>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

A 0017 : 1998

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した日

本工業規格である。これによって JIS A 0017-1992 は改正され,この規格に置き換えられる。


日本工業規格

JIS

 A 0017

: 1998

キッチン設備の寸法

Kitchen equipment

−Coordinating sizes

序文  この規格は,1985 年に第 1 版として発行された IS0 3055, Kitchen equipment−Coordinating sizes, 1978

年に第 1 版として発行された ISO 5731, Kitchen equipment−Limit of size,及び 1978 年に第 1 版として発行

された ISO 5732, Kitchen equipment−Sizes of openings for built-in appliances を元に作成した日本工業規格で

ある。ただし,元になった国際規格は,統合案  (ISO/CD 3055 : 1996)  が既に提案されているので,この規

格は機器の組込みのための開口部寸法の一部の寸法を除いて,この統合案  (ISO/CD 3055 : 1996)  の技術的

内容を変更することなく作成している。

1.

適用範囲  この規格は,主として住宅で使用するキッチン設備(

1

)

の寸法(

2

)

について規定する。

(

1

)

調理作業に必要なワークトップ,シンク,ユニット類及び機器類で構成された設備。ここでい

うユニットとは,キャビネットをいう。

(

2

)

建物とキッチン設備間の調整,キッチン設備相互間及びキッチン設備の機能を保持するための

標準寸法。

備考  この規格の対応国際規格を次に示す。

ISO 3055

  Kitchen equipment−Coordinating sizes(

3

)

ISO 5731

  Kitchen equipment−Limit of size

ISO 5732

  Kitchen equipment−Sizes of openings for built-in appliances

(

3

) 1996

年に改正案が提案されており,ISO 3055ISO 5731及び ISO 5732の統合案を図る内容となっ

ている。

2.

用語の定義  この規格で用いる主な用語の定義は,次のとおりとする。

a)

フロアーユニット  床の上に置くワークトップの下に位置するユニット。

b)

ウォールユニット  壁面に取り付けられるユニット。

c)

トールユニット  床の上に置く背の高いユニット。

d)

ワークトップ  調理などの作業をする面を構成する部材。

e)

シンク  調理用水槽。

3.

寸法  キッチンの高さ,奥行き及び間口寸法は,表 及び図 による。

また,給排水,ガスなどの配管の空間を設ける場合(以下,サービスゾーンという。

)は,

表 及び図 2

による。


2

A 0017 : 1998

表 1  各部の寸法

記号

名称

寸法

A

ワークトップの高さ

8M

,8.5M,9M,9.5M

B

台輪の高さ 100mm

(8M

, 8.5M)  , 150mm (9M)  , 200mm

(9.5M)

C

床からウォールユニットの下端までの高さの呼び寸

n

×M

ただし,最小寸法は 13とする

D

トールユニット及びウォールユニットの上端までの
高さの呼び寸法

n

×M,ただし,最小寸法は 19M,優先寸法は 21M

とする

E

ワークトップ,フロアーユニット及びトールユニッ

トの奥行きの呼び寸法

6M

以上

F

ウォールユニットの奥行きの呼び寸法 400mm 以下

L

台輪のけこみの深さ 50mm 以上

備考1.  は,100mm とし,は正の整数とする。

2.

ユニットの間口の呼び寸法は,n×とする。間口各部の優先寸法は次のとおりとする。機器は,6M
ユニットは,3M,4M,5M,6M,8とする。シンクユニットは,6M,8M,9M,12M,15M,18
する。

3.

ワークトップの高さ寸法 8の場合,台輪の高さは当分の間 50mm としてもよい。

図 1  寸法に関する記号

表 2  サービスゾーンの寸法

名称

寸法

摘要

サービスゾーンの高さ 100mm 以上

サービスゾーンの奥行き 70mm 以上

この部分には取り外し又は開けること

のできるふた(蓋)などを設けること


3

A 0017 : 1998

図 2  サービスゾーンの例図

4.

機器の組み込みのための開口部寸法  機器の組み込みのための開口部寸法は,次による。

a)

機器をユニットに組み込む場合の寸法は,

表 及び図 による。

表 3  機器をユニットに組み込む場合の寸法

記号

名称

寸法

E

ユニットの奥行きの呼び寸法

表 による。

H

ユニットに機器を組み込むための開口部

の高さの呼び寸法

n

×M

J

ユニットの開口の呼び寸法

n

×M

e

ユニットに機器を組み込むための開口部
の奥行寸法

E-40mm

を最小とする。

h

ユニットに機器を組み込むための開口部

の高さ寸法

H-20mm

を最小とする。

j

ユニットに機器を組み込むための開口部

の間口寸法

J-50mm

を最小とする。


4

A 0017 : 1998

図 3  機器をユニットに組み込む場合の寸法記号

b)

機器をワークトップの下に組み込む場合の寸法は,

表 及び図 による。

表 4  機器をワ−クトップの下に組み込む場合の寸法

記号

名称

寸法

A

ワークトップの高さ

8M

,8.5M,9M,9.5M

P

機器を組み込むための高さ寸法

770mm (8M)

,820mm (8.5M)  ,870mm

(9M)

,920mm (9.5M)

K

ワークトップの厚さ 30mm(優先寸法)

図 4  機器をワークトップの下に組み込む場合の寸法記号

c)

機器をワークトップに落とし込んで組み込む場合の開口部の寸法は,

表 及び図 による。


5

A 0017 : 1998

表 5  機器を落とし込んで組み込む場合の間口寸法

記号

名称

寸法

w

2

機器を落とし込んで組み込むためのワークトップ

の開口の呼び寸法

n

×M

m

機器を落とし込んで組み込むためのワークトップ

の開口部の奥行寸法

4

0

460

+

mm

4

0

500

+

mm

w

1

機器を落とし込んで組み込むためのワークトップ
の開口部の開口寸法

(n

×M−40)

4

0

+

mm

,(n×M−50)

4

0

+

mm

機器を落とし込んで組み込むための深さ寸法

2

0

150

+

mm

5

0

220

+

mm

5

0

270

+

mm

図 5  機器をワークトップに落とし込んで組み 

込む場合の間口寸法の記号


6

A 0017 : 1998

JIS A 0017

(キッチン設備の寸法)改正原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

坂  田  種  男

坂田研究室

沖  田  富美子

日本女子大学家政学部住居学科

岩  井  一  幸

東京家政学院大学人文学部

奥  田  宗  幸

東京理科大学理工学部建築学科

田  山  茂  夫

千葉大学工学部建築学科

宮  本  俊  次

建設省住宅局住宅生産課

遠  藤  善  久

通商産業省生活産業局日用品課

高  橋  武  秀

通商産業省生活産業局住宅産業課

鎌  田      環

国民生活センター商品テスト部

天  野      徹

工業技術院標準部材料規格課

吉  留  一  馬

社団法人プレハブ建築協会

和  田  直  江

主婦連合会

田  村  悠紀子

消費科学連合会

菱  木  純  子

全国地域婦人団体連絡協議会

内  田  正  寿

住宅・都市整備公団建築部

栗  田  幸  雄

松下電工株式会社住建 R&D 総括部

重  谷  雄  三

サンウェーブ工業株式会社営業企画部

石  川  弘  道

株式会社岡村製作所ホームインテリア事業部

武  田  直  己

クリナップ株式会社研究開発本部

在  川      眞

松下電器産業株式会社キッチンシステム事業部

小  池  國  昭

ナスステンレス株式会社製品開発部

(事務局)

肥  塚  忠  雄

社団法人日本住宅設備システム協会