>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 1805

:2009

(1) 

目  次

ページ

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  試験用器具・装置

1

4

  供試体

1

5

  試験方法

2

6

  計算

2

7

  報告

2


A 1805

:2009

(2) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,全国生コンクリー

ト工業組合連合会(ZENNAMA)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工

業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工

業規格である。これによって,JIS A 1805:2001 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。


   

日本工業規格

JIS

 A

1805

:2009

コンクリート生産工程管理用試験方法−

温水養生法によるコンクリート強度の

早期判定試験方法

Methods of test for production control of concrete-Method of rapid test for

compressive strength of concrete by warm water curing

適用範囲 

この規格は,主としてコンクリートの生産工程管理に適用するもので,コンクリート強度を早期に判定

するために温水養生を行った供試体を用いて行う圧縮強度試験方法について規定する。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS A 1108

  コンクリートの圧縮強度試験方法

JIS A 1132

  コンクリート強度試験用供試体の作り方

JIS A 5308

  レディーミクストコンクリート

JIS B 7721

  引張・圧縮試験機−力計測系の校正・検証方法

試験用器具・装置 

試験用器具・装置は,次による。

3.1 

供試体の作製器具  供試体の作製器具は,JIS A 1132 又は JIS A 5308 の附属書 に規定するものとす

る。

3.2 

圧縮試験機  圧縮試験機は,JIS B 7721 の 7.(試験機の等級)に規定する 1 等級以上のものとする。

3.3 

温水養生槽  温水養生槽は,次による。

a)

温水養生槽は,水温を 40±1  ℃に保つように,自動温度調節装置及び循環装置を備えたものとする。

また,槽の底部と供試体の底面との間にすのこなどを置いて,温水の循環が円滑に行われるようにす

る。温水養生槽には,温水の蒸発を防ぐためのふたを取り付けるものとする。

b)

熱源は,温水養生槽の底部付近に設置するものとする。温水養生槽の大きさは,適当な本数の円柱供

試体を養生できるものとする。

供試体 

供試体は,次による。

a) 

供試体の作製  供試体は,JIS A 1132 によって作製するものとする。


2

A 1805

:2009

   

b) 

供試体の上面仕上げ  供試体の上面仕上げは,JIS A 1132 によって行う。

c) 

供試体の養生  供試体の養生は,次による。

1) 

前置き養生  前置き養生は,コンクリートを型枠に詰め終わった後,供試体上面を,磨き板ガラス,

鋼板,布などで覆い,水分の蒸発を防止し,標準として 44∼52 時間,室温(5∼30  ℃)で行う。た

だし,アンボンドキャッピング,研磨又は硫黄キャッピングの場合は,前置き養生を 20∼52 時間,

室温(5∼30  ℃)で行うこととする。 

2) 

温水養生  温水養生は,前置き養生が終わった供試体を,材齢 7 日まで,40±1  ℃の温水中で養生

を行う。

なお,供試体の上面は,100 mm 以上の冠水を確保する。

試験方法 

供試体は,規定の養生を終わった直後に,JIS A 1108 によって圧縮強度を試験する。

なお,キャッピングについては,JIS A 5308 の 9.2.1(圧縮強度)に規定するアンボンドキャッピングを

用いてもよい。

計算 

温水養生供試体の材齢 7 日における圧縮強度を JIS A 1108 によって求め,その値を次の式に代入して,

標準養生を行った材齢 28 日における圧縮強度の早期判定値を算出する。

q

f

p

f

+

=

e

28

ここに,

f

'

28

温水養生法によって早期判定した材齢 28 日における圧縮
強度 (N/mm

2

)

f

'

e

40

±1  ℃で温水養生した材齢 7 日における圧縮強度

(N/mm

2

)

p

q

実験定数(pは,あらかじめコンクリートの種類別及
びセメントの種類別に強度を 4 水準以上に変化させたコ
ンクリートについて,それぞれの標準養生供試体と温水
養生供試体とを作製して,所定材齢において圧縮強度試
験を実施し,かつ,試料採取日を 3 回以上変えて繰り返
しこれを行い,その結果を用いて求めた両者の関係を上
記の式に近似させた場合の傾き及び切片を表す。

注記  高炉セメント B 種を用いた場合の実験結果とを総括した実験式として,次の式が得られている。

(

)

2

e

28

N/mm

6

.

3

04

.

1

+

=

f

f

報告 

報告には,次の事項を記載する。

a)

供試体の番号

b)

コンクリートの種類,セメントの種類,粗骨材の最大寸法

c)

供試体の作製日

d)

前置き養生時間(時間)

e)

前置き養生温度の範囲(℃)

f)

強度試験日


3

A 1805

:2009

g)

供試体の直径

 (mm)

h)

供試体の上面仕上げの方法

i)

最大荷重

 (N)

j)

圧縮強度

 (N/mm

2

)

k)

算定式

l)

温水養生法によって早期判定した材齢

28

日の圧縮強度

 (N/mm

2

)