>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 A

5350

-1991

強化プラスチック複合管

Fiberglass reinforced plastic mortar pipes

1.

適用範囲  この規格は,主に水路に使用される強化プラスチック複合管(以下,管という。)について

規定する。

備考1.  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS K 6353

  水道用ゴム

JIS K 6919

  強化プラスチック用液状不飽和ポリエステル樹脂

JIS R 3412

  ガラスロービング

JIS S 6040

  一般工作用接着剤

2.

この規格の中で{  }を付けて示してある単位及び数値は,国際単位系 (SI) によるもので

あって,参考として併記したものである。

なお,この規格の中の従来単位及び数値は,平成 7 年 4 月 1 日から SI 単位及び数値に切り

換える。

2.

用語の定義  この規格で用いる用語の定義は,次のとおりとする。

(1)

内圧管  内圧と外圧に対して設計されているもの。

(2)

外圧管  外圧に対して設計されているもの。

(3)

基準たわみ量  外圧試験において,基準たわみ外圧を判定するときのたわみ量。

(4)

基準たわみ外圧  外圧試験において基準たわみ量に達したときの荷重で,管の剛性を判定するもの。

(5)

試験内圧  内圧管の内圧試験において管に漏水があってはならない内圧で,内圧強さを判定するもの。

(6)

試験外圧  内圧管の外圧試験において外圧強さを判定するもの。

(7)

破壊外圧  外圧管の外圧試験において外圧強さを判定するもの。

(8)

管の有効長  管と管を接続したときの管の実用長さをいい,管の全長から受口の挿入代  (P)  を差し引

いた値。

3.

種類  管の種類は,内圧・外圧の別,強さ及び形状(

1

)

によって区分し,種類と呼び径の関係は,

表 1

のとおりとする。

なお,形状における B 形,C 形及び T 形は,フィラメントワインディング成形方法によるものに適用し,

D

形は,遠心力成形方法によるものに適用する。

(

1

)

形状は,次のとおり区分する。

(1)  B

形  継手部のゴム輪が,管の挿口部外面に接着剤によって,あらかじめ接着されている構

造のもの。

(2)  C

形  継手部のゴム輪が,管の受口部内面に接着剤によって,あらかじめ接着されている構


2

A 5350-1991

造のもの。

(3)  D

形  継手部のゴム輪が,管の受口部内面に設けられた溝に,あらかじめ装着されている構

造のもの。

(4)  T

形  継手部のゴム輪が,管の受口部内面に設けられた溝に,現場接合時に装着される構造

のもの。

表 1  種類

形状による区分

内圧・外圧に

よる区分

強さによ

る区分

B

(呼び径)

C

(呼び径)

D

(呼び径)

T

(呼び径)

1

2

500

∼3 000

3

4

内圧管

5

500

∼3 000

200

∼2 400

200

∼2 400

1

外圧管

2

200

∼3 000

200

∼2 400

200

∼2 400

4.

品質

4.1

内圧管

4.1.1

外観  管には,有害なきずがなく,内面は,滑らかでなければならない。

4.1.2

内圧強さ  管の内圧強さは,8.1 に規定する内圧試験を行い,表 又は表 に示す試験内圧で漏水

があってはならない。

表 2  (平成 7 年 3 月 31 日まで適用)

単位 kgf/cm

2

 {MPa}

強さによる区分

試験内圧

1

種 27

{2.6

2

種 21

{2.1

3

種 14

{1.4

4

種 10

{1.0

5

 5 {0.5}

表 3  (平成 7 年 4 月 1 日から適用)

単位 MPa

強さによる区分

試験内圧

1

種 2.6

2

種 2.1

3

種 1.4

4

種 1.0

5

種 0.5

4.1.3

外圧強さ  管の外圧強さは,次の基準たわみ外圧及び試験外圧による。

(1)

基準たわみ外圧  8.2 に規定する外圧試験を行い,表 又は表 に示す基準たわみ量に達したとき,試

験体に加えられた荷重が,

表 又は表 に示す基準たわみ外圧値以上であること。

(2)

試験外圧  8.2 に規定する外圧試験を行い,試験体が表 又は表 に示す試験外圧値に耐えること。


3

A

 5350-

199

1

表 4  内圧管の外圧強さ(平成 7 年 3 月 31 日まで適用)

単位 kgf/m {kN/m}

基準たわみ外圧

試験外圧

呼び径  基準たわみ量

(mm)

1

2

3

4

5

1

2

3

4

5

200

  10

  3 200 {  31.3}   2 850 {  28.0}

2 340 {22.8}

2 080 {20.4}

1 990 {19.6}    4 760 {  46.6}   4 660 {  45.7}   4 170 {  40.9}   3 570 {  35.1}   3 370 {  33.2}

250

  13

  2 660 {  26.0}   2 370 {  23.3}

1 940 {19.0}

1 720 {17.0}

1 650 {16.2}    4 400 {  43.0}   4 300 {  42.1}   3 850 {  37.7}   3 300 {  32.4}   3 110 {  30.6}

300

  15

  2 290 {  22.5}   2 060 {  20.2}

1 710 {16.7}

1 530 {14.9}

1 470 {14.5}    4 440 {  43.6}   4 360 {  42.7}   3 920 {  38.5}   3 400 {  33.3}   3 220 {  31.5}

350

  18

  2 090 {  20.5}   1 880 {  18.5}

1 560 {15.2}

1 400 {13.6}

1 340 {13.2}    4 310 {  42.2}   4 230 {  41.4}   3 800 {  37.3}   3 300 {  32.3}   3 130 {  30.6}

400

  20

  1 950 {  19.2}   1 760 {  17.3}

1 480 {14.5}

1 330 {13.1}

1 290 {12.6}    4 480 {  44.0}   4 400 {  43.2}   3 990 {  39.0}   3 490 {  34.2}   3 320 {  32.6}

450

  23

  1 860 {  18.3}   1 680 {  16.5}

1 410 {13.8}

1 270 {12.5}

1 230 {12.0}    4 450 {  43.6}   4 360 {  42.8}   3 950 {  38.7}   3 460 {  33.9}   3 290 {  32.3}

500

  26

  1 930 {  18.9}   1 750 {  17.2}

1 490 {14.6}

1 360 {13.3}

1 320 {12.9}    4 770 {  46.7}   4 690 {  45.9}   4 280 {  41.9}   3 780 {  37.2}   3 620 {  35.5}

600

  31

  2 300 {  22.6}   2 090 {  20.5}

1 780 {17.5}

1 620 {15.9}

1 570 {15.4}    5 720 {  56.0}   5 620 {  55.0}   5 130 {  50.3}   4 540 {  44.6}   4 340 {  42.6}

700

  36

  2 670 {  26.2}   2 430 {  23.8}

2 060 {20.3}

1 880 {18.5}

1 820 {17.8}    6 680 {  65.4}   6 560 {  64.2}   5 990 {  58.7}   5 290 {  52.0}   5 060 {  49.7}

800

  41

  3 040 {  29.9}   2 770 {  27.1}

2 350 {23.1}

2 140 {21.0}

2 070 {20.3}    7 630 {  74.7}   7 500 {  73.4}   6 840 {  67.1}   6 050 {  59.5}   5 790 {  56.8}

900

  46

  3 410 {  33.5}   3 100 {  30.4}

2 640 {25.9}

2 400 {23.6}

2 330 {22.8}    8 580 {  84.1}   8 440 {  82.6}   7 700 {  75.5}   6 810 {  66.9}   6 510 {  63.9}

1 000

  51

  3 780 {  37.2}   3 440 {  33.7}

2 920 {28.7}

2 670 {26.1}

2 580 {25.3}    9 540 {  93.4}   9 370 {  91.7}   8 550 {  83.9}   7 560 {  74.3}   7 230 {  71.0}

1 100

  56

  4 160 {  40.8}   3 780 {  37.0}

3 210 {31.5}

2 930 {28.7}

2 830 {27.8}  10 500 {103  } 10 300 {101  }   9 410 {  92.2}   8 320 {  81.8}   7 960 {  78.1}

1 200

  61

  4 530 {  44.4}   4 120 {  40.3}

3 500 {34.4}

3 190 {31.3}

3 090 {30.2}  11 400 {112  } 11 200 {110  } 10 300 {101  }   9 080 {  89.2}   8 680 {  85.2}

1 350

  69

  5 120 {  50.3}   4 650 {  45.6}

3 960 {38.9}

3 610 {35.4}

3 490 {34.2}  12 900 {126  } 12 700 {124  } 11 500 {113  } 10 200 {100  }   9 770 {  95.9}

1 500

  77

  5 710 {  56.1}   5 190 {  50.9}

4 420 {43.4}

4 030 {39.5}

3 900 {38.2}  14 300 {140  } 14 100 {138  } 12 800 {126  } 11 300 {111  } 10 900 {107  }

1 650

  84

  6 230 {  61.2}   5 670 {  55.5}

4 820 {47.3}

4 390 {43.1}

4 250 {41.6}  15 700 {154  } 15 500 {151  } 14 100 {138  } 12 500 {123  } 11 900 {117  }

1 800

  92

  6 830 {  67.0}   6 210 {  60.8}

5 280 {51.8}

4 810 {47.2}

4 660 {45.6}  17 200 {168  } 16 900 {165  } 15 400 {151  } 13 600 {134  } 13 000 {128  }

2 000

102

  7 570 {  74.3}   6 880 {  67.4}

5 850 {57.5}

5 330 {52.3}

5 160 {50.6}  19 100 {187  } 18 700 {183  } 17 100 {168  } 15 100 {149  } 14 500 {142  }

2 200

112

  8 310 {  81.6}   7 560 {  74.0}

6 420 {63.1}

5 860 {57.4}

5 670 {55.5}  21 000 {205  } 20 600 {202  } 18 800 {184  } 16 600 {164  } 15 900 {156  }

2 400

122

  9 050 {  88.9}   8 230 {  80.7}

7 000 {68.7}

6 380 {62.5}

6 170 {60.5}  22 900 {224  } 22 500 {220  } 20 500 {201  } 18 200 {178  } 17 400 {170  }

2 600

133

  9 870 {  96.9}   8 970 {  87.9}

7 630 {74.9}

6 950 {68.2}

6 730 {65.9}  24 800 {243  } 24 400 {239  } 22 200 {218  } 19 700 {193  } 18 800 {185  }

2 800

143

10 600 {104  }   9 650 {  94.5}

8 200 {80.5}

7 480 {73.3}

7 240 {70.9}  26 700 {262  } 26 200 {257  } 23 900 {235  } 21 200 {208  } 20 300 {199  }

3 000

153

11 400 {111  } 10 300 {101  }

8 770 {86.2}

8 000 {78.4}

7 740 {75.9}  28 600 {280  } 28 100 {275  } 25 700 {252  } 22 700 {223  } 21 700 {213  }


4

A 5350-1991

表 5  内圧管の外圧強さ(平成 7 年 4 月 1 日から適用)

単位 kN/m

基準たわみ外圧

試験外圧

呼び径

基準た
わみ量

(mm)

1

2

3

4

5

1

2

3

4

5

200

 10

 31.3

 28.0

22.8

20.4

19.6

 46.6

 45.7

 40.9

 35.1

 33.2

250

 13

 26.0

 23.3

19.0

17.0

16.2

 43.0

 42.1

 37.7

 32.4

 30.6

300

 15

 22.5

 20.2

16.7

14.9

14.5

 43.6

 42.7

 38.5

 33.3

 31.5

350

 18

 20.5

 18.5

15.2

13.6

13.2

 42.2

 41.4

 37.3

 32.3

 30.6

400

 20

 19.2

 17.3

14.5

13.1

12.6

 44.0

 43.2

 39.0

 34.2

 32.6

450

 23

 18.3

 16.5

13.8

12.5

12.0

 43.6

 42.8

 38.7

 33.9

 32.3

500

 26

 18.9

 17.2

14.6

13.3

12.9

 46.7

 45.9

 41.9

 37.2

 35.5

600

 31

 22.6

 20.5

17.5

15.9

15.4

 56.0

 55.0

 50.3

 44.6

 42.6

700

 36

 26.2

 23.8

20.3

18.5

17.8

 65.4

 64.2

 58.7

 52.0

 49.7

800

 41

 29.9

 27.1

23.1

21.0

20.3

 74.7

 73.4

 67.1

 59.5

 56.8

900

 46

 33.5

 30.4

25.9

23.6

22.8

 84.1

 82.6

 75.5

 66.9

 63.9

1 000

 51

 37.2

 33.7

28.7

26.1

25.3

 93.4

 91.7

 83.9

 74.3

 71.0

1 100

 56

 40.8

 37.0

31.5

28.7

27.8

103

101

 92.2

 81.8

 78.1

1 200

 61

 44.4

 40.3

34.4

31.3

30.2

112

110

101

 89.2

 85.2

1 350

 69

 50.3

 45.6

38.9

35.4

34.2

126

124

113

100

 95.9

1 500

 77

 56.1

 50.9

43.4

39.5

38.2

140

138

126

111

107

1 650

 84

 61.2

 55.5

47.3

43.1

41.6

154

151

138

123

117

1 800

 92

 67.0

 60.8

51.8

47.2

45.6

168

165

151

134

128

2

000  102

74.3

67.4 57.5 52.3 50.6

187 183 168 149 142

2

200  112

81.6

74.0 63.1 57.4 55.5

205 202 184 164 156

2

400  122

88.9

80.7 68.7 62.5 60.5

224 220 201 178 170

2

600  133

96.9

87.9 74.9 68.2 65.9

243 239 218 193 185

2

800  143 104

94.5 80.5 73.3 70.9

262 257 235 208 199

3

000  153 111  101  86.2 78.4 75.9

280 275 252 223 213


5

A 5350-1991

4.2

外圧管

4.2.1

外観  管には,有害なきずがなく,内面は,滑らかでなければならない。

4.2.2

外圧強さ  管の外圧強さは,次の基準たわみ外圧及び破壊外圧による。

(1)

基準たわみ外圧  8.2 に規定する外圧試験を行い,表 又は表 に示す基準たわみ量に達したとき,試

験体に加えられた荷重が,

表 又は表 に示す基準たわみ外圧値以上であること。

表 6  外圧管の外圧強さ(平成 7 年 3 月 31 日まで適用)

単位 kgf/m {kN/m}

基準たわみ外圧

破壊外圧

呼び径

基準た

わみ量

(mm)

1

2

1

2

200

  10

  3 030 {  29.8}

1 990 {19.6}

  6 450 {  63.3}

  4 220 {  41.4}

250

  13

  2 520 {  24.7}

1 650 {16.2}

  5 950 {  58.4}

  3 890 {  38.2}

300

  15

  2 230 {  21.9}

1 470 {14.5}

  5 990 {  58.8}

  4 030 {  39.4}

350

  18

  2 040 {  20.0}

1 340 {13.2}

  5 810 {  57.0}

  3 910 {  38.2}

400

  20

  1 910 {  18.7}

1 290 {12.6}

  6 020 {  59.0}

  4 150 {  40.7}

450

  23

  1 820 {  17.8}

1 230 {12.0}

  5 970 {  58.5}

  4 120 {  40.4}

500

  26

  1 970 {  19.4}

1 320 {12.9}

  6 580 {  64.5}

  4 520 {  44.4}

600

  31

  2 350 {  23.1}

1 570 {15.4}

  7 890 {  77.4}

  5 430 {  53.3}

700

  36

  2 730 {  26.8}

1 820 {17.8}

  9 210 {  90.4}

  6 330 {  62.2}

800

  41

  3 110 {  30.6}

2 070 {20.3}

10 500 {103  }

  7 230 {  71.0}

900

  46

  3 490 {  34.3}

2 330 {22.8}

11 800 {116  }

  8 140 {  79.9}

1 000

  51

  3 870 {  38.0}

2 580 {25.3}

13 200 {129  }

  9 040 {  88.8}

1 100

  56

  4 250 {  41.7}

2 830 {27.8}

14 500 {142  }

  9 950 {  97.7}

1 200

  61

  4 630 {  45.5}

3 090 {30.2}

15 800 {155  }

10 900 {107  }

1 350

  69

  5 240 {  51.4}

3 490 {34.2}

17 800 {174  }

12 200 {120  }

1 500

  77

  5 840 {  57.4}

3 900 {38.2}

19 700 {194  }

13 600 {133  }

1 650

  84

  6 370 {  62.6}

4 250 {41.6}

21 700 {213  }

14 900 {147  }

1 800

  92

  6 980 {  68.6}

4 660 {45.6}

23 700 {232  }

16 300 {160  }

2 000

102

  7 740 {  76.0}

5 160 {50.6}

26 300 {258  }

18 100 {178  }

2 200

112

  8 500 {  83.5}

5 670 {55.5}

28 900 {284  }

19 900 {195  }

2 400

122

  9 260 {  90.9}

6 170 {60.5}

31 600 {310  }

21 700 {213  }

2 600

133

10 100 { 99.1}

6 730 {65.9}

34 200 {336  }

23 500 {231  }

2 800

143

10 900 {107  }

7 240 {70.9}

36 800 {361  }

25 300 {249  }

3 000

153

11 600 {114  }

7 740 {75.9}

39 500 {387  }

27 100 {266  }

(2)

破壊外圧  8.2 に規定する外圧試験を行い,試験体が破壊したときの荷重は,表 又は表 に示す破壊

外圧値以上であること。


6

A 5350-1991

表 7  外圧管の外圧強さ(平成 7 年 4 月 1 日から適用)

単位 kN/m

基準たわみ外圧

破壊外圧

呼び径

基準た
わみ量

(mm)

1

2

1

2

200

 10

 29.8

19.6

 63.3

 41.4

250

 13

 24.7

16.2

 58.4

 38.2

300

 15

 21.9

14.5

 58.8

 39.4

350

 18

 20.0

13.2

 57.0

 38.2

400

 20

 18.7

12.6

 59.0

 40.7

450

 23

 17.8

12.0

 58.5

 40.4

500

 26

 19.4

12.9

 64.5

 44.4

600

 31

 23.1

15.4

 77.4

 53.3

700

 36

 26.8

17.8

 90.4

 62.2

800

 41

 30.6

20.3

103

 71.0

900

 46

 34.3

22.8

116

 79.9

1 000

 51

 38.0

25.3

129

 88.8

1 100

 56

 41.7

27.8

142

 97.7

1 200

 61

 45.5

30.2

155

107

1 350

 69

 51.4

34.2

174

120

1 500

 77

 57.4

38.2

194

133

1 650

 84

 62.6

41.6

213

147

1 800

 92

 68.6

45.6

232

160

2 000

102

  76.0

50.6

258

178

2 200

112

  83.5

55.5

284

195

2 400

122

  90.9

60.5

310

213

2 600

133

  99.1

65.9

336

231

2 800

143

107

70.9

361

249

3 000

153

114

75.9

387

266

5.

形状,寸法及び寸法の許容差

5.1

形状及び寸法  管の形状及び寸法は,図 1に示す。ただし,管の基本的寸法や強度に影響を与え

ない程度の加工を行うことは差し支えない。

また,ゴム輪の形状及び寸法は,規定しない。

なお,D 形の内圧管及び外圧管の

図 3-1 及び図 3-2 については,平成 7 年 3 月 31 日まで適用とする。


7

A 5350-1991

図 1  

備考  破線で示す形状であってもよい。

単位 mm

有効長  L

呼び径

厚さ

T

直管部内径

D

1

挿口部外径

D

2

受口部内径

D

3

P

内圧管

外圧管

200

7

200 229 230.5

140

250

7.5

250 280 281.5

140

300

8

300 331 332.5

150

350

8.5

350 382 383.5

150

400

9

400 434 435.5

160

450

9.5

450 485 486.5

160

500

10

500 541 542.5

200

600

12

600 645 646.5

200

700

14

700 749 750.5

200

800

16

800 856 857.5

220

900

18

900 960 961.5

220

1 000

20

1 000

1 068

1 069.5

220

1 100

22

1 100

1 172

1 173.5

220

1 200

24

1 200

1 276

1 277.5

220

1 350

27

1 350

1 432

1 433.5

220

1 500

30

1 500

1 588

1 589.5

250

1 650

33

1 650

1 748

1 749.5

300

1 800

36

1 800

1 904

1 905.5

300

2 000

40

2 000

2 112

2 113.5

330

4 000

6 000

2 200

44

2 200

2 320

2 321.5

330

2 400

48

2 400

2 532

2 533.5

400

2 600

52

2 600

2 740

2 741.5

400

2 800

56

2 800

2 948

2 949.5

430

3 000

60

3 000

3 156

3 157.5

430

4 000

4 000


8

A 5350-1991

図 2  

備考  ゴム輪は,分割形であってもよい。

単位 mm

有効長  L

呼び径

厚さ

T

直管部内径

D

1

挿口部外径

D

2

受口部内径

D

3

P

内圧管

外圧管

200

7

200 217 218.5

140

000

000

250

7.5

250 268 269.5

140

000

300

8

300 319 320.5

150

350

8.5

350 370 371.5

150

400

9

400 421 422.5

160

450

9.5

450 472 473.5

160

500

10

500 523 524.5

200

600

12

600 627 628.5

200

700

14

700 731 732.5

200

800

16

800 835 836.5

220

900

18

900 939 940.5

220

1 000

20

1 000

1 043

1 044.5

220

1 100

22

1 100

1 147

1 148.5

220

1 200

24

1 200

1 251

1 252.5

220

1 350

27

1 350

1 407

1 408.5

220

1 500

30

1 500

1 563

1 564.5

250

1 650

33

1 650

1 721

1 722.5

300

1 800

36

1 800

1 877

1 878.5

300

2 000

40

2 000

2 085

2 086.5

330

2 200

44

2 200

2 293

2 294.5

330

4 000

2 400

48

2 400

2 502

2 503.5

400


9

A 5350-1991

図 3-1  形(内圧管)

単位 mm

呼び径

厚さ

挿口部外径

受口部内径

有効長

(参考)

直管部内径

T

D

2

D

3

P

L

D

1

400 11

426

428

120

4

000

404

450 11.5

477

479

120

6

000

454

500 12

528

530

120

504

600 14

631

633

120

603

700 16

733

735

120

701

800 18

836

838

140

800

900 20.5

939

941

140

898

1 000

23

1 041

1 043

140

995

1 100

25.5

1 144

1 146

140

1 093

1 200

28

1 246

1 248

140

1 190

1 350

31

1 400

1 402

140

1 338

1 500

34

1 554

1 556

140

1 486

1 650

37

1 701

1 703

140

1 627

1 800

41

1 848

1 850

140

1 766

2 000

45

2 061

2 063

140

1 971

2 200

49

2 280

2 282

140

2 182

2 400

54

2 458

2 460

140

2 350


10

A 5350-1991

図 3-2  形(外圧管)

単位 mm

呼び径

厚さ

挿口部外径

受口部内径

有効長

(参考)

直管部内径

T

D

2

D

3

P

L

D

1

400 11

426

428

125

4

000

404

450 11.5

477

479

125

6

000

454

500 12

528

530

125

504

600 14

631

633

125

603

700 16

733

735

125

701

800 18

836

838

145

800

900 20.5

939

941

145

898

1 000

23

1 041

1 043

145

995

1 100

25.5

1 144

1 146

145

1 093

1 200

28

1 246

1 248

145

1 190

1 350

31

1 400

1 402

145

1 338

1 500

34

1 554

1 556

145

1 486

1 650

37

1 701

1 703

145

1 627

1 800

41

1 848

1 850

145

1 766

2 000

45

2 061

2 063

145

1 971

2 200

49

2 280

2 282

145

2 182

2 400

54

2 458

2 460

145

2 350


11

A 5350-1991

図 3-3  形(内圧管)

備考  ゴム輪は,分割形であってもよい。 

単位 mm

呼び径

厚さ

挿口部外径

受口部内径

有効長

(参考)

直管部内径

T

D

2

D

3

P

L

D

1

200 10

220

222

105

4

000

200

250 10.5

271

273

105

6

000

250

300 11

322

324

105

300

350 11.5

373

375

105

350

400 12

424

426

120

400

450 12.5

475

477

120

450

500 13

526

528

120

500

600 15.5

631

633

120

600

700 18

736

738

120

700

800 20

840

842

140

800

900 22

944

946

140

900

1 000

25

1 050

1 052

140

1 000

1 100

28

1 156

1 158

140

1 100

1 200

31

1 262

1 264

140

1 200

1 350

34

1 418

1 420

140

1 350

1 500

37

1 574

1 576

150

1 500

1 650

41

1 732

1 734

150

1 650

1 800

45

1 890

1 892

150

1 800

2 000

49

2 098

2 100

150

2 000

2 200

54

2 308

2 310

160

2 200

2 400

59

2 518

2 520

160

2 400


12

A 5350-1991

図 3-4  形(外圧書)

備考  ゴム輪は,分割形であってもよい。

単位 mm

呼び径

厚さ

挿口部外径

受口部内径

有効長

(参考)

直管部内径

T

D

2

D

3

P

L

D

1

200 10

220

222

110

4

000

200

250 10.5

271

273

110

6

000

250

300 11

322

324

110

300

350 11.5

373

375

110

350

400 12

424

426

125

400

450 12.5

475

477

125

450

500 13

526

528

125

500

600 15.5

631

633

125

600

700 18

736

738

125

700

800 20

840

842

145

800

900 22

944

946

145

900

1 000

25

1 050

1 052

145

1 000

1 100

28

1 156

1 158

145

1 100

1 200

31

1 262

1 264

145

1 200

1 350

34

1 418

1 420

145

1 350

1 500

37

1 574

1 576

155

1 500

1 650

41

1 732

1 734

155

1 650

1 800

45

1 890

1 892

155

1 800

2 000

49

2 098

2 100

155

2 000

2 200

54

2 308

2 310

165

2 200

2 400

59

2 518

2 520

165

2 400


13

A 5350-1991

図 4  

備考  破線に示す形状であってもよい。

単位 mm

呼び径

厚さ

直管部内径

挿口部外径

受口部内径

有効長

T

D

1

D

2

D

3

P

L

500 10

500

523

542.5

200

4

000

600 12

600

627

646.5

200

6

000

700 14

700

731

750.5

200

800 16

800

835

857.5

220

900 18

900

939

961.5

220

1 000

20

1 000

1 043

1 069.5

220

1 100

22

1 100

1 147

1 173.5

220

1 200

24

1 200

1 251

1 277.5

220

1 350

27

1 350

1 407

1 433.5

220

1 500

30

1 500

1 563

1 589.5

250

1 650

33

1 650

1 721

1 749.5

300

1 800

36

1 800

1 877

1 905.5

300

2 000

40

2 000

2 085

2 113.5

330

2 200

44

2 200

2 293

2 321.5

330

4 000

2 400

48

2 400

2 502

2 533.5

400

2 600

52

2 600

2 710

2 741.5

400

2 800

56

2 800

2 918

2 949.5

430

3 000

60

3 000

3 126

3 157.5

430


14

A 5350-1991

5.2

寸法の許容差  管の寸法の許容差は,表 及び表 による。

表 8  寸法の許容差(形,形,形)

単位 mm

呼び径

厚さ

直管部内径

挿口部外径

受口部内径

有効長

T

D

1

D

2

D

3

P

L

200

∼ 500

+3 
  0

±1.5

±1.0

±1.0

± 5

+30 
−10

600

∼1 500

+5 
  0

±3.0

±1.5

±1.5

±10

1 650

∼3 000

+7

  0

±2.0

±2.0

表 9  寸法の許容差(形)

単位 mm

呼び径

厚さ

挿口部外径

受口部内径

有効長

T

D

2

D

3

P

L

200

∼ 500

+3 
  0

+1.5 
−0.5

±1.0

± 5

+30 
−10

600

∼1 500

+5 
  0

+2.0 
−1.0

±1.5

±10

1 650

∼2 400

+7

  0

+2.5

−1.5

±2.0

6.

材料

6.1

樹脂  管に用いる樹脂は,JIS K 6919 に適合するもの又は品質がこれと同等以上のものでなければ

ならない。

6.2

ガラス繊維  ガラス繊維は,JIS R 3412 に適合するもの又は品質がこれと同等以上のものでなけれ

ばならない。

6.3

骨材  骨材は,清浄・強硬・耐久的で適当な粒度をもち,ごみ,泥,有機物などの有害量を含んで

いてはならない。

6.4

混和材料  硬化剤,顔料などの混和材料は,管に悪影響を及ぼさないものでなければならない。

6.5

ゴム  止水を目的として使用する部分のゴムは,JIS K 6353 の I 類に適合するものでなければならな

い。ただし,特殊な合成ゴムを使用する場合は,引張り強さが

表 10 又は表 11 に示す値以上で,他の品質

は,JIS K 6353 の I 類に準じるものでなければならない。

表 10  (平成 7 年 3 月 31 日まで適用)

単位 kgf/cm

2

 {MPa}

止水用ゴムの材質

引張り強さ

特殊な合成ゴム 150

{14.7}

表 11  (平成 7 年 4 月 1 日から適用)

単位 MPa

止水用ゴムの材質

引張り強さ

特殊な合成ゴム

14.7

6.6

接着剤  ゴム輪を管本体に接着する接着剤は,JIS S 6040 の 5 種に適合するもの又は接着強度がこれ

と同等以上のものでなければならない。

7.

製造方法

7.1

材料の計量  管材料の計量は,質量又は質量に換算できる方法による。

7.2

成形  直管部の成形は,次のいずれかによる。


15

A 5350-1991

(1)

フィラメントワインディング成形方法  樹脂を含浸させたガラス繊維を,長繊維のまま  しん金に巻き

付けて,内面のガラス繊維強化樹脂層(以下,FRP 層という。

)を成形する。次に,その上に樹脂モ

ルタル層を成形し,更に外面の FRP 層を成形する。

(2)

遠心力成形方法  ガラス繊維,樹脂,骨材などを組み合わせて用い,遠心力によって積層成形する。

7.3

硬化  樹脂の硬化は,適正な硬化条件で,管に悪影響を及ぼさないように行わなければならない。

7.4

ゴム輪の接着  ゴム輪の接着は,6.6 に規定する接着剤を用い,管に悪影響を及ぼさない方法で行わ

なければならない。

8.

試験方法

8.1

内圧試験  内圧試験は,供試管に表 の試験内圧を加え,3 分間圧力を保持して漏水の有無を調べる。

8.2

外圧試験  外圧試験は,供試管の直管部から表 12 に示す長さの環状の試験体を切り取る。次に,こ

の試験体を

図 に示すような平らな台上に置き,頂部及び底部に厚さ約 10mm のゴム板を当て,荷重を試

験体の長さ方向にほぼ均等になるように徐々に加える。

表 12  試験体の長さ

図 5  外圧試験方法

(

2

)

試験値は,1m 当たりに換算する。 

9.

検査方法

9.1

内圧管

9.1.1

検査項目  検査は,外観,形状,寸法,内圧強さ及び外圧強さについて行う。

なお,抜取り検査を行う場合の一組の数は,原則として呼び径ごとに 200 本とするが,受渡し当事者間

の協議によって定めてもよい。

9.1.2

外観,形状及び寸法  外観及び形状の検査は,全数について行い,4.1.1 及び 5.1 の規定に適合する

ものを合格とする。

寸法の検査は,一組の管から抜き取った 2 本の供試管について行い,2 本とも 5.1 の規定に適合すれば,

その供試管が代表する組を合格とする。2 本のうち 1 本でも合格しなければ,その組の全数について検査

を行い,5.1 の規定に適合するものを合格とする。

9.1.3

内圧強さ  内圧強さの検査は,一組の管から 1 本の供試管を抜き取り,8.1 によって内圧試験を行

い,4.1.2 の規定に適合すればその供試管が代表する組を合格とする。

9.1.4

外圧強さ  外圧強さの検査は,一組の管から 1 本の供試管を抜き取り,8.2 によって外圧試験を行

い,4.1.3 の規定に適合すればその供試管が代表する組を合格とする。


16

A 5350-1991

9.1.5

再検査  9.1.3 又は 9.1.4 の検査で合格しないときは,再検査を行うことができる。再検査は,それ

らの組から更に 2 本の供試管を抜き取って試験を行い,2 本とも合格すれば最初の検査の不合格管を除い

たその組を合格とし,2 本のうち 1 本でも合格しなければその組を不合格とする。

9.2

外圧管

9.2.1

検査項目  検査は,外観,形状,寸法及び外圧強さについて行う。

なお,抜取り検査を行う場合の一組の数は,原則として呼び径ごとに 200 本とするが,受渡し当事者間

の協議によって定めてもよい。

9.2.2

外観,形状及び寸法  外観及び形状の検査は,全数について行い,4.2.1 及び 5.1 の規定に適合する

ものを合格とする。

寸法の検査は,一組の管から抜き取った 2 本の供試管について行い,2 本とも 5.1 の規定に適合すれば,

その供試管が代表する組を合格とする。2 本のうち 1 本でも合格しなければ,その組の全数について検査

を行い,5.1 の規定に適合するものを合格とする。

9.2.3

外圧強さ  外圧強さの検査は,一組の管から 1 本の供試管を抜き取り,8.2 によって外圧試験を行

い,4.2.2 の規定に適合すればその供試管が代表する組を合格とする。

9.2.4

再検査  9.2.3 の検査で合格しないときは,再検査を行うことができる。再検査は,それらの組か

ら更に 2 本の供試管を抜き取って試験を行い,2 本とも合格すれば最初の検査の不合格管を除いたその組

を合格とし,2 本のうち 1 本でも合格しなければその組を不合格とする。

10.

製品の呼び方  管の呼び方は,規格名称又はその略称(FRPM 管),種類,樹脂材料名又はその記号,

呼び径及び有効長による。

1.

2.

11.

表示  管には,次の事項を明記しなければならない。

(1)

製品の名称又はその略称(FRPM 管)

(2)

種類

(3)

呼び径

(4)

有効長

(5)

製造業者名又はその略号

(6)

製造工場名又はその略号

(7)

製造年月又はその略号

(8)

樹脂材料名又はその記号(JIS K 6919 に適合するものは,UP)


17

A 5350-1991

JIS A 5350

強化プラスチック複合管工業標準

改正原案の調査及び作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

渡  辺      隆

武蔵工業大学

池  田      要

工業技術院標準部材料規格課

長  田  直  俊

通商産業省生活産業局窯業建材課

村  上      健

建設省都市局下水道公共下水道課

中  道      宏

農林水産省構造改善局建設部設計課

安  中  徳  二

建設省土木研究所下水道部

川  口  徳  忠

農林水産省農業工学研究所構造部

林      龍  一

工業技術院製品科学研究所応用性能部

松  下  行  雄

社団法人日本下水道協会

牧      勝  史

水資源公団第二工務部設計課

岡  田  正  啓

北海道開発局農業水産部農業設計課

久保田  昭  彦

農林水産省関東農政局土地改良事務所

武  見  英  雄

東京都下水道局建設部

斉  藤      彬

神戸市下水道局

田  島  孝  二

広島市下水道局建設部

草  野      弘

株式会社クボタ

岡  川  章  彦

積水化学工業株式会社

御  園  一  夫

株式会社クボタ

河  内  秀  二

株式会社栗本鐵工所

多和田  敏  男

ミサワリゾート株式会社

西  川  裕  司

株式会社クボタ

山  崎  保  平

強化プラスチック複合管協会