>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 1551

:2009

(1)

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS A 1551:1995 は改正され,一部が置き換えられた。


日本工業規格

JIS

 A

1551

:2009

自動ドア開閉装置の試験方法

追補 1)

Test method for automatic door systems

(Amendment 1)

JIS A 1551:1995

を,次のように改正する。

1

(適用範囲)の

備考の“JIS C 0024  環境試験方法(電気・電子)塩水噴霧(サイクル)試験方法”を,

JIS C 60068-2-52  環境試験方法−電気・電子−塩水噴霧(サイクル)試験方法(塩化ナトリウム水溶液)

に置き換える。

1

(適用範囲)の

備考の“JIS C 0703  低圧電気機器の絶縁基準”を,“JIS C 0704  制御機器の絶縁距離・

絶縁抵抗及び耐電圧”に置き換える。

1

(適用範囲)の

備考の“JIS C 0920  電気機械器具の防水試験及び固形物の侵入に対する保護等級”を,

JIS C 0920  電気機械器具の外郭による保護等級(IP コード)

”に置き換える。

1

(適用範囲)の

備考の JIS C 1302 の下に“JIS C 9335-1  家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−

第 1 部:一般要求事項”を,追加する。

2

(性能項目)

表 1(性能項目)の手動開き力で,性能項目の意味欄の“動力がない場合のドアを開くの

に要する力”を,

“開閉装置の動力源を遮断した状態で,手動でドアを開くのに要する力”に置き換える。

2

(性能項目)

表 1(性能項目)の検出範囲で,性能項目の意味欄の“センサが進入した歩行者を検出す

る領域の範囲”を,

“センサが進入した歩行者などを検出する範囲”に置き換える。

3

(試験項目及び試験の内容)

表 2(試験項目,試験の内容及び測定単位)の絶縁抵抗試験で,試験内容

欄の

“接地された所定の試験枠及び架台に駆動装置を取り付け,

各電源線と接地間の絶縁抵抗を測定する。

を,

“接地された所定の試験枠及び架台に開閉装置を取り付け,各電源線と接地間との絶縁抵抗を測定す

る。

”に置き換える。

3

(試験項目及び試験の内容)

表 2(試験項目,試験の内容及び測定単位)の耐電圧試験で,試験内容欄

の“接地された所定の試験枠及び架台に駆動装置を取り付け,絶縁抵抗試験と同じ測定箇所に交流電圧を


2

A 1551

:2009

印加し,せん(閃)絡又は貫通破壊の有無を調べる。

”を,

“接地された所定の試験枠及び架台に開閉装置

を取り付け,絶縁抵抗試験と同じ測定箇所に交流電圧を印加し,せん(閃)絡又は貫通破壊の有無を調べ

る。

”に置き換える。

3

(試験項目及び試験の内容)

表 2(試験項目,試験の内容及び測定単位)の防せい(錆)試験で,試験

内容欄の“JIS C 0024 による試験”を,

JIS C 60068-2-52 による試験(塩害の可能性のある場合に適用)

に置き換える。

3

(試験項目及び試験の内容)

表 2(試験項目,試験の内容及び測定単位)の防滴試験で,試験内容欄の

JIS C 0920 による保護等級 3 に準じる試験”を,

JIS C 0920 による試験(センサの性能に適用)

”に置

き換える。

4.

(適用試験項目)

表 3[試験項目及び適用ドアの種類(適用を○で示す。)]の表の下に次の文を追加す

る。

備考  自動回転ドアの安全性に関しては,JIS A 4721(自動回転ドア−安全性)を参照する。

7.8

(絶縁抵抗試験)の“JIS C 0703 の 5.2”を,

JIS C 0704 の 7.2”に置き換える。

7.10

(耐電圧試験)の“JIS C 0703 の 5.3(交流耐電圧試験)

”を,

JIS C 9335-1 の 13.(動作温度での漏え

い電流及び耐電圧)

”に置き換える。

7.11

(温度上昇試験)の“JIS C 0703 の 5.2”を,

JIS C 0704 の 7.2”に置き換える。

7.13

(防せい試験)の“JIS C 0024”を,

JIS C 60068-2-52”に置き換える。

7.14

(防滴試験)の“JIS C 0920 の保護等級 3”を,

JIS C 0920 の保護等級 IPX3”に置き換える。