>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

A

 1409

 : 19

98(ISO

 3

54:1

985)

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS A 1409

:1998  残響室吸音率の測定方法

ISO 354 : 1985 Acoustics

−measurement of sound absorption in a reverberation room(音響−残響室の中の吸音の測

定)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  材料又は物体の吸音率など

の算出方法を規定

ISO 354

JIS

と同じ

(2)

引用規格

○  引用 JIS 番号を記載

ISO 354

同上

(3)

定義

○  垂直入射吸音率などを定義

ISO 354

同上

(4)

測定原理

○  測定方法の原理を記載

ISO 354

同上

(5)

測定装置

○  規定する単位記号及び略号

を記載

ISO 354

同上

(6)

残 響 室 及 び
測定条件

○  使用する試験装置を規定

ISO 354

同上

(7)

試験の手順

○  予備試験の測定を規定

ISO 354

同上

(8)

試験報告書

○  試験報告の項目を記載

ISO 354

同上

附属書 A(規定)

○  残響室における音場の拡散

ISO 354

同上

附属書 B(参考)

○  8.1.2.3 と 8.1.3 の計算式の解

説的な注意事項

ISO 354

同上

附属書 C(参考)

○  反復性の評定

ISO 354

同上

附属書 D(規定)

○  吸音率試験のための試料の

取付

ISO 354

同上

附属書 E(参考)

○  残響室内の温度及び相対湿

度の変化の残響時間に対す
る影響の補正方法

同上

− ISO 354 に記載はないが測定

上,必要である内容を参考と
して記載

備考1.  対比項目(I)及び(II)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2. 

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡“:JIS と国際規格との技術的内容は同等である。 
“−”

:該当項目がない場合。