曲げひび割れ耐力に相当するスパン及

び荷重を推奨仕様 C-1  表 4 に示す。 
曲げ耐力試験を行うときは L 形の加圧面及び支持面
にはゴム板

2)

 を挿入し,荷重が均等に分布されるよ

うにしなければならない。

2)

  支点及び載荷点の不陸の影響を吸収すること

ができる程度の硬さ,厚さ及び幅のものがよ

い。

C-1.6  コン
ク リ ー ト

の品質

コンクリートの圧縮強度は,C.6.2 による。

性能を曲げ強度から曲げひび割

れ耐力としたため。 
 
 
 
ゴム板は,試験を行う製品に合っ
た適当な硬さ及び大きさのもの

を選定するのがよいことを,追加

情報として示した。 

推奨仕様 C-1  表 4−L 形のスパン及び荷重

単位  kN

種類

スパン L

(mm)

荷重

呼び

L 形側溝

250A 250 33 
250B 350 26

試験のしやすさを考慮し,曲げひ
び割れ耐力に相当する荷重表を

掲載した。 
 
 
 

推 奨 仕 様
C-1-1 ( 参
考)曲線部

に用いる L

推 奨 仕 様
C-1-1  曲線
部 に 用 い

る L 形

規定条項がないため,“参考”と
した。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

76

A

 5

371


20
16


77

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

附属書 D

(規定)

ブ ロ ッ ク
式擁壁類 
D.3  性能

ブロック式擁壁類の性能及び性能照査方法は,次に
よる。 
a) I 類に区分される製品  製品の性能は,推奨仕様
D-1 又は推奨仕様 D-2 の規定に適合しなければなら
ない。 
b) II 類に区分される製品  製品の性能は,JIS A 
5362

の箇条 4 及び箇条 5 の規定に従い,受渡当事者

間の協議によって定める。一般には表 D.3 の規定に

よってもよい。

附属書 D

(規定)

ブ ロ ッ ク
式擁壁類 
D.3  性能

ブロック式擁壁類の性能は,表 D.3 の規定に適合し
なければならない。

なお,II 類の性能項目は,受渡当事者間の協議によ
る。

I 類は,それぞれの推奨仕様に適
合すること,II 類は,基本規格 JIS 

A 5362

に適合することを明示し

た。 
 
 
 
 
 

表 D.3−ブロック式擁壁類の性能及び性能照査方法

a)

  耐久性の照査は,水セメント比,又は水セ

メント比及び空気量が同等で,かつ,製造方法が
同様の製品の実績によってもよい。

表 D.3−ブロック式擁壁類の性能

a)

  耐久性能の確認は,水セメント比及び/又

は空気量が同等な類似製品の実績から判断して
もよい。

表の見出し欄及び欄の規定を,基

本規格 JIS A 5362 に整合させた。 
 
空気量だけが同等であっても耐

久性は同等とみなしにくいため。 
また,製造方法によっても耐久性

は影響を受けるため。

推 奨 仕 様
D-1  積 み
ブロック 
D-1.3  性能
 
 
 
D-1.4

状,寸法及

び 寸 法 の

許容差

 
 
 
積みブロックの性能は,コンクリートの圧縮強度を
代用特性とし,18 N/mm

2

以上とする。

 
 
推奨仕様 D-1  表 2−積みブロックの例図,形状,寸
法及び寸法の許容差

推 奨 仕 様
D-1  積 み
ブロック 
D-1.3  性能
 
 
 
D-1.4

状,寸法及

び 寸 法 の

許容差

 
 
 
積みブロックは,D-1.5 に規定する圧縮強度試験を行
い,性能の保証となる圧縮強度が所定の材齢におい
て,18 N/mm

2

以上でなければならない。

 
推奨仕様 D-1  表 2−積みブロックの形状,寸法及び
寸法の許容差

 
コンクリートの圧縮強度は,他の
幾つかの性能にも関連するため,

代用特性として位置付けた。 
 
 
 
表に示す図が規定と誤解される
ことをなくすため。

 
 
 
 

77

A

 5

371


20
16


78

A 5371

:2016

現行規格(JIS A 5371:2016)

旧規格(JIS A 5371:2010)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

推 奨 仕 様
D-2  大 形
積 み ブ ロ
ック 
D-2.3  性能
 
 
 
D-2.4

状,寸法及

び 寸 法 の

許容差

 
 
 
 
大形積みブロックの性能は,コンクリートの圧縮強
度を代用特性とし,21 N/mm

2

以上とする。

 
 
推奨仕様 D-2  表 2−大形積みブロックの例図,

形状,

寸法及び寸法の許容差

推 奨 仕 様
D-2  大 形
積 み ブ ロ
ック 
D-2.3  性能
 
 
 
D-2.4

状,寸法及

び 寸 法 の

許容差

 
 
 
 
大形積みブロックは,D-2.5 に規定する圧縮強度試験
を行い,性能の保証となる圧縮強度が所定の材齢に
おいて,21 N/mm

2

以上でなければならない。

 
推奨仕様 D-2  表 2−大形積みブロックの形状,寸法
及び寸法の許容差

 
 
 
コンクリートの圧縮強度は,他の

幾つかの性能にも関連するため,

代用特性として位置付けた。 
 
 
表に示す図が規定と誤解される
ことをなくすため。

78

A

 5

371


20
16