>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

A

 1420

 : 19

99
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS A 1420 : 1999

  建築用構成材の断熱性測定方法−校正熱箱法及び保護熱

箱法

ISO 8990 : 1994 Thermal insulation

−Determination of steady-state thermal transmission properties−Calibrated

and guarded hot box

(定常状態での熱貫流率の測定方法−校正熱箱法と保護熱箱法)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  建築用構成材の断熱性能と

しての測定を規定

ISO 8990

(2)

引用規格

○  引用規格を記載

ISO 8990

(3)

定義

○  平均放射温度及び環境の用

語を定義

ISO 8990

(4)

記 号 及 び 単

○  使用する記号と単位を記載

ISO 8990

(5)

測定原理

○  測定原理について記載

ISO 8990

(6)

制 限 及 び 誤
差要因

○  装置,試験体による制限及び

誤差要因を記載

ISO 8990

(7)

試験装置

○  使用する試験装置を規定

ISO 8990

(8)

温度測定

○  温度の測定方法を規定

ISO 8990

(9)

性 能 評 価 及
び校正

○  装置の性能評価,校正板を規

ISO 8990

(10)

試験手順

○  試験手順を規定

ISO 8990

(11)

報告

○  報告事項について記載

ISO 8990

附属書 A(規定)  ○  表面での熱移動と環境温度

ISO 8990

附属書 B(参考)  ○  文献

ISO 8990

附属書 1(規定)  ○  小さな伝熱面積を持つ校正

熱箱法

− ISO 8990 には記載がないが

現行 JIS に規定され普及して
いる。

国内での材料のモジュール
による測定面積である。適用
期限を設け今後の見直しで

改正を予定

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2. 

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“−”

:該当項目がない場合。