>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 1147

:2007

(1)

目  次

ページ

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  試験用装置及び器具

1

3.1

  貫入抵抗試験装置

1

3.2

  貫入針

1

3.3

  容器

1

3.4

  突き棒

1

4

  試料

1

5

  試験方法

2

6

  計算

2

7

  報告

3


A 1147

:2007

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本コン

クリート工学協会(JCI)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業

標準調査会の審議を経て,国土交通大臣が改正した日本工業規格である。これによって,JIS A 1147:2001

は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。国土交通大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。


  

日本工業規格

JIS

 A

1147

:2007

コンクリートの凝結時間試験方法

Method of test for time of setting of concrete mixtures

by penetration resistance

1

適用範囲

この規格は,貫入針を用いてコンクリートの凝結時間を試験する方法について規定する。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS A 1115

  フレッシュコンクリートの試料採取方法

JIS A 1138

  試験室におけるコンクリートの作り方

JIS A 1156

  フレッシュコンクリートの温度測定方法

JIS Z 8801-1

  試験用ふるい−第 1 部:金属製網ふるい

3

試験用装置及び器具

3.1

貫入抵抗試験装置

貫入抵抗試験装置は,次による。

a)

貫入抵抗試験装置は,油圧又はスプリングを介して貫入針に貫入力を与える機構をもつものとする。

b)

貫入に要する力を圧力計又はスプリングによって最大 1 kN まで,

精度 10  Nで測定できるものとする。

3.2

貫入針

貫入針は,次による。

a)

貫入針は,貫入部が均一な円形断面の鋼製で,先端を平面に仕上げたものとし,かつ,反対側を貫入

抵抗試験装置に脱着可能となるように加工したものとする。

b)

貫入針の断面積は,100 mm

2

,50 mm

2

,25 mm

2

及び 12.5 mm

2

のものを標準とする。

なお,目的とする貫入抵抗値をより正確に測定するために断面積を変更してもよい。

c)

貫入針は,先端から 25 mm の位置の円周に刻印を付けたものとする。

3.3

容器

容器は,水密で十分強固なものとし,内径が 150 mm 以上,内高 150 mm 以上の金属製の円筒形又は短

辺 150 mm 以上,内高 150 mm 以上の金属製の長方体のものとする。

3.4

突き棒

突き棒は,直径 16 mm,長さ 500 mm の丸鋼とし,その先端を半球状にしたものとする。

4

試料


2

A 1147

:2007

  

試料は,次による。

a)

コンクリート試料は JIS A 1138 によって作るか,又は JIS A 1115 によって採取したものとする。

b)

試験に用いる試料は,採取したコンクリート試料を JIS Z 8801-1 に規定する公称目開き 4.75 mm の網

ふるい

1)

でふるったモルタル分とする。採取したコンクリート試料の温度は,JIS A 1156 によって測

定する。

1)

ふるいの寸法は 5 mm と呼ぶことができる。

5

試験方法

試験は,次による。

a)

試料のモルタルは,ハンドスコップで練り直して十分に均一なものとし,容器の軸にほぼ対称となる

ように,一層で入れる。

b)

容器に入れた試料の上面を突き棒でならし,約 1 000 mm

2

について 1 回の割合で突くものとする。こ

の割合で突いて材料の分離を生じるおそれがあるときには,分離を生じない程度に突き数を減らす。

突き終わった後,容器の側面を軽くたたいて突き穴をなくし,上面を容器の上端より約 10 mm 低くな

るようにならす。試料の表面は,最小の作業で平滑な面となるように,こてでならす。

c)

試料を入れた容器を振動しないような水平な台又は床の上に置き,容器から水分が蒸発しないような

適切なふたをする。試験中は,ブリーディング水を吸い取るとき,及び貫入試験を行うときを除き,

常にふたをしておく。

d)

ブリーディング水がある場合には,貫入試験を行う直前に,試料の表面のブリーディング水をピペッ

ト,その他の適切な器具を用いて吸い取る。

なお,ブリーディング水を取除く際は,貫入試験を行う約 2 分前に,厚さ約 30 mm のブロックなど

を容器の底部片側に挟んで容器を注意深く傾けて置く。ブリーディング水を取り除いた後,振動を与

えないように注意して容器を元の状態に戻す。

e)

試料の硬化状態に応じて適切な断面積をもつ貫入針を選び,貫入抵抗試験装置に取り付ける。貫入針

を試料中に注意深く鉛直下方に 25 mm 貫入させる。貫入の深さは,貫入針につけた刻印で確かめる。

貫入に要する時間は,約 10 秒とする。

f)

貫入試験を行った時刻及び貫入に要した力(N)を,装置から読みとって記録する。

g)

貫入に当たっては,前の貫入試験で乱された部分を避けて貫入させるように注意する。貫入針の針跡

の純間隔は,用いる貫入針の直径の 2 倍以上で,かつ,15 mm 以上でなければならない。また,貫入

針と容器側面との純間隔は,25 mm 以上とする。

h)  6 b)

で求めた貫入抵抗値が 28.0 N/mm

2

を超えるまで貫入試験を続行する。貫入試験は,貫入抵抗値 28.0

N/mm

2

が得られるまで少なくとも 6 回行わなければならない。

i)

測定場所の温度及び湿度は,試験中適宜測定する。

6

計算

試験の結果は,次による。

a)  5 f)

の時刻からセメントが水と最初に接触した時刻までの経過時間を分の単位まで求める。

b)

貫入に要した力(N)を,用いた貫入針の断面積(mm

2

)で除し,四捨五入によって小数点以下 1 け

たに丸め,貫入抵抗値(N/mm

2

)とする。

c)

a)

の経過時間を横軸にとり b)の貫入抵抗値を縦軸にとって,結果を図示する。図から貫入抵値が 3.5


3

A 1147

:2007

N/mm

2

及び 28.0 N/mm

2

になるまでの経過時間を直線補間などにより,5 分の単位まで読みとる。

注記  読みとり方法の例を図 に示す。

d)

貫入抵抗値が 3.5 N/mm

2

になるまでの時間を,コンクリートの始発時間という。

e)

貫入抵抗値が 28.0 N/mm

2

になるまでの時間を,コンクリートの終結時間という。

図 1−凝結時間試験結果例

7

報告

報告は,次の事項について行う。

a)

必ず報告する事項  必ず報告する事項は,次による。

1)

測定年月日

2)

コンクリート試料の温度(℃)

3)

測定場所の温度(℃)及び湿度(%)

(履歴)

4)

始発時間及び終結時間(時,分)

5)

凝結時間試験結果の図

b)

必要に応じて報告する事項  必要に応じて報告する事項は,次による。

1)

コンクリート試料の配合

2)

コンクリート試料の材料

3)

コンクリート試料のスランプ(cm)又はスランプフロー(mm)

,空気量(%)

4)

目的とする貫入抵抗値までの時間(時,分)