>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 A

5009

-1972

バーミキュライト

Vermiculites

1.

適用範囲  この規格は,軽量・吸音・断熱・防耐火および美装を目的として使用されるバーミキュラ

イトについて規定する。

引用規格:4 ページに示す。

2.

製造方法  バーミキュライトは,膨張性雲母を焼成膨張させて製造する。

3.

種類および呼び方

3.1

バーミキュライトは,粒度および色名によって,つぎのように区分する。

(1)

粒度による区分

表 1,表 のいずれかによる。

表 1  細粗粒が適度に混合しているもの

記号

粒度

粒度 ( 5 )

粒度 (2.5)

粒度 (1.2)

最大寸法 5mm 以下で 0.3mm 以上の各粒のものが適度に混合しているもの

最大寸法 2.5mm 以下で 0.15mm 以上の各粒のものが適度に混合しているもの

最大寸法 1.2mm 以下で 0.15mm 以上の各粒のものが適度に混合しているもの

表 2  ある粒が大部分を占めるもの

記号

粒度

粒度 5.0∼1.2

粒度 2.5∼0.6

粒度 1.2∼0.3

粒度 0.6∼0.15

粒度 0.3 以下

5.0mm

∼1.2mm のものが大部分を占めるもの

2.5mm

∼0.6mm のものが大部分を占めるもの

1.2mm

∼0.3mm のものが大部分を占めるもの

0.6mm

∼0.15mm のものが大部分を占めるもの

0.3mm

以下のものが大部分を占めるもの

(2)

色名による区分 JIS Z 8102(色名)による。

備  考

バーミキュライトは,原鉱石産地国名で区分することができる。

3.2

バーミキュライトの呼び方は,つぎの例による。

例: 粒度 (5)

日本産

金色

バーミキュライト

粒度 5.0∼1.2

アメリカ産  シルバーグレー  バーミキュライト

ただし,呼び方は必要のない部分を除いてもよい。

4.

品質

4.1

バーミキュライトは,清浄で,どろ,砂,有機不純物などの有害量を含んではならない。また,著

しく水分を含んではならない。


2

A 5009-1972

4.2

バーミキュライトは,5.2 に規定する焼成試験による容積膨張率が 3.0%をこえてはならない。

4.3

バーミキュライトの一荷口の色調は,著しく異なってはならない。

4.4

粒度,3.1(1)

表 および表 に規定するバーミキュライトは,表 および表 の範囲でなければな

らない。

表 3

ふるいを通るものの重量百分率 (%)

 
 

ふるい 
の呼び

寸法

(mm)

記号

10  5  2.5 1.2 0.6 0.3 0.15

粒度 (5)

100

100

∼80

80

∼30 50∼5 30∼0 15∼0 0

粒度 (2.5)

100

100

∼85

70

∼30 35∼5 20∼0 10∼0

粒度 (1.2)

100

95

∼50 70∼10 30∼0 10∼0

表 4

記号

粒大

各ふるいの間にとどまる量の

重量百分率 (%)

粒度 5.0∼1.2 5.0mm ふるいを 90%以上通過 5.0mm∼1.2mm のものが 60%以上

粒度 2.5∼0.6 2.5mm ふるいを 90%以上通過 2.5mm∼0.6mm のものが 60%以上

粒度 1.2∼0.3 1.2mm ふるいを 90%以上通過 1.2mm∼0.3mm のものが 60%以上

粒度 0.6∼0.15 0.6mm ふるいを 90%以上通過 0.6mm∼0.15mm のものが 60%以上

粒度 0.3 以下 0.3mm ふるいを 90%以上通過

4.5

単位容積重量は,表示した値に対して±10%以内でなければならない。

参考表  単位容積重量の標準値

記号

単位容積重量

粒度 (5)   粒度 (2.5)   粒度 (1.2)

粒度

5.0

∼1.2

粒度

2.5

∼0.6

粒度

1.2

∼0.3

粒度

0.6

∼0.15

粒度

0.3

以下

kg/l 0.07

∼0.20 0.08∼0.22 0.09∼0.25

0.07

∼0.20

0.08

∼0.22

0.09

∼0.25 0.10∼0.30 0.12∼0.35

5.

試験

5.1

試料の採り方

(1)

気乾状態のもの 1 袋から,5.2

5.3,および 5.4 の試験に必要な試料を採取する。この場合,1 袋の試料

を代表するように約 4 分の 1 をとり出し,四分法で縮分する。

(2)

単位容積重量試験に用いる試料は,約 2を用いる。

(3)

粒度試験に用いる試料は,約 0.5を用いる。

(4)

焼成試験に用いる試料は 100ml を用いる。

5.2

焼成試験

5.2.1

試験器具

(1)

容積を計量する容器は,200ml メスシリンダーを用いる。

(2)

焼成装置は,750℃以上の温度が 5 分間以上得られるものとする。

5.2.2

試験方法

(1)

試料をメスシリンダーに静かに入れ 100mを計量する。

(2)

磁性蒸発ざらなどを用い,試料が均等に加熱されるよう試料を数回に分けて焼成する。焼成温度は

750

℃以上,焼成時間は 5 分間とする。

(3)

冷却した試料をメスシリンダーに静かに入れ,上端をならして容積を読みとる。


3

A 5009-1972

(4)

報告は,焼成試験後の容積膨張百分率をつぎの式で算出し,有効数字 3 けためを JIS Z 8401(数値の

丸め方)によって有効数字 2 けたまでとする。

100

%

×

=

焼成試験前の容積

焼成試験前の容積

焼成試験後の容積

率(

焼成試験容積膨張百分

5.3

粒度試験

5.3.1

試験器具

(1)

はかりは,1g の精度を有するものを用いる。

(2)

ふるいは,0.15mm,0.3mm,0.6mm,1.2mm,2.5mm,5mm,10mm の網ふるいを用いる。

備考 0.15mm,0.3mm,0.6mm,1.2mm,2.5mm,5mm および 10mm の各ふるいは,JIS Z 8801(標準

ふるい)に規定する標準網ふるい 149

µ

,297

µ

,590

µ

,1190

µ

,2380

µ

,4760

µ

および 9.52mm で

ある。

5.3.2

試験方法

(1)

試料は,5.3.1 に規定するふるいのうち,ふるい分け試験の目的にあう 1 組のふるいを用いてふるい分

ける。

(2)

ふるい分け作業は,ふるいに上下動および水平動を与えて試料をゆり動かし,試料が絶えずふるい面

を均等に運動するように操作する。

手でふるい分け作業を行なうときは,0.15mm,0.3mm および 0.6mm のふるいにあっては,それぞ

れのふるいについて 4 分間,1.2mm,2.5mm および 5mm のふるいにあっては,それぞれのふるいにつ

いて 3 分間ふるい分ける。

機械を用いてふるい分けを行なうときは,3 分間操作し,さらに,手でふるい分けを 1 分間行なう。

(3)

ふるい分けを終わったのち,はかりを用いて各ふるいにとどまる試料の重量を測る。

(4)

報告は,重量百分率により示し,これに最も近い整数に直したものとする。

5.4

単位容積重量試験

5.4.1

試験器具

(1)

はかりは,1g の精度を有するものを用いる。

(2)

容積を計量する容器は,JIS A 1104(骨材の単位容積重量試験方法)に規定する内径 14cm,内高 13cm

の金属製の円筒形容器を用いる。容器の容量は,これを満たすに要する水の重量を正確に測って,こ

れを算出しなければならない。

備考  この容器は,寸法形状が正確であれば,容量は 2.00である。

(3)

試料の重量計量には,試料重量と同程度の重量の容器を用いる。

5.4.2

試験の方法

(1)

小形ショベルで試料をすくい,容器に落差をつけないで,かつ,大小粒が分離しないように移し入れ,

あふれるまで満たす。

(2)

試料の表面を軽く定規でならす。

この場合,

容器の上面から粗粒のはなはだしい突起がある場合には,

突起がその面の大きいへこみと同じ程度になるようにならす。

(3)

試料を,容積測定用容器から 5.4.1(3)の容器に移し,試料の重量を測り,容積測定用容器の容積で,こ

れを割って単位容積重量を算出し,有効数字 3 けためを JIS Z 8401(数値の丸め方)によって丸めて

有効数字 2 けたまでとする。

(4)

同一試料について 2 回試験を行ない,

その試験結果の差がその平均値の 3.0%以下でなければならない。

3.0%

をこえる場合には,5.1 に規定する試料の採取から再試験を行なわなければならない。


4

A 5009-1972

(5)

報告すべき単位容積重量 (kg/l)  は,(4)に示す平均値とする。

6.

検査  バーミキュライトの検査は,JIS Z 9001(抜取検査通則)によりロットの大きさを決定し,合

理的な抜取検査方式によりロットから試料を抜き取り,4.について試験を行ない合否を決定する。

7.

表示  包装の外面には,3.に規定した種類,単位容積重量および容量または重量,製造業者名または

その略号を明記する。

引用規格:

JIS A 1104

(骨材の単位容積重量試験方法)

JIS Z 8102

(色名)

JIS Z 8401

(数値の丸め方)

JIS Z 8801

(標準ふるい)

JIS Z 9001

(抜取検査通則)

建築部会バーミキュライト専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

栗  山      寛

日本大学生産工学部

重  倉  祐  光

東京理科大学理工学部

石  神  武  男

職業訓練大学校

金  子  勇次郎

建設省住宅局

原  野  律  郎

通商産業省化学工業局

西  村      一

工業技術院標準部

深  沢      明

株式会社竹中工務店

岩  崎  行  男

日本湿式建材工業会

岡  崎  秋  夫

日本バーミキュライト工業会

鈴  木  賢  治

バミクライトオブジャパンリミテッド

松  原  光  一

株式会社エービーシー商会

(事務局)

田  村  尹  行

工業技術院標準部材料規格課

土  屋      隆

工業技術院標準部材料規格課