>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 A

5001

-1995

道路用砕石

Crushed stone for road construction

1.  適用範囲  この規格は,道路の敷砕石,路盤,歴青舗装の表層・基層などに使用する道路用砕石(以

下,砕石という。

)について規定する。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS A 1102  骨材のふるい分け試験方法

JIS A 1103  骨材の洗い試験方法

JIS A 1110  粗骨材の比重及び吸水率試験方法

JIS A 1121  ロサンゼルス試験機による粗骨材のすりへり試験方法

JIS A 1205  土の液性限界・塑性限界試験方法

JIS Z 8801  標準ふるい

JIS Z 9001  抜取検査通則

2.  種類及び呼び名  砕石の種類及び呼び名は,表 のとおりとする。

表 1  種類及び呼び名

種類

呼び名

単粒度砕石

S−80(1 号),S−60(2 号),S−40(3 号),S−30(4 号),
S−20(5 号),S−13(6 号),S−5(7 号)

クラッシャラン

C−40, C−30, C−20

スクリーニングス

F−2.5

粒度調整砕石(

1

)

M−40, M−30, M−25

(

1

)  粒度調整砕石は,粒度調整工法に使用するもので,所定の粒度及び含

水比になるように単粒度砕石,クラッシャランに他の材料を加え,含
水比の調整ができる装置によって混合したもの。

3.  品質 
3.1

外観  砕石は,清浄堅硬,耐久的で,ごみ,泥,薄い石片,細長い石片,有機不純物などを有害量

含んではならない。

3.2

物理的性状  砕石は,5.25.5 によって試験を行い,次の項目に適合しなければならない。

(1)  粒度  粒度は,表 に適合しなければならない。



A 5001-1995

表 2  粒度

ふるいを通るものの質量百分率  %

ふるいの呼び寸法(

2

)mm

呼び名

100 80

60  50  40

30

25

20

13

5  2.5

1.2

0.6 0.4 0.3 0.15 0.075

S−80(1 号)

100

85∼

100

0∼

15

S−60(2 号)

100

85∼

100

0∼

15

S−40(3 号)

100

85∼

100

0∼

15

S−30(4 号)

100

85∼

100

0∼

15

S−20(5 号)

100

85∼

100

0∼

15

S−13(6 号)

100

85∼

100

0∼

15

S−5(7 号)

100

85∼

100

0∼

25

0∼5

C−40

100

95∼

100

50∼

80

15∼

40

5∼

25

C−30

100

95∼

100

55∼

85

15∼

45

5∼

30

C−20

100

95∼

100

60∼

90

20∼

50

10∼

35

100

85∼

100

25∼

55

15∼

40

7∼

28

0∼

20

スクリー

ニング

F−2.5

M−40

100

95∼

100

60∼

90

30∼

65

20∼

50

10∼

30

2∼

10

M−30

100

95∼

100

60∼

90

調

M−25

100

95∼

100

55∼

85

(

2

)  ふるいの呼び寸法は,それぞれ JIS Z 8801に規定する網ふるい106mm,75mm,63mm,53mm,37.5mm,31.5mm,

26.5mm,19mm,13.2mm,4.75mm,2.36mm,1.18mm,600

µm,425µm,300µm,150µm 及び75µm である。

(2)  絶乾比重,吸水率及びすりへり減量  絶乾比重,吸水率及びすりへり減量は,表 に適合しなければ

ならない。

表 3  絶乾比重,吸水率及びすりへり減量

種別

絶乾比重

吸水率  %

すりへり減量  %

1 種 2.45 以上

3.0 以下 35 以下

2 種(

3

)

− 40 以下

(

3

)  2種は,歴青舗装の表層又は基層に使用してはならな

い。

(3)  塑性指数  スクリーニングス及び粒度調整砕石の塑性指数は,NP でなければならない。 
(4)  含水比及び修正 CBR  粒度調整砕石の含水比及び修正 CBR は,締固めのときに所要の密度が得られ


3

A 5001-1995

るよう受渡当事者間の協議によって定めることができる。

4.  製造方法  製造方法は,次による。 
(1)  原石  原石は,表土その他の不純物を除去したものを使用しなければならない。

また,原石は,堅硬,耐久的な石質をもち,破砕時にへん平な形状,結晶間にひび割れを生じるお

それがないものとする。

なお,原石の大きさは,砕石の最大粒径の 3 倍以上とする。

(2)  貯蔵  砕石の貯蔵は,大小の粒が分離しないように,かつ,不純物が混入しないように貯蔵しなけれ

ばならない。

5.  試験方法 
5.1

試料の採り方  試料は,全体を代表するように採取し,合理的な方法で縮分する。

5.2

粒度試験  試験は,JIS A 1102 に規定する方法による。ただし,スクリーニングス及び粒度調整砕石

が呼び寸法 0.074mm ふるいを通過する量についての試験は,JIS A 1103 に準じて行う。ふるい分け試験の

試料は,洗い試験をした後のふるい残留分とし,その質量は,乾燥後においてスクリーニングスでは 500g,

粒度調整砕石では 15 000g を標準とする。

5.3

絶乾比重及び吸水率試験  試験は,JIS A 1110 に規定する方法による。ただし,試料は,呼び寸法

13mm ふるいを通過し,呼び寸法 5mm ふるいに残留するものであって,その全質量は約 2 000g とする。

5.4

すりへり減量試験  試験は,JIS A 1121 に規定する方法による。ただし,試料は,呼び寸法 13mm ふ

るいを通過し,呼び寸法 5mm ふるいに残留するものであって,その全質量は 5 000±10g とする。試験に

用いる球数は,8 個とし,その全質量は,3 330±25g とする。

なお,試験機の回転速度は,毎分 30∼33 回とし,回転数は,500 回とする。

5.5

塑性指数  塑性指数は,JIS A 1205 に規定する方法による。

6.  検査方法  検査方法は,JIS Z 9001 又は受渡当事者間の協議によってロットの大きさを決定し,合理

的な抜取検査方法によって試料を抜き取り,

5.によって試験を行い,3.の規定に適合したものを合格とする。

7.  表示  道路用砕石の送り状には,次の事項を表示しなければならない。 
(1)  種類,呼び名及び種別(例  クラッシャラン C−20 1 種) 
(2)  製造業者名及び工場名

(3)  出荷年月日

(4)  数量(質量又は容積)

(5)  納入先工場名又は工事現場名

8.  報告  製造業者は,購入者から要求があった場合には,試験成績表を提出しなければならない。



A 5001-1995

原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

阿  部  頼  政

日本大学理工学部

安  崎      祐

建設省土木研究所

平  松  博  久

通商産業省生活産業局

高  木  譲  一

通商産業省工業技術院

達  下  文  一

東京都建設局

山之口      浩

財団法人道路保全技術センター

溝  口  考  芳

エフ・イー石灰工業技術研究所

洲  崎  祥一郎

日本道路株式会社

林          勉

株式会社渡辺組

石  田  次  郎

株式会社大阪砕石工業所

小  川  八  郎

小川工業株式会社

鶴  田  欣  也

鶴田石材株式会社

捻  水  利  彦

鯖江土石協業組合

菊  池  義  明

東京石灰工業株式会社

(事務局)

秋  本      勳

社団法人日本砕石協会