>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 A

5006

-1995

割ぐり石

Rubbles

1.

適用範囲  この規格は,主に土木・建築に使用する割ぐり石について規定する

備考  この規格の中で{  }を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるもので,参考値で

ある

2.

原石及び割ぐり石の定義

2.1

割ぐり石の原石は,花こう岩類,安山岩類,砂岩類,凝灰岩類,石灰岩類,けい岩類又はこれらに

準じる岩石とする

2.2

割ぐり石は,2.1 の原石を破砕したものであって,うすっぺらなもの,細長いものであってはならな

い。

うすっぺらとは,厚さ  (C)  が幅  (B)  の

2

1

以下のものをいい,細長とは,長さ  (A)  が幅  (B)  の 3 倍以上

のものをいう。

長さ,幅,厚さの測り方は,割ぐり石の投影図の面積が最大となる位置において,

図 の例のように測

る。

図 1

ここに,

A

長軸の最大長さ (cm)

B

A

に直角に測った最大長さ (cm)

C

投影面に垂直に測った最大長さ (cm)

3.

種類及び呼び方  割ぐり石は,質量によって表 のように区分する


2

A 5006-1995

表 1  質量による区分

1

個の質量 kg

呼び方

標準値

許容差

荷口の許容差

割ぐり石 1 号 10

±20%

割ぐり石  2 号

  20

割ぐり石  3 号

  30

割ぐり石  5 号

  50

(1 個の質量の標準値の許容差
をはずれるものの合計質量の,
全質量に対する百分率)

割ぐり石 10 号

100

割ぐり石 20 号

200

割ぐり石 30 号

300

割ぐり石 50 号

500

割ぐり石 70 号

700

割ぐり石 100 号 1

000

±10%

30%

備考  質量の算出方法は 2.2 の測り方を用い,次の式によって算出して

もよい。

質量 m (kg)=V (cm

3

)

×見掛比重×0.1

3

V (cm

3

)

A×B×C×0.25

ここに,

V

体積 (cm

3

)

A

長さ (cm)

B

幅 (cm)

C

厚さ (cm)

4.

品質  割ぐり石は,その圧縮強さによって表 のとおり硬石,準硬石又は軟石に区分する

表 2  圧縮強さによる区分

参考値

種類

圧縮強さ

N/cm

2

 {kgf/cm

2

}

吸水率%

見掛比重 g/cm

3

硬石

4 903.3 {500}

以上

  5

未満

  約 2.7∼2.5

準硬石

4 903.3 {500}

未満

 980.66 {100}

以上

  5

以上

15

未満

約 2.5∼2

軟石

980.66

{100}

未満 15 以上

約 2 未満

5.

試験方法

5.1

数値の換算  従来単位の試験機又は計測器を用いて試験する場合の国際単位系 (SI) による数値へ

の換算は,次による

1kgf

=9.80N

5.2

見掛比重  試験体は,3 個の供試割ぐり石からそれぞれ 1 個ずつ切りとり,大きさ 10×10×20cm の

直方体(

1

)

とする。

試験体の加圧面は平たん仕上げとする。

これを 105∼110℃の空気乾燥器内で恒量となるまで乾燥する。その後取り出してデシケータに入れ,冷

却したのち質量及び正味体積を量る。

見掛比重は,次の式によって算出し,試験体 3 個の平均値をもって表す。

)

(cm

(g)

3

正味体積

質量

見掛比重=

(

1

)

 20cm

を石理にほぼ垂直方向とする。


3

A 5006-1995

5.3

吸水率  見掛比重測定時の試験体の質量を乾燥時の質量とする。次に図 に示すように石理を水面

と平行にし,かつ上部 1cm を常に水面上になるように浸水して,20±3℃で多湿の恒温室内に置く。48 時

間経過後取り出し,手早く浸水部分の水をふきとり,直ちに質量を量り,吸水時の質量とする。

吸水率は,次の式によって算出し,試験体 3 個の平均値をもって表す。

100

(g)

(g)

(g)

)

(

×

乾燥時の質量

−乾燥時の質量

吸水後の質量

吸水率

図 2

5.4

圧縮強さ  吸水率測定後の試験体を使用し,吸水時の質量測定後,直ちに試験する。

加圧には,中央に球接面をもつ伝圧装置を用いて,原則として石理に垂直に毎 cm

2

当たり毎秒 98.066N

{10kgf}

の速さで加圧する。

圧縮強さは,次の式によって算出し,試験体 3 個の平均値をもって表す。

{

}

{ }

)

(cm

kgf

(N)

kgf/cm2

)

(N/cm

2

2

断面積

最大荷重

圧縮強さ

断面積を算出する場合,各辺の寸法は,0.1mm まで正確に測る。