>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 1134

:2006

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本コン

クリート工学協会(JCI)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業

標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS A 1134:1999 は改正され,この規格に置き換えられる。


A 1134

:2006

(2)

目  次

ページ

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  器具

1

3.1

  はかり

1

3.2

  ピクノメータ 

1

3.3

  フローコーン 

1

3.4

  突き棒

1

3.5

  乾燥機

1

4.

  試料

2

5.

  試験方法

3

5.1

  密度

3

5.2

  吸水率  4.f)

3

5.3

  試験の回数 

3

6.

  計算

3

7.

  精度

5

8.

  報告

5

 


日本工業規格

JIS

 A

1134

:2006

構造用軽量細骨材の密度及び吸水率試験方法

Methods of test for particle density and water absorption of lightweight fine

aggregates for structural concrete

1. 

適用範囲  この規格は,  構造用軽量細骨材(以下,  細骨材という。)の密度及び吸水率の試験方法につい

て規定する(

1

)

(

1

)

この規格は、構造用軽量細骨材自体の品質を試験するため、絶対乾燥状態から 24 時間吸水させ

た構造用軽量細骨材を試料として密度及び吸水率の試験を行う方法を規定するものである。

2. 

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS R 5201

  セメントの物理試験方法

JIS Z 8801-1

  試験用ふるい−第 1 部:金属製網ふるい

3. 

器具  試験に用いる器具は,  次による。

3.1 

はかり  はかりは,  ひょう量 2 kg 以上で,  目量 0.1g 又はこれより小さいものとする。

3.2 

ピクノメータ  ピクノメータは,  非吸水性の材料で,  細骨材の試料を容易に入れられ,  ふた付きのも

のとする(

2

。容器の容積は 700 ml 以上とする。ピクノメータの例を

図 に示す。

(

2

)

試験を繰り返し行った場合,  その容量が±0.1%以内の精度を確保できるものとする。

3.3 

フローコーン  細骨材の表面乾燥状態を試験するのに用いる非吸水性の材料を用いて制作したフロ

ーコーンは,  寸法が上面内径 40±3mm,  底面内径 90±3mm,  高さ 75±3mm で,  厚さ 4mm 以上のものとす

る。

3.4 

突き棒  突き棒は,  質量 340±15g で,  一端が直径 23±3mm の円形断面のものとする。

3.5 

乾燥機  乾燥機は,  排気口のあるもので, 105±5℃に保持できるものとする。


2

A 1134

:2006

                                                                          単位 mm

  1  図 1 ピクノメータの例

4. 

試料  試料の採取及び調整方法は,  次による。

a)

試料は,  代表的なものを気乾状態で採取し,  四分法又は試料分取器によって,  ほぼ所要量となるまで

これを縮分する。その質量は,  約 1600 g とし,  それを四分法又は試料分取器によって約 800 g ずつに二

分する。

b) a)

の試料を, 105 土 5  ℃で一定質量となるまで乾燥する。

c) b)

の試料を室温まで冷やし, 24 時間吸水させる。水温は吸水時間の少なくとも 20 時間は 20 土 5  ℃に

保つ。

d) c)

の試料を平らな面の上に薄く広げ,  暖かい風を静かに送りながら,  均等に乾燥させるため,  ときど

きかき回す。

e)

細骨材の表面にまだ幾分表面水があるときに,  細骨材をフローコーンに緩く詰め(

3

),

突き棒の先端で

フローコーンの約 1/3 の高さの位置を四方から 10 回ずつ軽くたたき(

4

),

上面を平らにならす。

次に,  フ

ローコーンを静かに鉛直に引き上げる。試料を少しずつ乾燥させながら,  前記の方法を繰り返し,  フロ

ーコーンを引き上げたときに,  細骨材のコーンがはじめてスランプしたとき,  表面乾燥状態(

5

)

である

とする(

6

)

(

3

細骨材は,  フローコーン中に徐々に,  かつ,  均一に流し込むようにして詰める。また,  その後の

締固めの途中,  又は締固め後に,  再度試料を追加する必要のない程度の余盛りをする。


3

A 1134

:2006

(

4

)

フローコーンの表面から約 10 mm 離れた位置から突き棒の先端で軽くたたく。10 回たたくのに

要する時間は, 5 秒程度とするのが望ましい。

(

5

)

絶対乾燥状態から静水中で 24 時間吸水させた状態で表面水がない状態。この状態では飽水状態

ではないため,  表面乾燥飽水状態とは呼称せず,  表面乾燥状態と称す。

(

6

)

細骨材の粒形と粒度によっては, e)の操作が難かしいことがある。その場合は, 0.15 mm 未満の粒

(JIS Z 8801-1

に規定する公称目開き 150  μm の綱ふるいを通過する粒)をふるい去って試料と

することができる。この場合は,  報告事項にその旨を付記する。

f) 

e)

の試料を二分し約 300 g ずつ取り,  それぞれ密度及び吸水率試験の 1 回の試料とする。

5. 

試験方法

5.1 

密度  密度の試験は,  次による。

a)

ピクノメータにあふれるまで水(

)

を入れ,  ふたをしてそのときの質量(m

1

)

を 0.1g まではかり,  また水

温(t

)

をはかる。

(

7

)

上水道水など清浄な水とする。

b)

ピクノメータの水をあけて, 4.f)の密度試験用試料の質量(m

2

)

を, 0.1g まではかった後,  ピクノメータに

入れ,  水を加えてふたをする(

8

)

(

8

)

試料をピクノメータに入れる前に少量の水を入れておけば,  ピクノメータを割るおそれが少な

い。

c)

ピクノメータを平らな板の上で転がして,  泡を追い出した後, 20 土 5  ℃の水槽につける。

d)

約 1 時間ピクノメータを水槽に漬けてから,  更に満水になるまで水を満たして(

9

),

そのときの質量(m

3

)

を 0.1g まではかり,  また水温(t

)

をはかる。水槽に漬ける前後のピクノメータ内の水の温度差(t

と t

の差)は 1℃を超えてはならない。

(

9

)

試料中に微粒分がある場合や水に浮くものがある場合は、それらがピクノメータの外へ流出し

ないように、スポイトなどで徐々に水を注ぐ。

5.2 

吸水率  4.f)の吸水率試験用試料の質量(m

4

)

を 0.1g まではかった後, 105±5  ℃で一定質量となるまで

乾燥し,  デシケータ内で室温まで冷やし,  その質量(m

5

)

を 0.1g まではかる。

5.3 

試験の回数  密度及び吸水率の試験は, 4.a)で二分した試料についてそれぞれ 1 回ずつ行う。

6. 

計算  計算は,  次による。

a)

細骨材の表面乾燥状態における密度,  絶乾密度は,  次の式によって算出し(

11

),

四捨五入によって小数

点以下 2 けたに丸める。

3

2

1

2

m

m

m

m

d

W

S

+

×

=

ρ

                            ここに,  d

s

 :

表面乾燥状態における密度(g/cm

3

)

                                      m

1

 :

水で満たしたピクノメー夕の全質量(g)

                                    m

2

 :

表面乾燥状態における試験用試料の質量(g)

                                    m

3

 :

試料と水で満たしたピクノメータの質量(g)

ρ

w

 :

試験温度における水の密度(

10

)(g/cm

)

(

10

水の密度は試験温度に応じて次の値を用いる。


4

A 1134

:2006

温度 
(℃)

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

密度

(g/cm

)

0.9991  0.9989  0.9988  0.9986  0.9984  0.9982  0.9980  0.9978  0.9975  0.9973  0.9970

4

5

m

m

d

d

S

d

×

=

                            ここに,  d

d

 :

絶乾密度(g/cm

3

)

                                      m

4

 :

表面乾燥状態の吸水率試験用試料の質量(g)

                                      m

5

 :

乾燥後の吸水率試験用試料の質量(g)

(

11

) 0.15 mm

以上の粒(公称目開き 150μm の網ふるいにとどまる粒)だけについて試験した場合は,

次の式によって絶乾密度を算出し,  四捨五入によって小数点以下 2 けたに丸める。

3

3

2

2

1

1

d

d

d

d

d

d

d

m

d

m

m

d

+

=

                              ここに,  d

d1

 :

絶乾密度(g/cm

3

)

                                      m

d1

 :

細骨材の全乾燥質量(g)

                                                                          d

d2

 :

細骨材中の 0.15 mm 未満の粒の絶乾密度(g/cm

3

)

                                      m

d2

 :

細骨材中の 0.15 mm 未満の粒の乾燥質量(g)

                                      d

d3

 :

細骨材中の 0.15 mm 以上の粒の絶乾密度(g/cm

3

)

                                      m

d3

 :

細骨材中の 0.15 mm 以上の粒の乾燥質量(g)

0.15 mm

未満の粒の絶乾密度は,  試料を 105±5  ℃の温度で一定質量となるまで乾燥し,  JIS R 5201 

6.(

密度試験)によって求める。この場合,  鉱油の代わりに水を用い,  試料の質量は約 80g とする。また,  こ

の場合の細骨材の表面乾燥状態における密度は,  6.b)

(

12

)

で計算した吸水率を用い,  次の式によって算

出し,  四捨五入によって小数点以下 2 けたに丸める。

÷

ø

ö

ç

è

æ +

×

=

100

1

1

1

1

Q

d

d

d

S

                              ここに,  d

S1

 :

表面乾燥状態における密度(g/cm

3

)

                                        d

d1

 :

絶乾密度(g/cm

3

)

                                        Q

1

 :

吸水率(質量分率)(%)

b)

吸水率は,  次の式によって算出し(

12

),

四捨五入によって小数点以下 1 けたに丸める。

100

5

5

4

×

=

m

m

m

Q

                              ここに, Q    :  吸水率(質量分率)(%)

                                      m

4

 :

表面乾燥状態の吸水率試験用試料の質量(g)

                                      m

5

 :

乾燥後の吸水率試験用試料の質量(g)

(

12

)  0.15 mm

以上の粒だけについて試験した場合は, 0.15 mm 未満の粒の吸水率を無視し 0.15 mm 以上の

粒を細骨材の吸水率とみなし, 次の式によって吸水率を算出し, 四捨五入によって小数点以下 1 け

たに丸める。


5

A 1134

:2006

P

m

m

m

Q

d

d

d

×

=

3

3

4

1

                              ここに, Q

1

 : 吸水率(質量分率)(%)

                                      m

d3

: 細骨材中の 0.15 mm 以上の粒の乾燥質量(g)

                                      m

d4

: 細骨材中の 0.15 mm 以上の粒の表面乾燥状態における質量(g)

                                      P : 細骨材中の 0.15 mm 以上の粒の質量分率(%)

c)

2

回の試験の平均値を,  密度及び吸水率の値とする。密度は、四捨五入によって小数点以下 2 けたに丸

める。吸水率は、四捨五入によって小数点 1 けたに丸める。

7. 

精度  平均値からの差が,  密度の場合は 0.02 g/cm

3

以下,  吸水率の場合は 0.1 %以下でなければならな

い。

8. 

報告  報告は,  次の事項のうち必要なものを記載する。

a)

構造用軽量細骨材の種類,  外観及び名称(例  人工軽量骨材,  褐色−非造粒形,  商品名)

b)

試料の採取場所及び採取日

c)

試験で用いた水の温度

d)

表面乾燥状態における密度及び絶乾密度

e)

吸水率(

13

)

f) 0.15

mm

以下の構造用軽量細骨材を取り去って試料とした場合は,その旨を付記する

(

13

構造用軽量細骨材の吸水率は,  絶対乾燥状態から 24 時間吸水させた状態における吸水率をいい,

気乾状態から 24 時間吸水させた場合は気乾吸水率として区別される。