>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 1509-1

:2014

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

2

4

  検査方式  

2

4.1

  検査の種類  

2

4.2

  形式検査の時期  

4

4.3

  受渡検査のロット構成  

4

5

  抜取方法  

4

5.1

  形式検査  

4

5.2

  受渡検査  

4

6

  抜取個数及び合格判定個数  

4

7

  検査 

5

8

  検査記録  

5

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

6

附属書 JB(参考)技術上重要な改正に関する新旧対照表  

8


A 1509-1

:2014

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,全国タイル工業組

合(JCTMA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査

会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS A 1509-1:2008 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS A 1509

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS A 1509-1

  第 1 部:抜取検査

JIS A 1509-2

  第 2 部:寸法・形状の測定方法

JIS A 1509-3

  第 3 部:吸水率,見掛け気孔率及びかさ密度の測定方法

JIS A 1509-4

  第 4 部:曲げ破壊荷重及び曲げ強度の測定方法

JIS A 1509-5

  第 5 部:床タイルの耐素地摩耗性試験方法

JIS A 1509-6

  第 6 部:床タイルの耐表面摩耗性試験方法

JIS A 1509-7

  第 7 部:耐熱衝撃性試験方法

JIS A 1509-8

  第 8 部:施ゆうタイルの耐貫入性試験方法

JIS A 1509-9

  第 9 部:耐凍害性試験方法

JIS A 1509-10

  第 10 部:耐薬品性試験方法

JIS A 1509-11

  第 11 部:施ゆうタイルから溶出する鉛及びカドミウムの定量方法

JIS A 1509-12

  第 12 部:耐滑り性試験方法

JIS A 1509-13

  第 13 部:ユニットタイルの品質試験方法


日本工業規格

JIS

 A

1509-1

:2014

セラミックタイル試験方法−第 1 部:抜取検査

Test methods for ceramic tiles-Part 1: Sampling

序文 

この規格は,1995 年に第 1 版として発行された ISO 10545-1 を基とし,国内の実状を反映させるため,

技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。また,技術上重要な改正に関する旧 JIS との対比を附属書

JB

に示す。

適用範囲 

この規格は,セラミックタイル(以下,タイルという。

)の検査方式,抜取方法,抜取個数及び合格判定

個数について規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 10545-1:1995

,Ceramic tiles−Part 1: Sampling and basis for acceptance(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS A 1509-2

  セラミックタイル試験方法−第 2 部:寸法・形状の測定方法

JIS A 1509-3

  セラミックタイル試験方法−第 3 部:吸水率,見掛け気孔率及びかさ密度の測定方法

JIS A 1509-4

  セラミックタイル試験方法−第 4 部:曲げ破壊荷重及び曲げ強度の測定方法

JIS A 1509-5

  セラミックタイル試験方法−第 5 部:床タイルの耐素地摩耗性試験方法

JIS A 1509-6

  セラミックタイル試験方法−第 6 部:床タイルの耐表面摩耗性試験方法

JIS A 1509-7

  セラミックタイル試験方法−第 7 部:耐熱衝撃性試験方法

JIS A 1509-8

  セラミックタイル試験方法−第 8 部:施ゆうタイルの耐貫入性試験方法

JIS A 1509-9

  セラミックタイル試験方法−第 9 部:耐凍害性試験方法

JIS A 1509-10

  セラミックタイル試験方法−第 10 部:耐薬品性試験方法

JIS A 1509-11

  セラミックタイル試験方法−第 11 部:施ゆうタイルから溶出する鉛及びカドミウムの

定量方法

JIS A 1509-12

  セラミックタイル試験方法−第 12 部:耐滑り性試験方法

JIS A 1509-13

  セラミックタイル試験方法−第 13 部:ユニットタイルの品質試験方法


2

A 1509-1

:2014

JIS A 5209

  セラミックタイル

JIS Z 9002

  計数規準型一回抜取検査(不良個数の場合)

(抜取検査その 2)

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS A 5209 によるほか,次による。

3.1

形式検査

製品の品質が,設計で示す全ての特性を満足するかどうかを判定するための検査。

3.2

受渡検査

既に形式検査に合格したものと同じ設計・製造による製品の受渡しをする場合,必要と認める特性が満

足するものであるかどうかを判定するための検査。

検査方式 

4.1 

検査の種類 

検査は,形式検査と受渡検査とに区分し,その抜取検査方式は,JIS Z 9002 に規定する計数規準型一回

抜取検査とする。

検査項目ごとの形式検査又は受渡検査の区分は,

表 及び表 による。

なお,

表 及び表 で受渡検査を適用しない検査項目であっても,製造業者が必要と認めた場合又は受

渡当事者間の協定がある場合は,受渡検査を実施する。


3

A 1509-1

:2014

表 1−タイルの抜取個数,合格判定個数及び検査区分

検査項目

抜取
個数

n

合格判定個数

c

検査区分

試験方法

形式

検査

受渡

検査

外観

個々の

. タイル

平物

製作寸法 
によるタ

イル表面

の面積

15 cm

2

未満 0.1

m

2

a)

重欠点:1.0 %

c)

重欠点及び

軽欠点の合計:5.0 %

c)

JIS A 5209 

15 cm

2

以上 60 cm

2

未満 0.3

m

2

a)

60 cm

2

以上 400 cm

2

未満 1

m

2

a)

400 cm

2

以上 2

m

2

a)

役物 1

m

b)

平物相互間

平物

約 1 m

2

0

平物,役物相互間

役物 1

m

b)

0

平物 1

m

2

a)

寸法

長さ,幅及び厚さ

平物 10 個

0

JIS A 1509-2 

役物

5

0

ばち

平物 10 個

0

役物

5

0

反り

面反り,ねじれ,辺反り及
び側反り

平物 10 個

0

直角性

平物 10 個

0

裏あし

形状及び高さ

平物 10 個

0

役物

5

0

役物の角度

役物

5

0

吸水率

平物・役物

5

0

JIS A 1509-3 

曲げ破壊荷重

平物・役物

5

0

JIS A 1509-4 

耐摩耗性

耐素地摩耗性

平物・役物

5

0

JIS A 1509-5 

耐表面摩耗性

平物・役物

1

JIS A 1509-6 

耐熱衝撃性

平物・役物

5

0

JIS A 1509-7 

耐貫入性

平物・役物

5

0

JIS A 1509-8 

耐凍害性

平物・役物

5

0

JIS A 1509-9 

耐薬品性

塩化アンモニウム溶液,塩

酸溶液,くえん酸溶液,水

酸化カリウム溶液及び次
亜塩素酸ナトリウム溶液

平物・役物

5

JIS A 1509-10

鉛及びカドミウムの溶出性

平物・役物

5

JIS A 1509-11

耐滑り性

平物・役物

5

JIS A 1509-12

タイルの種類,形状,寸法,使用部位又はその他の設計上の条件などによる検査項目の適用又は不適用は,JIS A 

5209

の箇条 5(品質)の各品質項目の規定による。

耐表面摩耗性試験の抜取個数は,JIS A 1509-6 の箇条 6(試料)の試料の数による。

a)

タイルの目地共寸法による面積で算出し,小数点以下は整数に切り上げて抜取個数とする。

b)

タイルが連なる方向の目地共寸法により算出し,小数点以下は整数に切り上げて抜取個数とする。

c)

抜取個数に対する割合で,算出値の小数点以下を切り捨てて合格判定個数とする。


4

A 1509-1

:2014

表 2ーユニットタイルの抜取枚数,合格判定枚数及び検査区分

検査項目

抜取枚数

(n)

合格判定枚数

(c)

検査区分

試験方法

形式

検査

受渡

検査

外観

個々のユニットタイル

平物

約 1 m

2

0

JIS A 5209 

ユニットタイル相互間

平物

約 2 m

2

0

寸法

平物・役物 10 枚

0

JIS A 1509-13

表張り台紙及び裏連結材の接着性

平物・役物

5

0

表張り台紙の剝離性

平物・役物

3

0

裏連結材の耐水接着性能

平物・役物

3

0

裏連結ユニットタイルの裏面開口率

平物・役物

3

0

4.2 

形式検査の時期 

形式検査の時期は,次による。

a)

製品の品質を設計した場合。

b)

製品の製造条件を大幅に変更した場合。

c)

製造業者が定めた品質の確認時期

1)

1)

品質の確認時期は,前回の検査から 1 年以内とすることが望ましい。

4.3 

受渡検査のロット構成 

受渡検査は,検査ロットを構成して行う。検査ロットは,品質が均一とみなされる製品で構成しなけれ

ばならない。また,品質が均一とみなすためには,同一製造条件で,かつ,連続で製造された製品でなけ

ればならない。

なお,検査ロットは,検査項目ごとに構成してもよい。

抜取方法 

5.1 

形式検査 

形式検査は,次による。

a)

製品の品質を設計した場合又は製造条件を大幅に変更した場合は,最初の製造分から試料をランダム

に抜き取る。ただし,最初の製造分と製造条件が同一の場合は,試作品から抜き取ってもよい。

b)

製造業者が定めた品質の確認時期に形式検査を実施する場合は,その品質の確認時期に製造された製

品から試料をランダムに抜き取る。

5.2 

受渡検査 

試料は,検査ロットからランダムに抜き取る。

抜取個数及び合格判定個数 

検査に必要な試料の抜取個数及び合格判定個数は,

表 及び表 による。ただし,製造業者が必要と認

めた場合又は受渡当事者間の協定がある場合は,JIS Z 9002 に基づき設計された合理的な抜取個数及び合

格判定個数としてもよい。

なお,製造条件が平物と同一の役物は,吸水率,曲げ破壊荷重,耐摩耗性,耐熱衝撃性,耐貫入性,耐

凍害性,耐薬品性,鉛及びカドミウムの溶出性並びに耐滑り性を平物の検査結果によることで形式検査を

省略してもよい。


5

A 1509-1

:2014

検査 

抜き取った試料を JIS A 5209 及び JIS A 1509-2JIS A 1509-13 に規定する試験方法によって試験を行い,

JIS A 5209

に規定された品質の基準に適合しているかを判定し,不適合品の数が合格判定個数以下のとき

は,その検査を合格とする。

なお,品質基準の規定がない検査項目の場合は,合否判定しない。

検査記録 

検査記録には,次の事項を記載する。

a)

試験材料の概要(種類,形状・寸法,品名など)

b)

検査項目

c)

検査ロットの構成

2)

d)

検査ロットの大きさ

2)

e)

試験結果

f)

合否判定

g)

その他必要な事項

2)

受渡検査の場合


6

A 1509-1

:2014

附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS A 1509-1:2014

  セラミックタイル試験方法−第 1 部:抜取検査 ISO 

10545-1:1995

  Ceramic tiles−Part 1: Sampling and basis for acceptance 

(I)JIS の規定

(II)

国際

規格
番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごとの評価

及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

1

適用範囲

タイルの検査方式,

取検査及び合否判定

について規定

 1

JIS

に同じ

一致

2

引用規格

3

用語及び

定義

追加

規格の理解を正確にするため製品の品質を,

品質設計時に定まる製造過程での変動が小
さい特性と,製品受渡し時に必要と認められ

る特性とに区分し,各特性に対する検査実施

時期を明確にした。

実質的な差異はない。

4

検査方式

4.1

検 査 の

種類

検査項目ごとに,

形式

検査と受渡検査とに

区分。

検査方式は計数一回
抜取り。

 3

JIS

とほぼ同じ

変更

ISO

規格では,荷口で構成する検査ロッドご

とに計数二回抜取り又は計量二回抜取りと

しているが,JIS では形式検査は一回抜取り

及び受渡検査は一回抜取りに変更。

ISO

規格が採用している非適合品

に対する救済措置及び二回抜取検

査方式は,国内ユーザの理解が得ら

れないことと,業界になじみが薄い
ことから,救済措置のない計数規準

型一回抜取検査で規定した。国内の

ニーズであるため特に提案はしな
い。

表 1

JIS

とほぼ同じ

変更

JIS Z 9002

に基づき抜取個数,合格判定個数

などを規定し役物についても規定した。

国内のニーズであるため特に提案

はしない。

表 2

追加

ユニットタイルは国内で普及しており,旧

JIS

にも採用されているため追加した。

国内のニーズであるため特に提案

はしない。

4.2

形 式 検

査の時期

形式検査の時期につ
いて規定

追加

ISO

規格にはない検査方式で,形式検査を行

うべき時期(タイミング)を明確にした。

国内のニーズであるため特に提案
はしない。

6

A

 1

509

-1


20
14


7

A 1509-1

:2014

(I)JIS の規定

(II) 
国際

規格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごとの評価
及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

4.3

受 渡 検

査のロット
構成

4

JIS

とほぼ同じ

変更

ISO

規格の不均一な荷口を細分化して,均一

ロットとする文言及び供給者,消費者の合意
で均一ロットとして扱える文言を削除した。

国内生産方式では,元々製造ロット

が小さく,ISO 規格は現実的ではな
い。

5

抜取方法

抜取時期,

場所及び立

会いについて規定

 6

JIS

とほぼ同じ

変更

JIS

では,抜取場所の規定はない。

ランダムに抜き取れれば問題ない

ため。

6

抜取個数

及び合格判
定個数

8

8.1

8.2

JIS

とほぼ同じ

変更

JIS

では,計数一回抜取りの検査方式に変更

し,その他は JIS Z 9002 の範囲内で当事者
間の合意があれば,採用可とした。

二回抜取りによる不適合品の救済

は,ユーザの理解及び国内取引慣行
になじまないことから,旧 JIS で採

用していた計数一回抜取検査の検

査方式を採用した。

7

検査

製品規格に定める基
準に基づく合否判定

 7

7.1

7.2

JIS

に同じ

一致

8

検査記録

9

JIS

とほぼ同じ

変更

必ずしも全ての項目の報告が必要ではない

ため必要な項目を選択できることとした。

実質的な差異はない。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 10545-1:1995,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。 

−  一致  技術的差異がない。

−  追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

−  変更  国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。 

−  MOD  国際規格を修正している。

7

A

 1

509

-1


20
14


8

A 1509-1

:2014

附属書 JB

(参考)

技術上重要な改正に関する新旧対照表

現行規格(JIS A 1509-1:2014)

旧規格(JIS A 1509-1:2008)

改正理由

箇条番号

及び題名

内容

箇条番号

及び題名

内容

4.1

検 査

の種類

検査は,形式検査と受渡検査とに区分し,その抜

取検査方式は,JIS Z 9002 に規定する計数規準型一回

抜取検査とする。

検査項目ごとの形式検査又は受渡検査の区分は,

表 及び表 による。

なお,

表 及び表 で受渡検査を適用しない検査

項目であっても,製造業者が必要と認めた場合又は
受渡当事者間の協定がある場合は,受渡検査を実施

する。

4.

検 査 方

タイルの検査は,形式検査(

1

)

と受渡検査(

2

)

とに区分し,そ

の抜取検査方式は,計数一回抜取りとする。

なお,各々の品質特性に対する検査の区分,検査に必要な

抜取個数及び合格判定個数を,

付表 1∼付表 に示す。

(

1

)

製品の品質が,設計で示した必要と認める特性を満足す

るかどうかを判定するための検査。

  (

2

)

既に形式検査に合格したものと同じ設計・製造による製
品の受渡しをする場合,必要と認める特性が満足するも

のであるかどうかを判定するための検査。

元々 JIS の 計 数規 準
型一回抜取検査方式

を採用しており,JIS

と整合していること
を明確にするため,

JIS

引用と記載した。

4.2

形 式

検 査 の 時

形式検査の時期は,次による。

a)

製品の品質を設計した場合。

b)

製品の製造条件を大幅に変更した場合。

c)

製造業者が定めた品質の確認時期

1)

1)

品質の確認時期は,前回の検査から 1 年以内と
することが望ましい。

形式検査の実施条件

(時期)

の記載を検査

ロットの項目では不

適切として検査時期

の項目を設け,

提示し

た。

8

A

 1

509

-1


20
14


9

A 1509-1

:2014

現行規格(JIS A 1509-1:2014)

旧規格(JIS A 1509-1:2008)

改正理由

箇条番号
及び題名

内容

箇条番号
及び題名

内容

4.3

受 渡

検 査 の ロ

ット構成

受渡検査は,検査ロットを構成して行う。検査ロ

ットは,品質が均一とみなされる製品で構成しなけ

ればならない。また,品質が均一とみなすためには,
同一製造条件で,かつ,連続で製造された製品でな

ければならない。

なお,検査ロットは,検査項目ごとに構成しても

よい。

5.2

受 渡

検査

受渡検査の検査ロットは,品質特性が均一とみなされる製

(

3

)

で構成しなければならない。ただし,評価する品質特性

が均一とみなされる場合,他の品質特性が不均一であっても,
受渡当事者間の合意があれば,評価する品質特性ごとに検査

ロットを構成してもよい。検査ロットの大きさの最大数は,

製造条件などに基づき,製造業者が定める。 
(

3

)

品質特性を均一とみなすためには,同一工場,同一製造

条件で,連続で製造された製品でなければならない。

備考  同一工場で製造され,同一原料及び同一形状でうわぐす

りだけが異なる場合,表面品質は不均一であるが,寸法

及び吸水率は均一であるとみなすことができ,寸法及び

吸水率の品質特性を評価するための検査ロットとして
構成することができる。また,同様に形状だけが異なる

場合は,形状以外の品質特性を評価するための検査ロッ

トとして構成することができる。

均一なロットと規定

する条件は,製造方

法,製品等によって
様々であるため,JIS

にて詳細までも一様

に規定することでか
えってユーザが混乱

すると判断し,

詳細説

明は削除した。

5.2

受 渡

検査

試料は,検査ロットからランダムに抜き取る。 6.

b)

受渡

検査

試料は,検査ロットからランダムに抜き取る。ただし,抜

取場所,抜取りの立会いなどについて受渡当事者間の合意が

ある場合は,それによる。

抜 取 方 法 は JIS Z 

9002

にて規定されて

おり,

ただし書き以下

は,

不適切な表現のた

め,削除した。

6

抜 取 個

数 及 び 合

格 判 定 個

検査に必要な試料の抜取個数及び合格判定個数

は,

表 及び表 による。ただし,製造業者が必要

と認めた場合又は受渡当事者間の協定がある場合
は,JIS Z 9002 に基づき設計された合理的な抜取個数

及び合格判定個数としてもよい。

なお,製造条件が平物と同一の役物は,吸水率,

曲げ破壊荷重,耐摩耗性,耐熱衝撃性,耐貫入性,

耐凍害性,耐薬品性,鉛及びカドミウムの溶出性並

びに耐滑り性を平物の検査結果によることで形式検
査を省略してもよい。

8.

検 査 ロ

ッ ト の 合

否判定

検査ロットの合否の判定は,次による。

a)

各検査項目の合否判定  それぞれの検査のために抜き取

った試料を検査したとき,その項目に対する不適合品の
数が

付表 1∼付表 に示す合格判定個数以下のときは,そ

の検査項目を合格とする。

b)

検査ロットの合否判定  検査ロットの合否判定は,その
検査ロットで評価するすべての検査項目が合格のとき,

その検査ロットを合格とする。 
備考  検査ロットとして取りまとめたタイルは,それぞれ

のタイルが形式検査に定める必要な検査項目をす

べて満足していなければならない。

JIS Z 9002

に基づい

た抜取個数,

合格判定

個数であれば,

この規

定と比べ遜色はない

と判断し,

間口を広げ

た。 
製造条件が平物と同

一の役物は,

ほぼ同材

質となるため,

材料試

験である形式検査ほ

かは省略可能とした。

9

A

 1

509

-1


20
14