>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 4417

:2005

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本住宅

設備システム協会(JHESA)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正

すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,

経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS A 4417:1995 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正は,シックハウス問題に対応するため,ホルムアルデヒドの放散のおそれのある材料に関す

る部分の改正を主たる目的とし,更に JIS Z 8301 の様式との整合及び SI 単位への移行を行った。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任をもたない。


A 4417

:2005

(2)

目  次

ページ

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  材料

1

3.1

  部材

1

3.2

  部品

1

4.

  構造

1

5.

  寸法

2

6.

  外観

2

7.

  性能

2

7.1

  機能

2

7.2

  性能

3

8.

  試験方法

3

8.1

  材料,構造,外観及び機能

3

8.2

  強度試験

3

8.3

  配管の漏れ試験

4

8.4

  通電・作動試験

4

8.5

  電気絶縁試験

4

9.

  検査

4

9.1

  形式検査

4

9.2

  製品検査

5

10.

  表示

5

11.

  取扱説明書及びカタログ

5

 


日本工業規格

JIS

 A

4417

:2005

住宅用便所ユニット

Toilet unit for dwellings

1.

適用範囲  この規格は,住宅に使用される便所ユニット(

1

)

(以下,ユニットという。

)について規定す

る。

注(

1

)

便所ユニットとは,用便のための機能をもつ室形ユニットをいう。

2.

引用規格  付表 に示す規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成

する。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

3.

材料

3.1

部材  部材は,次による。

a)

化粧金属板は,

付表 に規定の基準に適合しなければならない。

b)

合板は,日本農林規格に規定するもので,ホルムアルデヒドの放散量が F☆☆☆等級の規定値以下の

ものでなければならない。

c)

ガラス繊維強化ポリエステル(以下,FRP という。

)板は,

付表 に規定の基準に適合しなければな

らない。

d)

アルミ押出形材は,JIS H 4100 の規定に適合しなければならない。

e)

鋼材は,JIS G 3101 又は JIS G 3350 の規定に適合しなければならない。

f)

鋼板は,JIS G 3141 に,ステンレス鋼板は,JIS G 4305 の規定に適合しなければならない。

3.2

部品  部品は,次による。

a)

衛生陶器(便器,ロータンク及び手洗器)及び附属金具は,JIS A 5207 による。

b)

大便器洗浄弁は,逆流防止器付きとしなければならない。

c)

給水栓は,JIS B 2061 の規定に適合しなければならない。

d)

配管材料は,JIS A 4413 の規定に適合しなければならない。

e)

電気製品は,電気用品安全法などの法規の基準に適合しなければならない。

4.

構造  ユニットの構造は,次による。

a)

ユニット組込み部品などは,

表 による。


2

A 4417

:2005

  1

組み込まれていなければならない部品

組み込まれていることが望ましい部品

水洗便器

紙巻器 
照明器具 
手洗器(手洗器付ロータンクを含む。

タオル掛け

コンセント

b)

実用上,十分な耐力をもつ構造とする。

c)

ユニットは,自立するか,又は建築く(躯)体に固定することによって安定し,かつ,振動に対して安

全な構造とする。

d)

金属板の端部,小ねじ穴など,さび又は腐食のおそれのある部分は,ユニットの内面に露出しない構

造とする。

e)

水に直接触れる木部は,防腐処理を施す。

f)

部材・部品は,通常,保守,点検及び修理又は交換が可能な構造とする。

g)

輸送,荷下ろしなどにおける振動及び衝撃に耐えられる構造とする。

h)

電気配線が接触又は貫通した金属部材が,人体に触れるおそれがある箇所は,漏電防止構造とする。

i)

部品は,室内での動作が円滑・安全にできるように配置されていなければならない。

j) 1

時間に 2 回以上換気できる構造とする。

k)

床は清掃しやすい構造とする。

5.

寸法  ユニットの寸法は,JIS A 0012 による。

6.

外観  ユニットの外観は,次による。

a)

FRP

部  表面仕上げが良好で,き裂,欠け,ピンホール,色むら,変形などの著しい欠点があっては

ならない。

b)

金属部  金属部は,次による。

1)

表面仕上げが良好で,割れ,きず,さび,巣などの著しい欠点があってはならない。

2)

塗装部分は,はげ,むら,きず,さびなどの著しい欠点があってはならない。

3)

めっき部分は,めっきはげなどの著しい欠点があってはならない。

4)

さび止めを必要とする部分には,さび止めの処置が施されていなければならない。

c)

その他  その他各部の外観は,著しい欠点がなく,かつ,著しい異臭があってはならない。

7.

性能

7.1

機能  ユニットの機能は,次による。

a)

用便ができる。

b)

便の始末ができる。

c)

衣服を整える広さがある。

d)

便器の洗浄及び排水ができる。

e)

汚水の悪臭が逆流しない。

f) 1

時間に 2 回以上換気ができる。

g)

出入口にドア(カーテンなどを含む。

)がある。


3

A 4417

:2005

h)

ロック付きのドアの場合には,必要に応じて外部から開けられる。

i)

使用上支障のない照度をもつ。

7.2

性能  ユニットは,完成品について,8.によって試験したとき,表 の規定に適合しなければならな

い。

  2  性能

項目

性能

試験方法

8.2 a)

衝撃強さ

使用に支障のある変形,破損,ひび割れなどの欠
点を生じてはならない。

8.2 b)

天井

最大たわみ量が 10 mm 以下。

8.2 c)

最大たわみ量が 7 mm 以下。

8.2 d)

強度

たわみ

最大たわみ量が 5 mm 以下。

8.2 e)

配管の漏れ

便器及び給水・汚水管

漏れがあってはならない。

8.3

通電・作動

異常があってはならない。

8.4

絶縁抵抗 1

M

Ω 以上。

8.5 a)

電気絶縁性

絶縁耐力

異常があってはならない。

8.5 b)

8.

試験方法

8.1

材料,構造,外観及び機能  ユニットの材料,構造,外観及び機能について,3.,4.,6.及び 7.1 の各規

定に適合しているかどうかを調べる。

8.2

強度試験  強度試験は,次による。

a)

壁に対する衝撃  直径約 200 mm の布袋に乾燥した川砂を充てんして,総質量 15 kg とした砂袋を,

図 のように,つり元から砂袋の重心までの距離が 1 000 mm になるようにひもでつるす。次に,砂

袋を,ひもの角度が 30°になるまで持ち上げた後,手放して内側表面に自然衝突させて衝撃を加える。

これを 5 回繰り返した後,裏打材の脱落,及び壁の表面に使用上支障のあるような変形,ひび割れ,

破損などが生じていないかどうかを調べる。

  1  壁に対する衝撃

b)

床に対する衝撃  ユニットをコンクリートの床の上に置く。床の中央部に,図 に示す総質量 7 kg の

砂袋(

2

)

を,半球部を下にして 1 000 mm の高さから自然落下させる。これを 5 回繰り返した後,床面

の変形,ひび割れ及び破損などが生じないかどうかを調べる。

注(

2

)

砂袋の半球部には,皮革製又はラバーの円周 750∼780 mm のバスケットボール(検定球)を用

いる。


4

A 4417

:2005

  2  砂袋

c)

天井に対するたわみ  天井中央部の上面に,直径約 150 mm,厚さ 5 mm のゴム板を載せ,その上に質

量 4 kg のおもりを載せて,1 時間経過後の最大たわみ量を測定する。

d)

壁に対するたわみ  ユニット長辺の壁の中央部に,直径約 150 mm,厚さ 5 mm のゴム板を当て,これ

に 98 N の水平方向の力を加え,壁面の最大たわみ量を測定する。

e)

床に対するたわみ  ユニットの床中央部に,直径約 150 mm,厚さ 5 mm のゴム板を置き,その上に質

量 100 kg のおもりを載せ,1 時間経過後の床中央部の最大たわみ量を測定する。

8.3

配管の漏れ試験  ユニットに用いられる配管には,それぞれの用途に応じて,次の試験を行う。

a)

給水管  給水管の止水栓を閉止した状態で,配管端末から常温の水で徐々に水圧を加え,水道直結の

場合は 1.72 MPa まで,また,私設タンクに接続する場合は 0.74 MPa まで上昇させ,そのまま 2 分間

以上保持した後,水漏れの有無を調べる。

なお,圧力計の読取りの精度は,読取り値の

10

1

以下とする。

b)

汚水管  ユニットの汚水管の端末を閉止した状態で,ロータンクのあふれ面まで水を満たし,同時に

便器の上縁一杯に水を満たし,30 分間放置した後,接続口などからの水漏れの有無を調べる。

8.4

通電・作動試験  ユニットの電源部に AC 100 V 電源装置で定格電圧を加え,各電気器具の作動及び

コンセントの通電を確認する。

8.5

電気絶縁試験  電気絶縁試験は,次による。

a)

絶縁抵抗  500 V 絶縁抵抗計によって,充電部とアースするおそれのある非充電金属部との間の絶縁

抵抗値を調べる。

b)

絶縁耐力  絶縁抵抗試験の後,充電部とアースするおそれのある非充電金属部との間に,1 000 V の交

流電圧を 1 分間加えたときの異常の有無を調べる。

9.

検査

9.1

形式検査  ユニットの設計又は生産技術が著しく変更されたときは,次の形式検査を行い,その合

否を判定する。

a)

試料の採り方  形式検査に供する試料は,最初の製造ロットからランダムに 1 台以上の試料を採る。

b)

検査項目  形式検査は 3.4.及び 7.の各項目について行う。


5

A 4417

:2005

c)

試験方法  試験方法は,8.による。

d)

判定  判定は,3.4.及び 7.による。

9.2

製品検査  ユニットは,完成された状態で a)の検査項目の試験を行い,合否を判定する。ただし,

検査は,合理的な抜取方式によって行ってよい。

a)

検査項目  製品検査を行う項目は,次のとおりとする。

1)

外観

2)

配管の漏れ試験

b)

試験方法  試験方法は,8.による。

c)

判定  判定は,6.及び 7.による。

10.

表示  ユニットには,鮮明,かつ,容易に消えない方法で,取付け後も認められる箇所に,次の事項

を表示した銘板を付けなければならない。

a)

寸法又はその略号

b)

製造業者名又はその略号

c)

製造番号

d)

商品名

11.

取扱説明書及びカタログ  取扱説明書及びカタログには,図示その他明確な方法によって,次の事項

を記載する。

a)

使用取扱説明書(使用者対象)

1)

使用方法,使用条件,使用上の注意事項及び禁止事項

2)

手入れ及び掃除の要領

3)

簡単な故障,異常の場合の見分け方及び処置方法

4)

故障,修理などの連絡先

5)

その他  使用材料に対する注意事項[b) 5)参照。

b)

施工取扱説明書(施工者対象)

1)

ユニットの構成

2)

据付け・固定の方法,組立手順及びそれらの注意事項

3)

組立後の検査

4)

運搬,荷下ろしなどの注意

5)

使用材料に対する注意事項

5.1)

使用材料の材質

5.2)

製品に使用する構成材のホルムアルデヒド発散区分

例  構成材料

内装仕上げ部分 

下地部分 

ホルムアルデヒド

発散建築材料

放散区分

ホルムアルデヒド

発散建築材料

放散区分

合板

F

☆☆☆☆

合板

F

☆☆☆☆

6)

その他


6

A 4417

:2005

c)

カタログ

1)

種類,寸法及びその略号

2)

換気口接続部の大きさ(mm)

3)

主要材料名(床,壁・天井)

4)

取付け部品名

5)

接続管の種別及び口径

6)

総質量

7)

電気容量

8)

その他  使用材料に対する注意事項[b) 5)参照。


7

A 4417

:2005

付表  1  化粧金属板

項目

試験方法

判定基準

耐衝撃性

試験体の試験面中央部に,JIS B 1501 に規定する 12.7

mm

の鋼球(質量 500 g)を,300 mm の高さから落と

して塗膜などのはがれを見る。

塗膜などがはがれてはならない。

密着性

JIS A 4401

の 11.3.2(密着性)による。

塗膜などのはがれは,3 個以下。

耐沸騰水性

試験体を沸騰水(95  ℃以上)に 3 時間浸せきする。

しわ,割れ,膨れ,はがれなどがあっては
ならない。

a)

素地が亜鉛めっき鋼板の場合は,JIS Z 2371 の試
験方法で,240 時間行う。

赤さびが出てはならない。

b)

素地がその他の金属板の場合は,JIS A 4401 

11.3.3

(耐食性)による。

異常があってはならない。

耐食性

c)  JIS K 6902

の 4.7(耐光性)に準拠して退色時間を

100

時間とする。

著しく変色してはならない。

耐汚染性

日本薬局方白色ワセリンに,JIS K 5107 に規定するカ
ーボンブラック(顔料)を 10  %混合したものを塗り,
常温で 24 時間放置し,JIS K 3301 に規定する 5  %化

粧石けん水に浸したガーゼでふき取った後,跡が目立
たないかどうかを検査する。

著しく目立つ汚染があってはならない。

耐洗剤性

洗濯用中性洗剤 0.5  %溶液に,75  ℃で 6 時間浸せき
する。

異常があってはならない。

鉛筆硬度

JIS K 5600-5-4

の引っかき硬度(鉛筆法)による。 HB で異常があってはならない。

耐湿性

試験片を 40  ℃,湿度 90  %の雰囲気中に,240 時間保
持する。

著しいしわ,割れ,膨れ,はがれなどがあ
ってはならない。

耐熱性

JIS K 5600-6-3

において,試験片を 130  ℃±10  ℃の恒

温室中に 3 時間放置する。

異常があってはならない。

耐温水性 60

℃±2  ℃の温水に 7 時間浸せきし,取り出して 17

時間常温室内に放置することを,15 回繰り返す。

表面に,さび又は膨れを生じてはならな
い。


8

A 4417

:2005

付表  2  FRP 

項目

試験方法

判定基準

曲げ強さ

JIS K 6911

の 5.17.3(積層棒)に規定の試験方法による。 69

MPa

以上

曲げ弾性率

曲げ強さと同じ方法によって試験を行い,曲げ弾性率を求め
る。ただし,荷重−たわみ曲線の最初の直線部分を延長してあ
る荷重部分 に対するたわみ

δ

をとり,次の式によって曲げ

弾性率 E

b

を算出する。

δ

3

3

b

4

98

Wh

PL

ここに,:支点間距離 (mm)

E

b

:曲げ弾性率 (MPa)

:試験片の幅 (mm)

:荷重 (N)

:試験片の厚さ (mm)

δ  :たわみ量 (mm)

3 923 MPa

以上

熱変形温度

試験片は,長さ 130 mm,幅 10 mm,厚さ 2∼7 mm とし,熱変
形温度試験機を用い,3 点荷重法で中央に 182 N のファイバー

ストレスをかけ,液温 20  ℃で荷重後零点を設定し,1 分間 2  ℃
の割合で上昇させ,試験片が 0.25 mm たわんだときの温度で表
す。

                                          単位  mm

120

℃以上

耐温水性 5

cm

×5 cm 又は径 3 cm 以上の試験片を,水温 80  ℃±5  ℃の

槽内に 24 時間連続して浸せきした後取り出して,表面のひび
割れ,膨れ及び著しい変色の有無を観察する。

表面のひび割れ,膨れ及び著し

い変色があってはならない。

耐酸性 3

%塩酸(常温)1 ml を表面に滴下し,1 時間後にひび割れ及

び膨れの有無を検査した後,バーコル硬さを測定する。

耐アルカリ性 5

%かせいソーダ液(常温)1 ml を表面に滴下し,1 時間後に

ひび割れ及び膨れの有無を検査した後,バーコル硬さを測定す
る。

試験後,バーコル硬さは 30 以上
で,かつ,表面のひび割れ及び
膨れがあってはならない。

耐汚染性

日本薬局方白色ワセリンに,JIS K 5107 に規定するカーボンブ
ラック(顔料)を 10  %混合したものを塗り,常温で 24 時間放
置し,JIS K 3301 に規定する 5  %化粧石けん水に浸したガーゼ

でふき取った後,跡が目立たないかどうかを検査する。

著しく目立った汚染があっては
ならない。

表面硬さ

JIS K 6911

に規定するバーコル硬度計(GYZ-J-934-1)を用い,

試験体表面の 10 箇所以上について測定し,平均値を求める。

バーコル硬さ 30 以上


9

A 4417

:2005

付表  3  引用規格

JIS A 0012

  住宅用サニタリーユニットのモデュール呼び寸法

JIS A 4401

  洗面化粧ユニット類

JIS A 4413

  住宅用配管ユニット

JIS A 5207

  衛生陶器

JIS A 5703

  内装用プラスチック化粧ボード類

JIS B 1501

  玉軸受用鋼球

JIS B 2061

  給水栓

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 3141

  冷間圧延鋼板及び鋼帯

JIS G 3350

  一般構造用軽量形鋼

JIS G 4305

  冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯

JIS H 4100

  アルミニウム及びアルミニウム合金の押出形材

JIS K 3301

  化粧石けん

JIS K 5107

  カーボンブラック(顔料)

JIS K 5600-5-4

  塗料一般試験方法−第 5 部:塗膜の機械的性質−第 4 節:引っかき硬度(鉛筆法)

JIS K 5600-6-3

  塗料一般試験方法−第 6 部:塗膜の化学的性質−第 3 節:耐加熱性

JIS K 6902

  熱硬化性樹脂高圧化粧板試験方法

JIS K 6911

  熱硬化性プラスチック一般試験方法

JIS Z 2371

  塩水噴霧試験方法

日本農林規格  合板

関連規格  JIS A 1460  建築用ボード類のホルムアルデヒド放散量の試験方法−デシケーター法

JIS A 1901

  建築材料の揮発性有機化合物(VOC),ホルムアルデヒド及び他のカルボニル化合物

放散測定方法−小形チャンバー法