>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 A5008

-1995

舗装用石灰石粉

Limestone filler for bituminous paving mixtures

1.  適用範囲  この規格は,主として歴青舗装に用いる石灰石(

1

)の石粉について規定する。

(

1

)  ドロマイトを含む。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS A 1202  土粒子の密度試験方法

JIS R 5201  セメントの物理試験方法

JIS Z 8401  数値の丸め方

JIS Z 8801  試験用ふるい

2.  品質 
2.1

石灰石粉は,石灰石を粉砕したもので,ごみ・どろ・有機物・微粒子の団粒などの有害量を含んで

いてはならない。

2.2

水分は,1.0%以下でなければならない。

2.3

粒度は,

表 の規定に適合しなければならない。

表 1

ふるいの呼び寸法(

2

)

µm

ふるいの通過質量百分率%

600 
150 
 75

100

90 以上 
70 以上

(

2

)  ふるいの呼び寸法は,それぞれ JIS Z 8801に規定す

る網ふるいの呼び寸法

2.4

比重は,2.60 以上とする。

3.  試験 
3.1

数値の丸め方  数値の丸め方は,JIS Z 8401 による。

3.2

試料  試料は,その平均品質を表すように採取し,よく混合して,円すい四分法などによって約 500g

に縮分する。

採取した試料は,外気の影響を受けない気密の容器に保存する。

3.3

試験方法

3.3.1

水分  試料約 100g を 0.1g まで正しく量りとり,試料が均等の厚さになるように広げ,恒温乾燥器

に入れ 105∼110℃で恒量になるまで乾燥した後,デシケータ中で室温まで冷却後,質量を量る。

水分は,次の式によって算出し,小数点以下 1 けたに丸める。



A5008-1995

100

1

1

2

×

÷÷ø

ö

ççè

æ

=

M

M

A

ここに,

A: 水分 (%)

M

2

乾燥後の質量 (g)

M

1

試料の質量 (g)

3.3.2

粒度  ふるい分けは,JIS Z 8801 に規定する標準網ふるい 600

µm,150µm 及び 75µm のふるいを用

いる。

試料は,105∼110℃で恒量となるまで乾燥した後,デシケータ中で室温まで冷却後,約 50g を 0.1g まで

正しく量りとる。

次に,静かにふるいを回しながら微粉末を通過させた後,片手で 10 秒間約 25 回の速さでふるい枠をた

たく。25 回たたくごとにふるいを約

6

1

回転させる。

粉末の凝集したものは,指,毛ばけなどで枠に軽くすりつけてつぶす。

このようにして 1 分間の各ふるい通過量が 0.1g 以下となったとき,ふるうのをやめて,ふるい上残分の

質量を量る。

各ふるいの通過質量百分率は,次の式によって算出し整数に丸める。

100

1

1

2

×

÷÷ø

ö

ççè

æ

=

M

M

P

ここに,

P: ふるい通過質量百分率 (%)

M

2

ふるい上残分の質量 (g)

M

1

試料の質量 (g)

なお,機械ふるい方法又は水ふるい方法(

3

)をもって,手ふるい方法に代用してもよいが,機械ふるい方

法による場合,ふるい終わりは,手ふるい方法によらなければならない。

(

3

)

  試料50g を0.1g まで正しく量りとり,ふるいに入れ,清浄な水で洗いながら流す。流れ出す水

が透明になった後,105∼110℃で恒量となるまで乾燥し,ふるい上残分を取り出して質量を量

る。各ふるいの通過質量百分率を,算出する。

3.3.3

比重  JIS R 5201 に規定するルシャテリエ比重瓶(以下,比重瓶という。)を使用する。

水は蒸留水又は煮沸した水を使用する。

比重瓶の目盛 0∼1ml の間まで水をつぎ,比重瓶を恒温の水槽中に静置して,比重瓶の中の水の温度が

ほとんど変化しないようになったとき,水面の目盛を 0.02ml まで読む。

試料は 105∼110℃で恒量となるまで乾燥し,約 80g を 0.1g まで正しく量りとり,少しずつ静かに比重瓶

に入れる。全部の試料を入れ終わったならば,適当に振動して空気を十分追い出し,再び,比重瓶を恒温

の水槽中に静置して水面の目盛を読み,次の式によって比重を算出する。比重試験は 2 回以上行い,その

平均値を小数点以下 2 けたに丸める。

V

M

f

=

ここに,

f

試料の比重

M

試料の質量 (g)

V

比重瓶の読みの差 (ml)

備考1.  比重試験中の水の温度差は,1.0℃を超えてはならない。

2.

  比重試験の精度は,0.01 以内で一致しなければならない。

3.

  比重試験は,JIS A 1202 によってもよい。


3

A5008-1995

4.

  検査  検査は,3.によって試験を行い,2.の規定に適合すれば合格とする。ただし,水分,比重の検査

は注文者の承認があれば省略することができる。

5.

  表示  石灰石粉は袋入りの場合,袋の外面には,次の事項を表示する。

(1)

  製品名称

(2)

  正味質量

(3)

  製造業社名又はその略号

土木部会  舗装用石灰石粉専門委員会  構成表(昭和 44 年 8 月 1 日制定のとき)

氏名

所属

(委員会長)

星  埜      和

東京大学生産技術研究所

国  分  正  胤

東京大学工学部

松  野  三  朗

建設省土木研究所

加  納  寛  治

通商産業省鉱山石炭局

分  部  武  男

工業技術院標準部

倉  持  文  雄

東京都土木技術研究所

江  原  栄太郎

石灰石鉱業協会

瀬  戸  睦  郎

奥多摩工業株式会社

富  田  欽  三

住友セメント株式会社

橋  本  政  雄

日鉄鉱業株式会社

袋      幸  一

吉沢石灰工業株式会社

田  巻      直

鋼管鉱業株式会社

高  橋  国一郎

建設省道路局

大  島  哲  夫

日本道路公団工務部

関  根  欣  幸

東京都江東治水事務所

昆布谷  竹  郎

日本鋪道株式会社技術研究部

井  上  静  三

日本道路株式会社技術研究所

工  藤  忠  夫

世紀建設株式会社

谷  藤  正  三

セントラルコンサルタント株式会社

(事務局)

高  木  徹  夫

工業技術院標準部材料規格課

藤  田  富  男

工業技術院標準部材料規格課

(事務局)

鎌  田  矩  夫

工業技術院標準部材料規格課(昭和 51 年 3 月 1 日改正のとき)

山  田  次  雄

工業技術院標準部材料規格課(昭和 51 年 3 月 1 日改正のとき)

(事務局)

山  崎  耐  之

工業技術院標準部材料規格課(平成 7 年 11 月 1 日改正のとき)