>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

A 1424-2:2008  

(1) 

まえがき 

この追補は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS A 1424-2:1998は改正され,一部が置き換えられた。 

 

 


 

 

日本工業規格          JIS 

 

A 1424-2:2008 

 

給水器具発生音の実験室測定方法− 

第2部:給水栓及び混合水栓の取付け方法 

並びに作動条件 

(追補1) 

Method for laboratory tests on noise emission from appliances and 

equipments used in water supply installations-Part 2: Mounting and 

operating conditions for draw-off taps and mixing valves 

(Amendment 1) 

 

JIS A 1424-2:1998を,次のように改正する。 

 

 

2.(引用規格)のJIS K 6253加硫ゴム及び熱可塑性ゴムの硬さ試験方法を,JIS K 6253加硫ゴム及び熱可

塑性ゴム−硬さの求め方に置き換える。 

 

3.2(測定用給水管の端末)2行目の“JIS B 2301の付表17に規定する呼び1のC形ユニオンを取り付け

る”を,“JIS B 2301の付表19に規定する継手の大きさの呼び1のユニオンを取り付ける”に置き換える。 

 

3.3(ねじ接続による給水栓及び混合水栓の取付け)1行目の付表9を,付表10に置き換える。 

 

3.3(ねじ接続による給水栓及び混合水栓の取付け)2行目の付表12を,付表14に置き換える。 

 

3.3(ねじ接続による給水栓及び混合水栓の取付け)3行目の付表11を,付表13に置き換える。 

 

附属書4の2.(ボールタップ,洗浄弁の測定用給水管への接続方法)1行目の“JIS B 2301の付表17に規

定するC形呼び1のユニオン”を,“JIS B 2301の付表19に規定する継手の大きさの呼び1のユニオン”

に置き換える。 

 

附属書4の2.(ボールタップ,洗浄弁の測定用給水管への接続方法)3行目の“JIS B 2301の付表8に規

定する呼び3/4のめすおすベンドを用いた”を,“JIS B 2301の付表9に規定する継手の大きさの呼び3/4

のめすおすショートベンド及びJIS B 2301の付表10に規定する継手の大きさの呼び3/4のめすおすロング

ベンドを用いた”に置き換える。 


A 1424-2:2008  

 

附属書4の付図1の“1:JIS B 2301の付表17に規定するC形で呼び1のユニオン”を,“JIS B 2301の付

表20に規定する継手の大きさの呼び1のユニオン”に置き換える。 

 

附属書4の付図1の“2:JIS B 2301の付表8に規定する呼び3/4のめすおすベンド”を,“JIS B 2301の

付表9に規定する継手の大きさの呼び3/4のめすおすショートベンド及び付表10に規定する継手の大きさ

の呼び3/4のめすおすロングベンド”に置き換える。 

 

附属書4の付図1の“3:JIS B 2301の付表11に規定する呼び”を,“JIS B 2301の付表13に規定する継

手の大きさの呼び”に置き換える。